読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

年々、市場規模が倍増している、ふるさと納税の関連銘柄まとめ!この先、ふるさと納税がニュースになると思うなら、今から投資をしておこう。

ふるさと納税 投資 まとめ

Money origami

市区町村といった自治体から、お肉やお米、フルーツといった特産品を貰うことが出来るふるさと納税制度。

年々、その市場規模が拡大していっているこの制度を、ただ単にお得な制度として捉えるのではなく、「投資先」として考えた場合には、なんだかちょっと…面白いことになると思いませんか?

  • 普通の考え方:ふるさと納税は寄付するもの
  • 面白いかも?:ふるさと納税関連銘柄への投資

そこで今回はそんな一攫千金を狙う投資家向けに、ふるさと納税が活況になると話題になるかもしれない関連銘柄をまとめてみました。最近、身近にふるさと納税を話題にする人が増えてきたな…と感じている方は是非、この機会に投資を検討してもらえればと思います。

ふるさと納税はどのくらい盛り上がってる?

まずは現在、ふるさと納税がどのくらい盛り上がっているのか…ということがわかるニュース引用からです。

政府予測では2015年比1.6倍:

日本政府としては、2016年度ふるさと納税の寄付総額をだいたい2,600億円程度と見込んでいる様子。これは2015年度比で1.6倍の市場規模なので、これでも十分すぎる成長率です(2016年11月時点での記事)。

ただ後述する記事内容を考慮すると、3,000億円を越えちゃってる可能性もありそうな感じ。そのくらい2016年12月のふるさと納税バブルは凄かったと思います。

菅義偉官房長官は18日、共同通信加盟社編集局長会議で講演し、ふるさと納税による地方自治体への寄付額が、2016年度は前年度の1.6倍に増えて2600億円程度になるとの見通しを示した。

大手ふるさと納税サイトは売上倍増:

次が2017年1月に発表された産経ニュースの記事。

こちらでは大手ふるさと納税サイトのさとふるが前年比で4.2倍、最大手のふるさとチョイスがほぼ倍増…と書かれているので、これだけでも2016年のふるさと納税市場がいかに活況であったか…ということがわかります。

寄付金のクレジット決済や返礼品選びが簡単にできるふるさと納税制度のポータルサイトの利用者が急増している。平成28年末時点の納税額はサイトによっては前年比で4倍を超えたところも出ている。総務省は28年度末の寄付額のとりまとめを6月ごろに発表する見通しだが、27年度に続いて28年度も過去最高を更新するとみられる。

ソフトバンクのグループ会社、さとふるが運営するふるさと納税サイトのさとふるは、納税額、件数ともに前年比で4・2倍まで増えた。同社の高松俊和取締役は「テレビのCMを夏以降放映したことや取り扱い自治体数を約2倍に増やしたことが奏功した」と話している。また、全国の1156自治体の寄付を取り扱っているトラストバンクが運営するふるさとチョイスも、ほぼ倍増したとみられるなど、大手サイトの納税額は増加の一途だ。

納税希望者殺到でサーバーダウン:

このニュースも衝撃的でしたね。2016年12月31日のふるさと納税希望者があまりに多すぎて、Yahooの決済用サーバーが落ちた…というニュースです。

このせいで本当は納税できたのに2016年中に納税できなかった…という方もいたようなので、仮にサーバーが落ちていなければ更にふるさと納税の市場規模は膨らんでいたかもしれません。

「ふるさと納税」の寄付締め切り直前、Yahoo!公金支払いでシステム障害が起きた。ふるさと納税支払いのためとみられるアクセス集中により、決済処理が遅れ、一部利用者に不具合が生じたという。

多くの自治体は12月31日までふるさと納税の申し込みを受け付けている。そのため利用者は、日付が変わる直前まで「駆け込む」ことができるのだが、思いもよらぬトラブルで泣きを見た人から多くの悲鳴が上がった。

浜松市、ふるさと納税が前年比22倍:

静岡県浜松市へのふるさと納税が、前年比で22倍になった…というニュースです。

凄いのは4月から11月までの申込金額と、12月単月の申込額がほぼ同じである点。そのくらい2016年12月のふるさと納税は盛り上がっていましたね。当然、ふるさと納税サイトの売上も急増しているはずです(運営企業の業績に与える影響が大きい)。

市への申込金額は、昨年の四~十一月末で約三億八千万円で、駆け込み需要が伸びた十二月は、一カ月間で約三億円が舞い込んだ。五十万円以上の寄付でもらえる、市内のホテル宿泊券三十枚分や電子ピアノにも申し込みがあったという。

申込金額の一位は楽器で二億四千六百万円。次にウナギが一億一千万円と続く。三ケ日みかんや浜松餃子(ギョーザ)も人気だという。

ふるさと納税関連銘柄まとめ:

ここでやっと、肝心のふるさと納税関連銘柄の紹介です。ふるさと納税が盛り上がっている、もっと伸びそうだ…と思う方は是非、これらの銘柄への投資を検討してみてくださいね。

アイモバイル(6535):

アイモバイルは大手ふるさと納税サイト「ふるなび」を運営している企業です。

現時点でふるさと納税の代表銘柄はここで間違いなし。株価も2016年10月の新規上場以来、低迷している&時価総額がそれほど大きくないので、テーマ株としてふるさと納税に注目が集まれば一気に高騰する可能性もありそうに思います。

反面、事業全体におけるふるさと納税事業の割合はそれほど高くないと想定されるため、どこまでふるさと納税が株価を押し上げられるかは未知数ですね。

サイネックス(2376):

サイネックスは、ふるさと納税の情報サイト「わが街ふるさと納税」を運営している企業です。

この「わが街ふるさと納税」のビジネスモデルとしては、掲載や露出、そして業務代行等で自治体からお金を集める形のため、サイネックスの経営に与える影響はまだそれほど大きくはありません。

ただふるさと納税関連銘柄として物色される可能性は高い&太陽の塔の内部再生に関する寄付受注など話題性も高いので、分散投資をしたい方向けですね。

アドベンチャー(6030):

アドベンチャーは、ツアー特化型のふるさと納税サイト「ふるさとツアー」を運営している企業です。

体験型のツアーをふるさと納税を使って募集する…というコンセプトは非常に良いのですが、あまり利用者が集められていないであろう更新頻度になってしまっているので、ふるさと納税関連銘柄としては3番手に当たる銘柄だと思っておいてください。あまり期待はできません。

MCJ(6670):

MCJはマウスコンピューターというパソコンを製造&販売している企業です。

ここがなぜふるさと納税関連銘柄なのかというと、長野県の飯山市というところがマウスコンピューターを返礼品としてプレゼントしているため。

全国的にもパソコンを返礼品としてプレゼントする自治体は希少なので、その結果、マウスコンピューターの業績を好転させるほどに寄付金が集まっているようなのです(ふるさと納税が話題になる→MCJの売上があがる)。

但し、すでにMCJの株価は急騰済み。今後、更にふるさと納税が話題になればMCJの業績がもっと良くなる可能性もありますが、投資対象としてはハイリスクハイリターンであると言えるかもしれません。ご注意ください。

他の銘柄は時価総額が大きすぎる:

他、ソフトバンク、Yahoo、楽天などもふるさと納税に積極的な投資をしている銘柄なんですが、これらの銘柄は残念ながら時価総額が大きすぎるがゆえに、ふるさと納税のニュースへの反応は鈍くなりがち。

  • 時価総額が小さい場合:ちょっとした話題でも株価が反応する
  • 時価総額が大きい場合:よほどのことがないと株価に反映しない

また、ふるさと納税サイトの筆頭であるトラストバンク(ふるさとチョイスの運営会社)はまだ未上場なので投資することは出来ません。ここが上場してくるとふるさと納税のド本命銘柄になると思うんですが、今は諦めるしかない状況ですね。

クレジットカード銘柄も面白い:

ふるさと納税サイトの寄付は、そのほとんどがクレジットカード払い。

そう考えると年間1,000億単位でクレジットカード決済が増えていくふるさと納税は、クレジットカード会社の決算にも良い影響を与えるような気がします。

『今後は現金社会からクレジットカード社会になる!』と思う方は是非、その他金融の銘柄への投資も考えてもらえればなと思います。

話題になると思うなら投資しよう:

Yen

ここまでふるさと納税がいかに熱いのかという話題から、おすすめのふるさと納税銘柄までを幅広く紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

このままいけばふるさと納税は、2017年も右肩あがりで成長する可能性大。今はまだ年間2,600億円程度(?)の市場規模ですが、仮に順調にマーケットが拡大し続けると、将来的には1兆円産業になる可能性もゼロではないように思います。

さてさてみなさんは今から仕込んでおきますか、それともテーマ株になってから仕込みますか?

以上、年々、市場規模が倍増している、ふるさと納税の関連銘柄まとめ!この先、ふるさと納税がニュースになると思うなら、今から投資をしておこう…という話題でした。投資は自己責任で!

参考リンク:

この機会に投資をはじめてみよう…という投資初心者の方は、下記記事も参考にどうぞ。今すぐ開設できるおすすめの証券会社を紹介していますよ。

cards.hateblo.jp

前回は3週間で在庫切れになった「楽天カード(お買い物パンダデザイン)」が発行再開!今度はMasterCardブランドでの募集です。

楽天カード キャンペーン

f:id:cardmics:20170117180119p:plain

前回、期間限定で募集された時には、約3週間ほどで在庫切れになってしまった楽天カード(お買い物パンダデザイン)。

あまりにも好評だったためか、楽天カード株式会社では再度、この楽天カード(お買い物パンダデザイン)の発行を開始するようです。楽天カードが公式リリースにて発表しました。

楽天カード株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:穂坂 雅之、以下 「楽天カード」)は、1月16日(月)から、楽天の人気キャラクター「お買いものパンダ」を採用した、Mastercardブランドの「楽天カード お買いものパンダデザイン」と「楽天PINKカード お買いものパンダデザイン」の申込受付および発行を開始しましたので、お知らせいたします。

楽天カードは2016年11月4日(金)から11月25日(金)までの間、期間限定でJCBブランドの「お買いものパンダ」デザインカードの申込受付と発行を行い、特に女性ユーザーから多くのお申し込みをいただきました。

申込受付終了後も、同デザインカードに対するご好評とご要望を多くいただいたことから、このたび、新たにMastercardブランドでの「お買いものパンダ」デザインカードの申込受付と発行に至りました。 

参考までに前回のキャンペーンを紹介した記事も紹介しておきます(下記記事を参照)。

cards.hateblo.jp

MasterCardを選べばお買い物パンダデザイン:

お買い物パンダデザインの楽天カードを入手する方法は簡単そのもの。

楽天カード申込時にMasterCardというブランドを選択すれば、自動的にお買い物パンダデザインの楽天カードや楽天PINKカードが自宅に郵送されてくる形になります*1

  • MasterCardを選択:お買い物パンダデザインの楽天カード
  • VISAを選択:通常の楽天カードデザイン
  • JCBを選択:通常の楽天カードデザイン

反面、通常デザインのMasterCardブランド付き楽天カードが欲しい…という方は、このキャンペーンが終了するまで待つしかありません。なにせこの期間中にMasterCardを選択した場合には、問答無用でお買い物パンダデザインになってしまうので、特に男性の方は気をつけてもらえればなと思います。

前回のキャンペーンは繰り上げ終了だった:

ちなみに前回、お買い物パンダデザインの楽天カードが発行された際には、キャンペーン期間が終了する前に在庫切れになってしまったようで、約3週間ほどで強制終了となりました。

今回も同様にお買い物パンダデザインの楽天カードに人気が集まれば、また期間終了前にキャンペーン自体が終わってしまう可能性もあるので、どうしてもこのプニプニしたパンダが好きだ…という方は、早め早めに申し込んで貰えればなと思います。

