読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

『ふるさと納税でVAIOのパソコン配布、続けさせて!』と安曇野市が総務省に要請。この結果次第でふるさと納税の今後が決まりそうです。

Sony VAIO Duo 13

2017年4月1日に、総務省から各市区町村に通達された「ふるさと納税の返礼品に関する目安」。

この目安では納税額の3割程度を返礼品の基準とし、家電やパソコン、商品券などの換金しやすいものの配布はやめよう…という方針が伝われたわけですが、その通達に長野県安曇野市が「要請」という形で見直しを求めたようです(こちらより引用)。

長野県安曇野市の宮沢宗弘市長は25日、「ふるさと納税」の返礼品で引き続きパソコンや時計などを使うことができるよう、総務省に要請したことを明らかにした。(中略)

総務省は今月1日、全国の自治体に、資産性の高い電子・電気機器や時計などを返礼品から外し、返礼品の価格は寄付額の3割以下にするよう通知した。このため宮沢市長は24日、総務省を訪れ、引き続きパソコンなどを返礼品に使えるよう要請した。また、県選出などの国会議員15人に要請書を送り、協力を求めている。

パソコンや時計への寄付が全体の97%:

ではなぜ、長野県安曇野市がわざわざ総務省に「VAIOパソコンの配布を継続させて!」と要請したのかというと、これは安曇野市に寄せられたふるさと納税のうち、実に97%がパソコンや時計などの商品だったため

市への昨年度のふるさと納税額約8億1500万円のうち、返礼品の約97%がパソコンなど総務省が除外通知した商品。通知に従えば、今年度予算で新たな自主財源の確保が必要となり、市は解決策を模索している。

要するにそれらの品への寄付を禁止されてしまうと、安曇野市では2017年度の財源が足りなくなってしまうので困る…ということのようです。

パソコンは前々から禁止される意向だった:

まぁ個人的に言わせてもらえば、ふるさと納税でのパソコンや電化製品配布については前々から禁止されそうな情勢だったので、なぜ安曇野市がその比率を全体の97%まで高めてしまったのかはやや疑問。もっとお肉や農産物などの配布を重視して、パソコンや時計の比率を下げておくべきだったと思うのです。

しかし、VAIOのパソコン一個配布すれば自治体に数十万単位のお金が落ちてくるわけですから、その他の商品に力を注ぐのが馬鹿らしくなってしまうその気持ちはわからなくもありません(苦笑)。

「今さら1万円や2万円の商品を配布して、5,000円や1万円の財源確保するのは面倒…。」きっとそんな風に思ってしまったのでしょう。

長野県は他の自治体でも同じ問題を抱える:

ちなみに長野県ではこの安曇野市以外にも、マウスコンピューターの工場を自治体内に抱える飯山市、掃除機や空気清浄機といった家電配布で全国トップクラスの伊那市なども同じ問題を抱えています。

伊那市では先日、記事にさせていただいたように、総務省通達の「資産性が高い家電を配布するなよ」という記述に注目し、10万円未満なら資産性がないから大丈夫だろう…というなんともグレーな方針を採用。

長野県伊那市では総務省通達の中にある「資産性が高い家電、家具、貴金属などは制度の趣旨に反する」という記述の注目。

これは逆に考えると「資産性が低い家電、家具、貴金属であれば制度の趣旨に反しない」ということも出来ると判断し、10万円未満の家電に限り、配布を継続する方針にしたようです。

まぁ公務員の方はこういう穴を見つけるのがほんとウマいですが、こんな感じで財源を確保したい自治体と、ふるさと納税の加熱を防ぎたい総務省の攻防は引き続き、続いていきそうな感じです。

以上、『ふるさと納税でVAIOのパソコン配布、続けさせて!』と安曇野市が総務省に要請。この結果次第でふるさと納税の今後が決まりそうです…という話題でした。

参考リンク:

ふるさと納税でパソコンが欲しい…という方は、下記記事も参考に。当記事でも書いているように、どの自治体もなんだかんだで配布を続けている状況があるので、完全廃止となる前に貰えるものは貰ってしまってくださいね。

cards.hateblo.jp

アメックスゴールドとセゾンゴールド・アメックスはどちらがお得なゴールドカード?年会費や独自サービス等のカードスペックを比較してみた。

American Express Advertising Cards

現在、日本では2種類のアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードが発行されています。

1種類目はアメリカン・エキスプレス社が発行している本家アメックスゴールドとも言えるアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード。もう1種類はクレディセゾンがアメックスと提携をして発行している、提携版のアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードです。

