読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

アメリカで骨折したら、2,000万円の治療費を請求された件について。海外で病院にかかると、日本人の想像をはるかに越える額になります。

トラベル 世の中

Haydom Hospital

ちょっと前の話題になりますが、アメリカのテキサス州で骨折して入院したら2,000万円の医療費を請求された…という方が話題になっていました(元ネタはこちら)。

これ、日本人の感覚からすると『2,000万円の医療費負担なんて嘘に決まってる!』と思うかもしれませんが、あながち、嘘でもなんでもない話なんですよね。

実際、アメリカで盲腸などの手術を受けた場合には300~400万円かかるというのはザラ…。そのため、今回の「骨折」がどの程度のものかによりますが、複雑骨折などで手術が必要&2週間以上の入院が必要だったのであれば2,000万円という金額もおかしくないんです(海外での医療費については下記記事を参考に)*1

cards.hateblo.jp

カードの海外旅行保険でも不十分:

そんな時のためにも私は常々、海外旅行や海外出張に行くならゴールドカードやプラチナカードなどのクレジットカードを持参して、海外旅行傷害保険に加入したほうがいい…というのをおすすめしているわけですが、それでも2,000万円という医療費負担はさすがにそれらの海外旅行保険でもカバーしきれないはず(苦笑)。

加えて日本には「海外療養費制度」という、海外で医療費を負担した時に自己負担分を軽減してくれる制度があるんですが、これを利用しても今回のTwitterの方は自己負担分だけで数百万円~1,000万円近い負担を求められてしまうのではないでしょうか?

こうなると海外で怪我や病気をしただけで自己破産コースです。

滅多に起きないことだけれども:

まぁ骨折&手術で2,000万円を請求されるとか、脳梗塞になってしまって医療費だけで5,000万円とか、そういうのは滅多に起きることではないため、海外旅行や出張に短期間いくだけならクレジットカード付帯の海外旅行傷害保険でも十分。

無理にお金を払って海外旅行保険に加入する必要性はありません(無料で海外旅行保険に加入する方法は下記記事にて)*2

しかし1週間以上、海外に滞在する予定があるのであれば、万が一の時を考えて損害保険会社の海外旅行傷害保険に別途加入するほうがおすすめ。その方が安心をお金で買うことが出来ますよ。

ブラックジャックに依頼したのか?:

『いやいやいや、そうはいっても2,000万円なんて金額はおかしいでしょ?きっとブラックジャックのような名医に依頼したんじゃないの?』なんて思われる方も多いかもですが、ごくごく一般的な医師に診療してもらった場合でもこのくらいの金額になると思います。

とにかく病院に1日入院したら100万円オーバーは普通なので、アメリカでの医療費を甘く見ないように。仮にそのまま1週間も入院したら1,000万円の負担も覚悟ですね(他にも最近じゃ中国も高いと言われています)。

複数枚のカードを持ってると安心だけど:

Credit Cards and Cash

ちなみに、私のようにブラックカードやゴールドカードを何枚も持っている人間だと、すべてのクレジットカードに付帯されている海外旅行傷害保険の傷害・疾病治療費用が「合算」されるので、実は数千万円程度までの医療費なら全額、保険がカバーしてくれます。

  • カード1枚だけ保有:カード1枚分の補償のみ
  • カードを5枚保有:カード5枚分の補償が受けられる*3

しかし、こんなにもクレジットカードをたくさん持っている人間というのは稀だと思うので、前述のように長期で海外に行く予定があるなら十分な補償のある海外旅行傷害保険に加入するのが無難だと言えそうです。

以上、アメリカで骨折したら、2,000万円の治療費を請求された件について。海外で病院にかかると、日本人の想像をはるかに越える額になります…という話題でした。

参考リンク:

海外にあまり行き慣れていない…という方は、下記記事も参考に。海外におけるクレジットカードの使い方や、活用方法などを紹介しています。

cards.hateblo.jp

*1:私も過去にアメリカで病院にかかった際、2時間程度の治療で18万円を請求されたことがあります。他にもちょっと頭痛がしたので診察にいったら、医師による3分診察で7万円請求された…なんてこともありましたね。こんな感じでとにかく海外での医療費は高いんです。