以上、前回は3週間で在庫切れになった「楽天カード(お買い物パンダデザイン)」が発行再開!今度はMasterCardブランドでの募集です…という話題でした。

参考リンク:

楽天カードの入会キャンペーンで満額、ポイントが欲しい…という方は下記記事も参考に。入会キャンペーンの攻略方法をまとめていますよ。

cards.hateblo.jp

*1:楽天カード所定の審査に通過できた場合の話です。入会審査に落ちてしまった方の場合には、残念ながらお買い物パンダデザインの楽天カードどころか、通常の楽天カードすら入手は出来ません(審査難易度についてはこちらを参照)。

病院なんて滅多に行かないから、国民健康保険料を払わない…という選択は可能?高い保険料を払うよりも、医療費の10割負担を望む方に。

マネー

bodycare, clinic, clipboard, doc, doctor, female,

毎年、だいたい70万円前後の国民健康保険料を払っている私*1

これは月割にしてだいたい6万円程度の負担をしている計算になるわけですが、それじゃその恩恵をなんらかの形で受けているのかというと、病院に行くのはせいぜい歯医者くらい。仮に10割負担と言われても年5万円くらいの医療費で済んでしまうため、それだったら健康保険証を返納して、いつでもどこでも全額負担すればいいんじゃないか?と思ったことがあります*2

  • 年間の支払額:約70万円
  • 年間に医療費を得した金額:せいぜい5万円

なにせこれなら仮に5年に1度入院したとしても、計算上はお釣りが来るレベルですからね。

加えて後遺障を負ってしまうような負傷をするリスクは医療保険でカバーさえすれば、国民健康保険がなくてもイケるんじゃないか…そう思ったのです(病気にかかりやすい年齢になってから加入すれば問題ないという考え方)。

国民健康保険料を払わないことは出来ない:

しかし、結論を先に言ってしまうと、これは無理でした。

理由は単純で、国民健康保険は加入者みんなで助け合う考え(相互扶助)を元に成立している制度なため。事実、品川区の公式サイトにも下記ような記載があるくらいなので、強制的に加入しなくていけない制度であることは間違いありません(赤字部分は当サイトによる装飾)。

私たちは、いつ、病気やけがになるかわかりません。そうした場合に備えて日ごろからお金を出し合い、医療費に充てようという相互扶助を目的とした制度です。

国民健康保険は、国民皆保険(強制加入)制度です。

つまりいくら国民健康保険料が高いと思っていたとしても、加入を免れることは出来ないということ。

万が一、健康保険料の支払いを渋って滞納した場合には、下記記事のように資産差し押さえ対象となるので、保険料を払わないことにメリットはまったくありません(更に延滞金も加算される)。

悪質な滞納と見なされた場合、最終的には「財産の差し押さえ」処分を受けることになる。「カネがないから払えないし、病院に行かないから払う必要もない」などと言っている人も、「差押予告通知書」が届いたあたりで、その深刻さに気づくようである。

実際、差し押さえの件数は増加しており、現在、年間で約19万世帯、金額では700億円以上にものぼる。

高いと思っても払うしかない:

…ということで、結論としては国民健康保険料がいくら高くても、私たちは払うしかありません。

これが失業や病気、火災や地震等の災害の被害を受けた場合には減免措置もあるにはありますが、単純に「国保料が高いぞ!」と不満を言ってるだけの人にはそういったものはないので、不満でも払いたくなくても、とにかく払い続けるしかないのですね。

  • 理由があって払えなくなった人:軽減・減免措置がある
  • 高くて払いたくないだけの人:全額負担の道しかない

以上、病院なんて滅多に行かないから、国民健康保険料を払わない選択は可能?高い保険料を払うよりも、医療費の10割負担を望む方に…という話題でした。

ちなみにこの「国保は加入しなくてもいいの?」というテーマを詳しく調べたのは今から8年くらい前なんですが、確定申告シーズンになると国民健康保険料額通知書を見ることになるので、またモヤモヤが膨らんで記事にしてみました。やはりどう調べても無理なものは無理みたいです(苦笑)。