まぁざっくり、本家版と提携版の2種類があるということはわかるものの、どちらのアメックスゴールドのほうがお得なのかどうかまではわからないもの。そこで今回はこれら2種類のアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの年会費や独自サービスなどのサービス内容から、審査基準(=入手しやすいさ)までを徹底比較してみました。

『いつかはアメリカン・エキスプレスのゴールドカードが欲しい』と思っていた方は是非、参考にしてみてくださいね。

2種類のアメックスゴールド比較:

まずはざっくり、2種類のアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを表にして比較してみたいと思います(すべて2017年4月現在の情報なので、現時点での正確な情報については各公式サイトで確認した上で申込ください)。

比較項目 本家アメックス セゾン・アメックス
正式名 アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費 2万9,000円+税 1万円+税
主な特徴 本家ならではの重厚感があるが、年会費が高め。この先、プラチナカードやブラックカードに切り替えたいなら。 本家よりも年会費が格段に安い。この先、プラチナカードやブラックカードに切り替える予定がないならこちらでも十分。
独自サービス 国内主要空港のラウンジが同伴者も無料で利用できる、家族カード1枚年会費無料、JAL以外へのマイル交換に強いなど コナミスポーツの法人会員になれる、JALマイルが貯まりやすい、海外でポイント2倍、西友などのスーパーで割引など
お得さ 年会費は高いが家族がいる方なら年会費の元は取りやすい。手厚い保険や手厚い旅行サービスを使いたいなら本家がおすすめ。 年会費が安い分だけ、本家アメックスにあるような手厚いサービスはない。しかし、セゾンならではの割引があったり、コナミスポーツ優待はかなり魅力。
公式サイト 公式サイト 公式サイト

サービス内容だけで考えるならセゾンゴールド一択:

ご覧頂いたように本家アメックスのほうが年会費が3倍近く高い反面、セゾンゴールドのほうが独自サービスが多い状況があるので、単純に考えるならセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード作成で決まり…なんですが、本家アメックスには本家しか持つことが出来ない重厚感やステータス感があるので悩ましいところ。

要するに『ステータスとかそういうの関係なく、お得なゴールドカードがほしいんだよ!』という方はセゾンゴールドを、『いやいや、ゴールドカードには重厚感が必要でしょ。人前で出した時にカッコつけられるカードがいい!』というなら年会費が高くても本家アメックスゴールドを作るのがおすすめといった感じです。

  • サービス内容で選びたい:セゾンゴールド
  • ステータス性で選びたい:本家アメックスゴールド
将来、ブラックカード保有を目指すなら:

但し、将来的にアメリカン・エキスプレス・ブランドの最高峰である、アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードというチタン製のブラックカードを入手したい…という夢をお持ちの方なら、アメックスゴールド一択。

こちらのゴールドカードで利用履歴を積んでいけば下記記事でも解説しているようにアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの入手は比較的カンタンなので、そこから憧れのセンチュリオンカードホルダーを目指してみてください。

ハードルは非常に高いですが、メインカードとしてアメックスプラチナを使い続ければいつかは夢が叶うはずです。

cards.hateblo.jp

付帯保険はさすがに本家のほうが上:

では、重厚感やステータス性以外に本家アメックスゴールドのほうが上なものは他にどんなものがあるのかというと、これは付帯保険の手厚さがあげられます。

特に『私は海外出張や旅行に行くことが多いから、付帯保険はしっかりしているほうがいい』という方なら本家アメックスに保有メリットあり。

やはり年会費が高い分だけ海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険、ショッピング保険といった保険がセゾンゴールド・アメックスよりも充実しているので、万が一の時を考えると本家に軍配があがります。

レアな補償も多い:

また、本家アメックスには利用する頻度はあまり高くないものの、リターンプロテクション(購入した商品をお店側が返品に応じてくれたない時に利用可能)や航空便遅延費用補償(海外旅行時に飛行機が天候などで遅延した場合に補償してくれるもの)なども付帯。

こういった補償が手厚い分だけ年会費が高いということもできますが、安心をまるごと買えるのはなにかと便利でしょう。忙しいビジネスパーソンなら助かるはずです。

アメリカン・エキスプレス・セレクトはセゾンで利用可:

アメリカン・エキスプレスといえば旅館やホテル、レストランなどで受けられる優待サービスだ…という方が気になるのは、提携カードでしかないセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードでもそれらの優待が使えるのかどうか…ですよね。

こちらについては実はまったく問題なし。本家アメックスが提供しているトラベルデスクを利用することは出来ませんが、宿泊などの優待サービス(アメリカン・エキスプレス・セレクト)は無制限で利用可能なので比較する必要性はありません。

