読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

自分の誕生日をキャッシュカードの暗証番号にすると、どんな危険があるのかまとめ。最悪、全財産を失うどころか借金を背負います。

キャッシュカード セキュリティ マネー

pin pad

これだけいろいろなところで「誕生日の4桁を暗証番号にするのは危ない!」と言われている状況でも、未だに銀行キャッシュカードやクレジットカードの暗証番号を自分の誕生日に設定している方は多いもの。

今回はそういったリスク対策が出来ていない方向けに、なぜ暗証番号を自分の誕生日にするのが問題なのか?という危険性について記事を書いてみたいと思います。もし未だに銀行キャッシュカードの暗証番号を誕生日にしている…なんて方がいたら、是非、この機会に面倒かもしれませんが、重い腰を上げて変更してみてくださいね。

誕生日を暗証番号する危険性まとめ:

1.盗難・紛失時に預金を盗まれやすい:

まずはこれ。キャッシュカードを紛失・盗難されてしまった際に、あなたの預金が容易に盗まれてしまうという点です。

やはり「暗証番号は誕生日の4桁に設定してる人が多い」という傾向は、悪意のある方であれば誰しもが知ってる情報。そのため、盗んだキャッシュカードの暗証番号がわからないときは、とにもかくにも誕生日の4桁から入力するそうです。

この際、誕生日以外の暗証番号を設定している方であれば仮にキャッシュカードを盗まれたとしても難を逃れることが出来ますが、誕生日4桁に設定している方はそれでジ・エンド。大切に貯めたお金であっても、容赦なく盗まれてしまうことでしょう。

2.キャッシングもされてしまう:

「銀行口座になんていつもちょっとしかお金が入ってないから、盗まれても別にいいよ。財布を落とすようなもんだ。」と思う方もいるかもしれませんが、最近ではクレジットカード機能やカードローン機能がついたキャッシュカードも増えてきているため、預金全額が盗まれるだけでは済みません。

最悪の場合にはキャッシングによる借金までされてしまう可能性もあるので、絶対に暗証番号を誕生日4桁にするのは避けてください。預金を失うだけでなく、重い重い借金を背負わされることになります。

3.好き勝手に買い物をされる可能性も:

「いやいや、俺のキャッシュカードにはクレジットカード機能とかは付いてないし、ATMで降ろせる金額に限度額がついてるから大丈夫。」なんて方も要注意。

キャッシュカードはJ-Debit(ジェイデビット)と呼ばれる支払い手段として利用可能なので、暗証番号4桁が漏洩しているのであればそれだけで家電量販店等で買い物も出来てしまいます。

また、キャッシュカード付帯のクレジットカード機能についても同様ですね。キャッシング機能がいくら0円に設定されていても、暗証番号が漏洩してしまっていたら好き勝手に買い物が出来てしまうので、損害額は青天井です。

暗証番号=誕生日はとにかく危険:

Pin pad

ここまで3つの危険性を紹介しましたが、実はこれらの危険性というのは暗証番号を誕生日等のわかりやすい4桁の数字にしているための問題ばかり。

というのも、キャッシュカードの盗難にしろ紛失にしろ、本来、第三者から推測しにくい暗証番号に設定していた場合には、預金者保護法という法律によって守って貰うことが出来るからです。これは仮に暗証番号が悪意のある第三者に勘で当てられてしまったとしても…です。

  • 暗証番号は誕生日:預金を引き出されたらほぼアウト
  • 暗証番号が推測しにくい数字:預金を引き出されてもまず問題なし

参考までに愛媛信用金庫のウェブサイトより、そのあたりの記述を紹介。注目してほしいのは「原則として補償されます」という表記です(100%補償されるわけではないということ)。

平成18年2月10日から「預金者保護法(偽造カード等及び盗難カード等を用いて行われる不正な機械式預貯金払戻し等からの預貯金者の保護等に関する法律)」が施行され、偽造・盗難カード等を用いたATMからの不正な預金払戻し被害について、原則として補償されます。

暗証番号=誕生日は重大な過失かも:

ではどういったときに預金者保護法で補償されないことになるのか?これはもうおわかりですね。暗証番号=誕生日である場合です。

【「本人の過失」となりうる場合の例】

金融機関から生年月日等の類推されやすい暗証番号から別の番号に変更するよう個別的、具体的、複数回にわたる働きかけが行われたにもかかわらず、生年月日、自宅の住所・地番・電話番号、勤務先の電話番号、自動車などのナンバーを暗証番号にしていた場合であり、かつ、キャッシュカードをそれらの暗証番号を 推測させる書類等(免許証、健康保険証、パスポートなど)とともに携行・保管していた場合

いくつか条件がありますが、とにかく銀行側より「暗証番号は推測されやすい番号にしないでね!」と言われているにも関わらず、未だに誕生日を暗証番号にしている方はズバリこれに的中。