参考リンク:

高すぎる国民健康保険料はどうにもならないので、その他の出費を抑えたい…という方は、下記記事も参考に。家計の節約テクニックからお得なクレジットカードまでをまとめていますよ。

cards.hateblo.jp

*1:あまりご存知ない方も多いのですが、国民健康保険料は市区町村によって金額が異なっています。地方の政令指定都市とかだと、この半額以下の負担で済む…なんてところもあるみたいですね。

*2:稼いでいるんだから国民健康保険料くらい払えよ…と思われるかもしれませんが、使ってもない医療費に年間70万円取られる理不尽さは、個人事業主などの国保全額負担者にしかわからない不満かもですね。

ついに国民年金の2年払いがクレジットカードでも可能に!従来の2年前納は、銀行口座振替でのみ支払い可能な制度でした。

マネー 節約 国内ニュース

Credit

従来、銀行口座振替でしか支払うことができなかった国民年金の2年前納が、2017年4月からはついに、クレジットカードや現金でも支払い可能になるようです。日経新聞が報じました。

厚生労働省は4月から国民年金の保険料を2年分前払いする時にクレジットカードや現金を使えるようにする。これまでは口座振り替えのみだった。

従来は口座振替のみだった2年前納:

この銀行口座振替による国民年金の2年前納は、過去に記事化したとおり、クレジットカード払いでは納付することができない制度でした。

そのため、クレジットカードで1年前納をするか、銀行口座振替で2年前納を利用するかで迷っていた…という方は、私以外にも多かったはず。

なぜならクレジットカード払いにしてポイントを取るか、はたまた2年前納の割引を取るか…が多くの方にとっての悩みだったのです(節約金額だけで考えると2年前納を口座振替したほうが安かった)。

今後はクレジットカード払い可能に:

しかし今後は前述のように、VISAカードやJCBカードといったクレジットカード払いで納付が可能に。

こうなると手元のお金に余裕がある…という方はもう、クレジットカード払いで2年前納をするのが一番ということになりますね。日経新聞の記事にもある通り、2年間で1万5,000円程度の保険料節約に繋がるので、口座振替を設定していた方は早めにクレジットカード払いに切り替えてもらえればなと思います。

  • 2年前納で節約できる金額:約15,000円
  • 1年前納×2で節約できる金額:約8,000円

現金やクレジットカードで前納すれば、毎月納付するのに比べ2年間で約1万5000円割り引く。前納の利便性を高めて、納付率の向上につなげる。 

クレジットカードポイントももちろん貯まる:

あと、これは説明不要かもしれませんが、国民年金の2年前納をクレジットカード払いした場合には、2年前納による納付額減額に加えてクレジットカードポイントの獲得が可能なこともお忘れなく。

これ、例えばポイント還元率1%の楽天カードなら、これだけでだいたい4,000円弱のポイント獲得に繋がるので、前述の節約金額と合算すると2万円ほどの節約になるので、こちらもバカには出来ません。

更に夫婦2人なら4万円、家族4人なら8万円…といった具合に、支払い人数が多くなれば節約金額も増加。つまり手元預金に余裕があるなら、他の支払いよりも優先して国民年金にお金を振り分けるのが賢い家計の節約だということですね。是非、上手に活用してもらえればなと思います。

以上、ついに国民年金の2年払いがクレジットカードでも可能に!従来の2年前納は、銀行口座振替でのみ支払い可能な制度でした…という話題でした。

さてさて、このまま日本年金機構が国民年金の「前借り」を続けるようなら、そのうち5年前納とか10年前納なんてものが出てくるのも時間の問題ですし、『前納で牛肉をプレゼント!』みたいな未来が待ってるのかも…。あんまり想像はしたくないですけど、絶対にない…と言えないところが悲しい現実です。

参考リンク:

国民年金の支払いで使うとお得なクレジットカードについては、下記記事も参考に。ポイントが貯まりやすいクレジットカードを多数、紹介していますよ。

cards.hateblo.jp