*2:もちろん持病持ちの方や高齢の方の場合などには、短期の海外滞在であっても手厚い海外旅行傷害保険に加入しておいたほうが無難なケースもあると思います。その辺の判断は是非、みなさんの自己破断にてお願いします。

*3:クレジットカードの中にはそもそも、海外旅行傷害保険が付帯していないものがあったり、旅費の支払いをしないと旅行保険適用にならないものもあるのでそれらは除きます。

Amazonが嫌われる4つの理由をまとめてみた。今後、楽天市場とAmazon.co.jpの通販モール対決は、どちらに軍配があがる?

Amazon 買い物 まとめ

amazon.co.jp

個人的には仕事うんぬんを抜きにしても、楽天という企業には悪い印象はなく、むしろ好きな部類に入るんですが、世の中一般には結構な数の楽天嫌いが存在するんですよね。

実際、昨日書いた下記記事にも『楽天というだけで使わない』とコメントした方が複数存在。私に言わせれば楽天だろうがAmazonだろうが便利なものを使えばいいのに…と思うところなんですが、とにかく楽天だけは使いたくないというアレルギーを持っている方が一定数存在するようなのです。

そこで今回は雑談がてら、少し天邪鬼のような発想になりますが、楽天のライバル企業であるAmazonが嫌いな方とその理由について調べてみたいなと思います。もう楽天市場が嫌われる理由はこちらの記事で十分すぎるほどわかったので、今度はAmazonの課題について調査してみますね。

Amazonが嫌われている理由まとめ:

早速、インターネット上の情報を検索して、Amazon嫌いな方とその理由を4つほど調べてみました。それぞれ詳しく解説していきます。

1.日本に税金を収めていない:

まず、Amazonは日本に税金を納めていないから使わない…という方はそれなりに多いようです。

実質的には、日本国内で製品の売買取引が行われているにもかかわらず、日本政府はアマゾンの利益に課税できないというのが実態である。

そこで、日本では国税庁が2009年に国内に所在するアマゾンのフルフィルメントセンターをPEと認定して、約140億円の追徴課税処分を下したが、現行の課税ルールを踏襲する日米租税条約に基づき、この追徴課税は取り消されている。

まぁこれについての真偽については私には確かめようがありませんが、仮にこれが事実であれば「税金を日本で払っていない企業よりも、税金を払ってくれている企業を使いたい」と思う方が一定数いるのは理解できる点。

反面、この「日本に納税していないから嫌い」という声は一昔前と比較すると、だいぶ減ってきているようにも思うんですよね。あくまで一部の利用者が根強くそれを主張している…という感じでしょうか(ここあたりを参考に)。

2.プライム会員にさせたがる:

Amazonが嫌いな理由その2としては、兎にも角にもプライム会員にさせたがるという点です。

『今なら30日間無料!』、『お急ぎ便を使うと本日中に届きます!』などなど、Amazonでなにかを購入しようとすると、購入画面の一つ前にはこういったページが表示される状況があるため、これがウザいと思う方は多い模様。

また、いつの間にかプライム会員になっていたとか、30日間無料のうちにキャンセルするのを忘れて料金を請求された、という経験を持っている方も多いようで、このあたりの姿勢に疑問を呈す方は少なくないのかもしれません。

最近ではみんな諦めてプライム会員になった?:

ちなみにこの類の不満も最近ではだいぶ減ってきている印象があるんですが、これはみんな諦めてプライム会員になった結果なんですかね(苦笑)。

私は未だにプライム会員にならないで凌いでいるために、購入の度、Amazonから勧誘されるわけですが、毎回、微妙にプライム会員にならないボタンの場所や、表現方法が変わって迷惑はしてます。

  • 楽天市場:どうにかこうにかメルマガを購読させようとする
  • アマゾン:どうにかこうにかプライム会員にさせようとする

3.ヘルプが不親切:

Amazonが嫌がられる理由3つ目としては、ヘルプや問い合わせ対応が不親切という点です。

これ、Amazonが外資系企業ゆえか、説明が不十分だったり、対応が遅かったりするのがその理由のようだったんですが、最近ではかなり改善されたようで、こちらも不満を言う方が減ってきている印象がありますね。

今ではAmazonへの返品もスムーズに出来ますし、クレジットカード払いのキャンセル等もストレスなく行ってくれるので、未だに不満を言っている方はもしかすると過去のAmazonのイメージを引きずっているだけ…なのかもしれません。

4.ダンボールが大きすぎる:

Amazonといえばダンボール…というくらいに、ダンボールが特徴的な企業ですが、このダンボールと梱包がとにかく立派過ぎて困る…という方はそれなりに居るようです。

実際、購入した商品からは想像できないくらいの箱サイズで届いた…という事例は数知れず。私も下記記事で書いている通り、バーボン1本購入したらとんでもなくデカイ箱で届いてビビった経験あり。

まぁそれだけ手厚く梱包してくれている…という証拠でもあるんですが、片付けの面倒さを考えるとAmazonで注文するか迷う時もあります。

etc.hateblo.jp

5.その他の理由:

その他、Amazonが嫌いだという方の中で、少数意見についてもまとめておきます。

おすすめ商品で買いすぎてしまう:

Amazonといえばおすすめ商品や関連商品の表示…なんですが、この機能があまりにも発達しすぎて嫌だ…という声もありました。要するにこちらが欲しい商品を的確に紹介されすぎてしまって、ついつい買いすぎてしまうというものです。

で、気付けば30冊。何がもうちょっとだ。いいわけないだろアホか。

amazonの恐ろしい所は、カートに入れた後、関連商品等を出してくる点。特定のジャンルの本が欲しい時、もう止まらない。

これについては長所と短所は紙一重…という話なのかも。物欲を刺激されまくると迷惑するという方は、Amazonをあまり使わないほうがいいのかもしれません(苦笑)

経営者が嫌い:

Amazon.co.jpの社長が嫌い…という方も居ました。楽天やYahooの社長さんと比べるとその声は非常に小さいですが、経営者次第で企業を嫌いになる方というのはこれまた一定数いるものなんですね。

尚、あんまりリンクを貼りたくないので詳しくは書きませんが、経営者が日本人ではないという点でAmazon嫌いになる方もいるようです(完全な人種差別の類)。

Amazonを嫌いな人が見つからない:

I buy, therefore I am...

ここまで4+1つほど、Amazonが嫌われる理由をまとめてみましたが、正直、Amazonに対して堂々と嫌いという気持ちを表明する方はあんまりいない感じ。

もちろんまったくのゼロではありませんが、楽天やYahoo(ソフトバンク)へのそれと比べると、Amazonへの不満や嫌悪は圧倒的に少ない状況があるんですよ。むしろなぜにこんなにもAmazonの企業イメージは悪くならないのか不思議に思えたほどです。

  • 普通:売上があがればアンチも増える
  • 異常?:売上があがってるのにアンチが増えていない

楽天嫌いな友人にも聞いてみた:

あと、念のため、下記の記事において楽天をボロクソ言っていた友人にも、『Amazonの嫌いなところってない?』って質問をFacebook経由で投げかけてみました。

すると即答で『ない』という二文字を頂戴…。うーん、ここまでくると見事なAmazon信者ですが、世の中にはこの友人のようにAmazonに不満がない方は多いのでしょう。

楽天、そりゃピンチですよ:

結論。今のところAmazonに死角なし。調べても調べても楽天市場がAmazon.co.jpに勝てる要素はほとんどない感じがしました(今年の統計でも、Amazon有利のデータ)。

少なくともこのままでは楽天はAmazonに大きく離されてしまうだけなので、楽天がもし試合を諦めていないのであれば、なにかもっと、根本的な転換を図るタイミングが来ているのかもしれませんね。個人的には楽天派なので、その改善に期待したいなと思います(メルマガ、辞めちゃえばいいのにと切に思う)。

以上、Amazonが嫌われる4つの理由をまとめてみた。今後、楽天市場とAmazon.co.jpの通販モール対決は、どちらに軍配があがる?…という話題でした。

参考リンク:

Amazonや楽天市場で買い物をする場合に、お得なクレジットカードをまとめた下記記事も参考にどうぞ。やはりポイントが貯まりやすいカードを使うと、家計の節約も楽になりますよ。

cards.hateblo.jp

知識がなくてもスラスラ読める、資産運用に関する入門書12選!これから資産運用をはじめるなら、これらの本はもう必読です。

まとめ マネー 投資

Today and tomorrow

今回は「これから資産運用をはじめるぞ!」という初心者の方向けに、おすすめの資産運用に関する書籍をまとめてみたいと思います。

『とにかく自慢じゃないが、お金に関する知識が全くないっ!』という方は、まずはこれらの入門書を読むところからはじめてみてください。もちろん、ある程度知識がある方にとっても良い復習になる本ばかりですよ。

資産運用の基本が学べる書籍まとめ:

まずは資産運用の基本の基本が学べる書籍から。どれもざっくりとしか解説がなされていない書籍ばかりですが、これらに見を通せば「資産運用とはどんなものか?」ということがわかるようになりますよ。

誰も教えてくれないお金の話:

「誰も教えてくれないお金の話」は、お金に関する知識を付けたい…という取っ掛かりとして非常に読みやすい本です。

中身は広く浅く…なのでもっと詳しく知りたいなら他の書籍を購入する必要性がありますが、これからお金を勉強する方ならこのくらいの難易度から始めてもらえればと思います。

誰も教えてくれないお金の話 (Sanctuary books)

誰も教えてくれないお金の話 (Sanctuary books)

 

資産運用 超入門(お金のきほん):

「東大生が教える マンガで実践!資産運用 超入門」は前述の書籍と同じく、マンガ形式でお金の基本を紹介してくれる良書です。

資産運用をしてお金を増やしていくことの重要性もストーリーを通して理解できるので、「どうして資産運用しないといけないのか?」とまだ疑問が残っている方にもおすすめですね。

東大生が教える  マンガで実践!資産運用 超入門 (お金のきほん)

東大生が教える マンガで実践!資産運用 超入門 (お金のきほん)

  • 作者: 東京大学株式投資クラブAgents,河村万理,目黒政明
  • 出版社/メーカー: 学研プラス
  • 発売日: 2016/01/12
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

お金の増やし方を教えてください:

初心者向けのお金の本といえば、山崎元氏…というくらい、お金の基本に関する本を数多く書いている著者の代表作とも言える本です。

お金はどうすれば増えていくのか?という基本や、投資とは何なのかということがわかりやすく解説されていますよ(銀行で資産運用するなとか、やや過激な表現も)。

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

 

資産運用の超入門書:

様々な資産運用方法をわかりやすく図解で紹介してくれている書籍です。

カラーの書籍はお金に関する知識がない方にも眠くなりにくいメリットがあるので、「超カンタンな本がいいな…」と思ってる方はこのあたりから始めてみてください。

いちばんカンタン!資産運用の超入門書

いちばんカンタン!資産運用の超入門書

 

経済とおかねの超基本1年生:

こちらは資産運用よりというかは、お金の基本を学ぼうというページのほうが多い印象ですね。お金全般の知識をもっと増やしていきたいと思う方におすすめできる良書なので、資産運用の入門書だけでは知識が不十分だと思った方はこちらも併せてどうぞ。

知らないと損する 経済とおかねの超基本1年生

知らないと損する 経済とおかねの超基本1年生

 

お金が貯まるのはどっち?

どういう考え方をするとお金が溜まっていくのか、そしてどういう行動をする方がお金持ちになっていくのか…といったことがわかりやすくまとめられている本です。他の本よりも若干、難しく感じる部分もありますが、目を通しておきたい書籍のひとつですね。

お金が貯まるのは、どっち!?

お金が貯まるのは、どっち!?