  • 本家アメックス:優待サービス利用可能
  • セゾンアメックス:優待サービス利用可能

そのため、どちらのアメックスゴールドを入手した場合でも、リラクゼーション、舞台鑑賞、レストランでの食事などなどの割引を、余すことなく使い倒してもらえればと思います。

単にアメックスが欲しいだけならセゾンパールも:

『私はサービスとか優待とか関係なく、気分的にアメックスを持ってみたいだけなんだ!』という方がいたら、年会費が実質無料にできるセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードがおすすめ。

こちらでもなんとアメリカン・エキスプレス・セレクトが利用可能なので、十分にアメックスの魅力を堪能できますよ。詳しくはこちらの年会費無料で持てるアメックス特集もご覧ください。

入会審査は意外にも本家のほうがカンタン:

f:id:cardmics:20170409141448j:plain

最後に、2種類のアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを比較した場合、どちらのゴールドカードのほうが入手しやすいのでしょうか?

これは意外にも本家アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのほうが作成しやすいクレジットカードだと言われています。だいたい年収にして300万円以上、年齢25歳以上の方なら問題なく作れるので、『私には入会審査はクリアできないだろうな…』と諦めないようにしてください(詳しくは下記記事を参照)。

セゾンゴールドは機械審査:

反対にセゾンゴールド・アメックスはどうなのかというと、一般的なゴールドカード並の難しさがあります。

特に発行元のクレディセゾンでは機械審査といって、みなさんがカード申込時に入力をした住所、年収、職業、勤続年数、居住年数などを点数化して、一定以下の点数しかない方を自動的に審査落ちさせる仕組みがあるので、これに引っかかってしまうような方だと申込後1分で審査に落とされてしまうことでしょう。

まぁ一般的な社会人の方で年収400万円以上もあれば難しいことはないはずなので、セゾンゴールドのほうが欲しい方も申込に挑戦してみてくださいね(申込は下記リンクより可能)。

以上、アメックスゴールドとセゾンゴールド・アメックスはどちらがお得なゴールドカード?年会費や独自サービス等のカードスペックを比較してみた…という話題でした。

参考リンク:

この機会にアメックスブランドについてもっと詳しく知りたい…という方は、下記記事も参考に。アメックスに関するあれこれについてまとめています。

cards.hateblo.jp

モバイル決済大手のSquare(スクエア)が、JCBカード決済に2017年夏から対応開始!気になる加盟店手数料は3.75%前後と推測されます。

f:id:cardmics:20170309065528j:plain

モバイル決済大手のSquare(スクエア)が、2017年夏からJCBカードやダイナースクラブカード、ディスカバーカードの決済に対応開始する方針のようです。

Squareの公式Twitterがツイートしました。

日本国内の99%以上のカード決済に対応:

これでSquareでは従来のVISAカード、MasterCard、アメリカン・エキスプレスの3ブランドに加え、JCBやダイナースクラブカードの決済にも対応可能になるため、日本国内で発行された99%以上のクレジットカードが利用できるようになります。

  • 従来:VISA、MasterCard、アメックスのみ
  • 今後:それらに加え、JCB、ダイナースクラブが追加

まぁSquareのライバルである楽天ペイやAirPAY(エアペイ)ではすでにこれらの国際ブランド決済に対応していたので、やっとSquareがライバル達に追いついたと言えそうな感じ。

今後はどのモバイル決済でも決済可能なクレジットカードが均一になるので、どれが選ばれるかは純粋なサービス勝負になると思われます。

気になる加盟店手数料は?

では気になるJCBやダイナースクラブの加盟店手数料はどのくらいになるのかというと、これはたぶん楽天ペイやAirPAYと横並びという形になりそう。

だいたい3.74~3.75%に落ち着くと思われるので、お店側としたらJCBカードやダイナースクラブカードを使われるよりも、VISAカードやMasterCardを使われたほうがお得という状況は続くものと思われます*1。つまり、敢えてJCBやダイナースクラブ決済を導入しない…という手もあるということですね。

  • JCBやダイナースクラブ決済を導入:お客さんの利便性はあがるが手数料負担もあがる
  • JCBやダイナースクラブを導入しない:お客さんの利便性は下がるが、手数料負担があがらなくて済む

手数料が若干あがってもメリットは多い:

ちなみに個人的には使えるクレジットカードを増やしたがほうが売上や客単価があがると思いますし、『すいません、うちではダイナースクラブカードが使えないんですよ』というお客さんとの無駄なトラブルを減らせるメリットなどもあるので、導入あるべきだとは思ってます。