その他、

  • 自宅の住所・地番
  • 電話番号
  • 勤務先の電話番号
  • 自動車などのナンバー

などに暗証番号を設定していると、他人から推測されやすい暗証番号になってしまうので、問題視されるようです。

類推しにくい番号にすればまず問題なし:

反面、これを逆にいえば推測しにくい番号に設定しているだけで「本人の過失」に当たらない行為になるため、キャッシュカード紛失によって1,000万円盗まれようが1億円盗まれようが安心…と捉えることも可能。

まぁほんとはもっと様々な条件があるんですが、被害額をとにかく自己負担したくなければ、誕生日等を暗証番号にしないことが重要なのですね。

それでも75%は戻ってくる可能性:

ちなみに、それでも銀行の預金者は守られているんですよね。

預金者保護法では、前述の誕生日を暗証番号にしていた場合には「重大な過失」ではなく「過失」にあたる行為。そのため、暗証番号を誕生日に設定している方でも、被害額の75%は補償されることになっています。

「重大な過失」がある場合

  • 偽造、盗難カード被害とも補償されません

「過失」がある場合

  • 偽造カード被害は全額補償されます
  • 盗難カード被害は75%が補償されます

但し、あくまでそれは「キャッシュカード紛失による預金の被害額」について。預金者保護法が対象としているのは、銀行の預金残高にあたる部分なので、クレジットカードのキャッシングやカードローンの新規借入等の被害額についてはこの限りではありません。

やはり暗証番号は他人から類推しにくい番号にするのがベストですし、その番号はたとえ家族であったとしても絶対に教えないようにしてもらえればと思います。あくまで自分自身のみが知る番号が暗証番号ですよ。

以上、自分の誕生日をキャッシュカードの暗証番号にすると、どんな危険があるのかまとめ。最悪、全財産を失うどころか借金を背負います…という話題でした。冒頭でも書きましたが、未だに暗証番号を誕生日等にしている方は、早め早めに変更しておくようにしてくださいね*1

参考リンク:

クレジットカードを盗まれたときの補償等については下記記事を参考に。こちらも正しい手続き&防止策を講じていれば、特に怖いことはありません。

cards.hateblo.jp

*1:最近、クレジットカードやキャッシュカードを作ったという方は、そもそも暗証番号等の類推しやすい番号には設定できないので、暗証番号を誕生日にしている方のほとんどは過去10年以上前に銀行口座等を作った方が主になると思われます。こういった方が保有しているキャッシュカードはそもそもICチップ内蔵のないような、セキュリティの甘いカードであることも多いのでその点にも注意が必要ですね。

3年以上前に購入した10万円のパソコンに水をこぼして故障→アメックスプラチナ保有者だったために6万円が補償された事例。

アメックス 保険

VAIO typeTT keyboard

3年以上前に購入したパソコンに水をこぼして故障させてしまったものの、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(通称:アメックスプラチナ)を保有していたために6万円が補償されたという事例があったので、今回はそれを紹介させてもらおうと思います。

以前にご紹介したPCの破損をアメリカエクスプレスプラチナ付帯の延長保証であるホームウェアプロテクションを申請した結果がきました。(中略)

NECに修理の見積もりを出したところ、キーボード破損、バッテリー故障、底板の水濡れで7万円ちょっとの修理代がきました。。高いですね。修理費用って。それをそのまま保険会社に申請しました。

その結果!購入金額104,516円×償却分0.6=62,710円と4年分の料率が満額振り込まれました!

アメックスプラチナ保有者なら自動加入:

まず、なぜ3年前に購入した10万円のパソコンが故障したからといって、6万円の補償が受けられたのかというと、これはアメックスプラチナに「ホームウェアプロテクション」という保険が備わっていたためです(引用はこちらから)。

ホームウェア・プロテクションとは、プラチナ・カード会員が所有している製品に対し、火災、盗難、破損、水濡れなどの偶然な事故により生じた損害を保証するものです。

しかもこのホームウェアプロテクションはアメックスプラチナを持っているだけで適用される保険なので、カード保有者は仮にアメックスプラチナで支払いをしていなかったとしてもホームウェアプロテクションを利用可能

  • アメックスプラチナで購入:保険適用
  • 他のカードで購入:保険適用
  • 現金払いで購入:保険適用

保険が適用される範囲もパソコン、カメラ、時計、冷蔵庫、洗濯機、テレビなどなど多岐にわたるため、偶発的な事故で家電やパソコンを壊してしまった場合にはホームウェアプロテクションが使えるかどうかをチェックしてみてもらえればと思います(残念ながら携帯電話やPHSは適応外のようです)。

保証期間が長い:

また、ホームウェアプロテクションは今回のパソコン故障の事例のように、購入から月日が経過していても使えるのも大きなメリット。

下記のように長い期間にわたって保険を適用してくれるので、特に壊してしまいがちなパソコンのためにも、あるとかなり便利かもしれません(外でパソコンを持ち歩く、ノマドワーカー向け?)。

f:id:cardmics:20160924104242g:plain

受け取った保険金は修理に使わなくてもOK:

尚、ホームウェアプロテクションを通して受け取った保険金は、保険支払の対象となった家電やパソコンの修理に使わなくてもOKとのこと。

これ面白いのは実際修理しなくてもいいってことです。修理の見積もりさえあればいいので新しいの勝手に買っていいわけですね!