 

池上彰のお金の学校:

これも資産運用うんぬんという内容ではなく、お金に関する基礎知識を身につける本です。文字主体の本なので眠くなりそうではありますが、そこはあの池上彰氏。読みやすい文体で書かれているためにスラスラと読めてしまうのはさすがですよ。

知らないと損する 池上彰のお金の学校 (朝日新書)

知らないと損する 池上彰のお金の学校 (朝日新書)

 

年代別の資産運用本:

次はちょっと前に流行った年代別のお金に関する本もいくつか紹介しておきます。資産運用をするなら早ければ早いほど良いので、自分の年齢にあわせた本も是非、読んでみてください。

20代で知っておきたいお金のこと:

20代向けの本ではありますが、20代でなくても是非とも読んで欲しい書籍ですね。お金に関する知識全般を幅広く身につけることが出来るので、若いうちからこの本を読むことが出来た方は幸せだなとも思います(この先、お金で困る可能性が減るため)。

20代で知っておきたいお金のこと

20代で知っておきたいお金のこと

 

30代向けのお金に関する本:

書籍名は「29歳貯金ゼロ!年収300万!このままで大丈夫か!?」と思ったら読む本…ですが、こちらも30代になる手前の方だけでなく、30代後半~40代の方にも読んで欲しい内容です。年収が少ない、貯金がない…という悩みがあるなら読んでみてください。

「29歳貯金ゼロ!  年収300万!  このままで大丈夫か!?」と思ったら読む本

「29歳貯金ゼロ! 年収300万! このままで大丈夫か!?」と思ったら読む本

 

40代から知っておきたいお金の分かれ道:

40代や50代の方向けのお金に関する本です。退職後の人生が見えはじめて来た方にとって有益な情報が多数、書かれているので、老後が心配である…という方はしっかり熟読した上で、今のうちから資産運用にお金を回してみてくださいね。

40代から知っておきたいお金の分かれ道

40代から知っておきたいお金の分かれ道

 

クレジットカードを効果的に使うべき?

世の中にあふれている「節約」に関する書籍を読むと、至るところにクレジットカードは無駄遣いに繋がるだけだから持たないほうがいい…なんて記述があるものなんですが、今回紹介した資産運用に関する書籍の中には逆に「クレジットカードはどんどん活用すべきだ」という記述が多いように思います。

これはつまり節約を考えるならクレジットカードは邪魔存在ですが、お金を増やしていくことを考える上では重要な存在になりえる…ということ。個人的には節約よりもお金を増やすことのほうに魅力を感じるのでクレジットカードを活用していますが、この辺はまぁ人それぞれなのかもしれませんね。非常に興味深いなと思います。

億万長者になりたいなら:

最後はお金を増やして億万長者になりたい…と思う方向けの書籍をまとめておきます。いつかは高級車に乗りたいとか、豪邸に住みたいと思っている方は、億万長者になるイメージトレーニングをするところからどうぞ。

億万長者 専門学校:

ちょっと中身は専門的なものも含まれてきますが、お金持ちになるためにはどうすればいいのか?ということがわかりやすくまとめられている書籍です。

私もこの本を読んで「お金を稼ぐぞ~!資産運用するぞ~!」と強く決意したことがあるので、これから資産運用をする予定がある方であればモチベーションアップのためにも良い本かもしれませんね。

億万長者 専門学校

億万長者 専門学校

 

億万長者思想:

億万長者専門学校と同じような本ではありますが、億万長者になる方はどのような思考回路をしているのかということがわかりやすくまとめられている本です。

自分もお金持ちになりたいのであれば、そういう考え方ができるようになるところからがスタートなのかもしれません。イメージトレーニングのためにも是非、お読みください。

世界の超一流から教えてもらった「億万長者」思考

世界の超一流から教えてもらった「億万長者」思考

 

他、私がおすすめする本まとめ:

Congrats a Hundred Bucks

その他、私が過去におすすめしてきた本についても紹介しておきます。

株式投資を始める方のための書籍まとめ:

株式投資で資産を増やしたい…という方向けのおすすめ本まとめです。こちらの記事で紹介している書籍も、初心者が読める難易度の低いものばかりなので、お金を増やすことに興味がある方は併せて購入してみてください。

cards.hateblo.jp

お金に関する書籍まとめ:

経済や金融といった、お金全般に関するおすすめ書籍をまとめた記事です。今回のこの記事とかぶってる本も多いので、もっと資産運用に関する知識を付けていきたいという方はこちらもあわせてどうぞ。

cards.hateblo.jp

以上、知識がなくてもスラスラ読める、資産運用に関する入門書12選!これから資産運用をはじめるなら、これらの本はもう必読です…という話題でした。

参考リンク:

お金に関する知識をもっと付けたいなら、クレジットカードの知識も欠かせません。もっと賢くカードを使いたいなら、下記記事などもあわせて読んでみてくださいね(ネット上の記事としてまとめてあるので、書籍の購入は不要です)。

cards.hateblo.jp

LINE Payカードを紛失した場合の補償について調べてみた。誰かにLINE Payカード盗まれた場合にはどこまで補償される?

プリペイドカード セキュリティ

Money

ポイント還元率が高いプリペイドカードとして人気のLINE Payカード(ラインペイカード)。

このLINE Payカードを仮に紛失してしまったり、誰かに盗まれてしまった時の補償はどのようになっているのか、個人的にも気になったのでそのあたりについて詳しく調べてみました。LINE Payカードを普段から利用しているという方は是非、参考にしてみてくださいね。

LINE Payカードの補償について:

まず、結論から先に言うと、LINE Payカードの補償は最大10万円まで。

下記公式オフィシャルブログに書かれていますが、2015年2月頃より「利用者補償制度」というものが整備されて、送金・決済・出金が補償の対象となったようですね。逆にいうとそれまでは無保証だった…というのは少し怖いなという気がしました。

LINE Payでは、不正行為によって発生した損害を補償する利用者補償制度を今年2月より導入。全て*の送金・決済・出金が補償の対象となり、損害額はLINE社が全て*カバーします。

*アカウント所有者の意図の下に行われた金銭移動を除きます。
*損害発生時から、31日以内の申し立てが必要となります。
*原則10万円を補償の範囲としています。

ほとんどのケースで補償される:

では、どんな場合でLINE Payカードの被害額は補償され、反対に補償されない時にはどのようなものがあるのか…というと、これは下記の通り。

こんな時も安心!補償の対象となるケース

  • スマートフォンを紛失し、LINE Payにログインされ不正にクレジットカードを利用されてしまった
  • LINEとLINE Payのパスワードが第三者に特定され、勝手にアカウントを利用されてしまった
  • 身に覚えのないLINE Payの利用請求がきたなど・・・

補償の対象とならないケース

  • 自らLINE Payのパスワードを他者に伝え、利用を促した場合
  • 利用者の意思で行われた金銭移動
  • 利用規約に反した使い方をしていた場合 など・・・

まぁ「補償の対象とならないケース」は、補償されなくても当然の内容なので、LINE Payカードの利用者補償制度はほとんどのケースで利用者を被害から守ってくれる存在になりそうな感じです。

10万円以上のチャージはおすすめしない:

結論。

LINE Payカードを利用するなら、チャージ残高を10万円以上にしないほうが無難です。それ以上にチャージをしてしまうと、万が一、悪意のある誰かに悪用された時に補償が受けられなくなってしまうのでくれぐれもご注意ください。

  • チャージ残高10万円以下:安心して利用可能
  • チャージ残高10万円以上:紛失・盗難が不安

ちなみに私は2016年末にLINE Payカードを実験的に50万円以上までチャージしてみたんですが、今思うとこれは怖い行為でしたね。今後はチャージ残高に気をつけて利用したいなと思います*1

以上、LINE Payカードを紛失した場合の補償について調べてみた。誰かにLINE Payカード盗まれた場合にはどこまで補償されるのか…という話題でした。

参考リンク:

確認するまでもないかも…ですが、LINEPayカードで貯めたLINEポイントは、何に交換するとお得なのか…という点について詳しく調べてみた記事は下記をどうぞ。

cards.hateblo.jp 

*1:そう考えるとLINE Payカードはやはり、高額決済用のプリペイドカードではなく、コンビニ等での利用がメインになる、小額決済用のプリペイドカードという位置付けのほうが正しそうです。