もちろん最終的に決めるのは経営者であるみなさんなので、現在、Square決済を利用している方は2017年夏頃までに自店舗の方針を考えてみてくださいね(詳しくは下記公式サイトにて)。

以上、モバイル決済大手のSquare(スクエア)が、JCBカード決済に2017年夏から対応開始!気になる加盟店手数料は3.75%前後と推測されます…という国内ニュースでした。

参考リンク:

まだどのモバイル決済を導入するか迷っている…という方は下記記事も参考に。主要なモバイル決済のサービス内容や加盟店手数料などを紹介しています。

cards.hateblo.jp

*1:VISAやMasterCard決済の手数料は原則、3.25%なので、3.75%前後に設定されるJCBカードを使われると0.5%分だけ負担が増えるということです。

チケットぴあ関連サイトで15万件の個人情報漏えいが発生。すでに197件、合計630万円分の不正使用が確認されているようです。

Gold Lock

チケット販売大手のチケットぴあ関連サイトで、15万件の個人情報が漏洩し、すでに197件、合計630万円分の不正利用が確認されているようです。日経新聞が報じました。

チケット販売大手のぴあは25日、同社がプラットフォームを提供し運営を受託しているプロバスケットボール・Bリーグのチケットサイトとファンクラブのサイトがサイバー攻撃による不正アクセスを受け、個人情報約15万件が流出した可能性があると発表した。

約3万2千件のクレジットカード情報が含まれ、21日時点でカードの不正使用が197件、計約630万円分確認された。(中略)

同社によると、流出した可能性があるのは2016年5月16日~17年3月15日に、Bリーグの会員に登録した顧客の個人情報約15万件。住所、氏名、電話番号、生年月日、メールアドレスなどの登録情報が含まれる。

このうち約3万2千件がファンクラブ会費の支払いやカード決済でチケットを購入した人の決済情報で、カード会員名やカード番号、有効期限、セキュリティーコードが流出した。

Bリーグの関連の費用支払をした方は注意:

今回、個人情報が漏洩してしまったのはチケットぴあが運営を受託しているプロバスケットボール・Bリーグのチケットサイトとファンクラブサイト。

そのため、過去、これらのサイトに氏名や住所、電話番号といった個人情報を入力したことがあるという方は念のため、利用明細書を開いて不正利用がないかどうかを確認してください。

特に今回の個人情報流出事件ではすでにクレジットカードの不正利用が発覚しているので、すでに判明している197件分の不正利用以外にも第三者によるカードの悪用がある可能性大。

仮に「身に覚えのない利用」があった場合にはただちにクレジットカード会社に相談をしてもらえればと思います。

チケットぴあそのものは安全:

尚、チケット販売サイトであるチケットぴあそのものには第三者による不正アクセスはないようなのでこの点はご安心を(こちらより引用)。

なお、対象となるサーバーは、B.LEAGUE チケットサイト、及びファンクラブ受付サイト専用に外部に構築されたものに限定されており、「チケットぴあ」をはじめとするその他の当社サービスにつきまして、同様の問題が発生していないことは確認されております。(中略)

  • B.LEAGUE チケットサイト、及びファンクラブ受付サイトは、ぴあ株式会社の基幹システムとは別に、専用の開発体制にて構築されたものであり、他のサービスとは完全に切り離されております。
  • 「チケットぴあ」ならびにその関連サイトにおきましては、会員認証やチケット発売ページ、マイページや購入フロー等は、すべてクラウド環境ならびに外部データセンター環境を利用しており、それぞれにセキュリティ対策を講じております。
  • 加えて、クラウド環境、データセンター環境ともに、24 時間 365 日の監視運用を行っております

ただこういうのは後で発覚することもある&同様のセキュリティホールを狙われて不正アクセスされることも多いので、チケットぴあを利用したことがあるという方も念のため、利用明細書を確認しておくのがベスト。

まぁそんな不正利用のあるなしに関わらず、利用明細書は毎月ちゃんとチェックするのが重要ですね。とにかく身に覚えのない利用が見つかったらカード会社に相談すれば、みなさんが自己負担することまず無いのでご安心ください(なぜ不正被害額を負担しなくていいのかは下記記事を参照)。

以上、チケットぴあ関連サイトで15万件の個人情報漏えいが発生!すでに197件、合計630万円分の不正使用が確認されているようです…という国内ニュースでした。被害にあう方が一人でも減るように、身近な方にも是非、この情報を教えてあげてくださいね。

参考リンク:

『だからクレジットカードは怖いんだ。俺はしばらく現金払いでいい!』という方がいたら下記記事もあわせて読んでみてください。クレジットカード払いに対するイメージが少しは変わると思いますよ。

cards.hateblo.jp

PAGE TOP