正直、3年以上前に10万円で購入したノートパソコンなら、中古で売却しても数万円程度の値が付けばいいほう。そう考えると6万円以上も保険金が支払われて、新しいパソコンの購入費用にあてられるホームウェアプロテクションは凄いサービスだなと思います。

もちろん「偶然の事故」のための保険制度であるという点には注意。いくら保険金を貰ったほうがお得だからと、自分で壊して保険申請したら立派な保険金詐欺ですよ。

もうひとつ事例を:

最後にもうひとつ、アメックスプラチナでホームウェアプロテクションを使われた事例を紹介しておきます。

パソコンの修理依頼を出してたんです。ところが、購入してまだ半年たっていないのに水没ということでばっちり有償修理。修理値段は…なんと10万8千円でした。たかが65000円程度のパソコンでなんで???と途方にくれてたのでした。(中略)

なんと、AMEXプラチナの会員ならホームウェアプロテクションという保険が適用され、家電を壊したときはその購入金額の100%~50%を保障してくれるとのことでした。

しかも、私の場合はパソコンを購入して半年未満だったので、購入金額の100%が保障される。なんてすごい保険なんだろ。こんなことしているとすぐカードの年会費の元が取れてしまう。保険会社に問い合わせて、1週間弱で保険金の請求書が届きました。

こちらの方はパソコン購入後、半年以内に水没させてしまって壊してしまったようですね。通常のメーカー保証では水没は対象外ですが、アメックスプラチナのホームウェアプロテクションなら半年未満ということで見事に100%、購入金額が戻ってきたようです。

  • メーカー保証のみ:全額自己負担
  • アメックスプラチナ保有:100%、購入費用を返金(自己負担0円)

以上、3年以上前に購入したパソコンに水をこぼして故障させてしまったものの、アメックスプラチナ保有者だったために6万円が補償された事例を紹介する記事でした。アメックスプラチナを持ってみたい…という方は、下記記事を参考にどうぞ。

cards.hateblo.jp

楽天ふるさと納税で最大10%のポイント還元キャンペーン実施中!自己負担分2,000円をポイント獲得で回収するのもカンタンです。

楽天市場 楽天ポイント マネー

#RakutenBolsa

楽天市場のふるさと納税情報サイトである「楽天ふるさと納税」において、現在、ポイント還元率が最大10%になるキャンペーンが実施中。

いくらやまぐろなどの海産物からお肉やお米など定番グルメまで、人気のお礼の品がポイントアップ!ポイント最大10倍のチャンスをお見逃しなく!

あくまで「最大10%のポイント還元」…というキャンペーンなのですべての返礼品がその対象になるわけではありませんが、狙いを定めて申込をすればふるさと納税の自己負担分2,000円以上のポイント獲得はカンタンそのものです。

楽天カード払いなら更に高還元率:

加えて楽天ふるさと納税は、楽天市場のひとつのコーナー…という位置付けなので、楽天カード払いによるポイントアップや、楽天イーグルス&ヴィッセル神戸勝利によるポイント獲得も可能。

これらをすべて組み合わせればポイント還元率を15%以上に伸ばすことも出来るので、ふるさと納税で高額な返礼品を貰う予定があるならこのあたりの利用&エントリーも忘れずにお願いできればと思います。

仮にポイント還元率が15%になった場合、3万円の納税なら4,500円分、10万円納税なら1万5,000円分のポイントが貰えるので決して馬鹿にはできません。

楽天スーパーセールもお得:

尚、『ポイント最大10%は嬉しいんだけど、今回のキャンペーンでは貰いたい御礼品がポイントアップの対象となっていなかった』という方は、楽天スーパーセールや楽天お買い物マラソンなどが実施されるタイミングを狙って納税をしてみてください。

それらのイベント経由であれば楽天ふるさと納税内のすべての返礼品がポイントアップの対象となるため、好きな商品を選択可能。もちろんポイント還元率も10%以上にすることができるので高還元率が期待できますよ*1

詳しくは下記記事なども参考にどうぞ。

以上、楽天ふるさと納税で最大10%のポイント還元キャンペーン実施中!自己負担分2,000円をポイント獲得で回収するのもカンタンです…という話題でした。

ふるさと納税の参考リンク:

ふるさと納税ってなに?という方から、いくらまで納税できるの?といった疑問をお持ちの方は、下記のまとめサイトをご覧ください。お得なふるさと納税方法なども紹介していますよ。

cards.hateblo.jp

*1:但し、下記記事でも記載していますが、楽天スーパーセール等で貰うことが出来るポイント数には上限があるので、その上限に気をつけながらポイント獲得をする必要性はあります。

女性よりも男性のほうがクレジットカード嫌いが多い傾向に!マイナビが男女別に、1カ月間のクレジットカード平均利用額を調査。

統計データ マネー

newly married couple in traditional dress

女性よりも男性のほうがクレジットカード嫌いが多いのかも?

そう思わせるアンケート結果がマイナビウーマンにて取り上げられていたので、今回はそのあたりの男女差について記事を書いていこうと思います。

『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数400件(22歳~39歳の働く男女)

女性より男性は積極的にカードを使う:

気になるその調査結果は…というと下記の通り(7位以下は割愛)。

Q.1カ月間のクレジットカードの平均的な利用額はいくらですか?

【女性】

  • 第1位 1万~2万円未満……13.1%
  • 第2位 10万円以上……12.1%
  • 第3位 0~5,000円未満……10.15%
  • 同率3位 2万~3万円未満……10.15%
  • 同率3位 3万~4万円未満……10.15%
  • 第6位 4万~5万円未満……9.7%

【男性】

  • 第1位 10万円以上……18.8%
  • 第2位 2万~3万円未満……15.3%
  • 第3位 利用しない……10.85%
  • 第4位 0~5,000円未満……9.9%
  • 第5位 4万~5万円未満……7.4%
  • 第6位 1万~2万円未満……6.9%

ご覧いただいたように女性は僅差で月間1~2万円使う方が多いようなんですが、男性は10万円以上利用している…という方がダントツの1位という結果に。

これだけを見ると「男性はクレジットカードを積極的に使う人が多い」という結論にもなりそうなのですが、注目すべきは男性の3位の欄ですね。「クレジットカードを利用しない」と回答した方も同様に多い結果となりました*1

男性はクレジットカードの好き嫌いが顕著:

まぁ今回は働く男女400人へのアンケート結果なので統計データとしてはやや不十分なところもあるのですが、傾向として『男性はクレジットカードの好き嫌いが顕著である』ということは言えそうな感じ。

確かに私の身の回りでもクレジットカードを絶対に使いたくないという男性がいる反面、日々、コツコツといつでもどこでもカード払いしている人も多いなど、両極端な気がするので、意外とズレてない調査結果なのかもと思います。

  • 男性:カードが嫌いな人も多ければ、好きな人も多い傾向
  • 女性:カードが嫌いな人は少ないが、好きな人も少ない傾向

JCBの統計でも男性保有率が低い:

今回のマイナビウーマンのアンケート調査だけで結論付けるのは不十分なので、株式会社ジェーシービーが過去に実施した統計も同時に紹介させてもらいます(詳しくはこちらの記事にて)。

まずはクレジットカード保有率の男女差について。下記グラフを見ればわかるように、男性よりも女性のほうが総じて保有率が高いことがわかります*2

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/cardmics/20160222/20160222213413.gif

 

f:id:cardmics:20160922171257g:plain

それにも関わらず、クレジットカード保有枚数の調査では男性のほうが女性よりもだいぶ多い傾向あり。

つまりクレジットカードが持っていない人は多いけれども、私のように「クレジットカードが好きな人は極端に好き」という結果が、この統計にあらわれているように思います。

  • 男性:カード保有率は低いけど、保有枚数が多い
  • 女性:カード保有率は高いけど、保有枚数は少ない

男性のほうが月間利用額も多い:

加えてもうひとつ。

月間の利用額についても男性が多め。これは男性の所得が女性よりも高い…ということも影響してそうですが、こんな感じで女性よりも男性のほうがクレジットカード利用に積極的なのは間違いなさそうです。

f:id:cardmics:20160922171439g:plain

以上、女性よりも男性のほうがクレジットカード嫌いが多い傾向に!マイナビが男女別に、1カ月間のクレジットカード平均利用額を調査…という話題でした。

参考リンク:

クレジットカードをまだ持ったことがない…という方は、はじめての方におすすめのカードをまとめた下記記事も参考にどうぞ。

cards.hateblo.jp

*1:念のため、クレジットカードを持っているけれども使っていない…という方は、0~5,000円未満の項目にチェックを付けるはずなので、この「利用しない」は、クレジットカードを持っていないということになります。

*2:年齢があがっていくごとに、男性のほうが保有率が高まっていくのは面白いですね。60代では女性よりも男性のほうがクレジットカード保有率が高い状況です。