読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカードの2回払いは、金利手数料0円で使えるオトクな支払い方法!支払い金額の半分を先延ばしすることが可能です。

http://www.flickr.com/photos/7649832@N07/3732248296

photo by halflifehalflived

あまり知られていない支払い方法ですが、一部の例外を除き、ほとんどのクレジットカードでは2回払いという支払い方法が選択可能です。

この2回払い、どうせ手数料がかかるんでしょ?と思われるかもしれませんが、実はなんと1回払い同様に金利手数料がかからない支払い方法。そのため、ちょっと手元のお金が少なめ…という時の緊急回避策として使えたりするんです。

1月に10万円の買い物で使った場合:
  • 1回払い…2月の支払日に10万円を支払う
  • 2回払い…2月の支払日に5万円、3月の支払日に5万円を払う

念のため繰り返しますが、2回払いの場合でも手数料はかからないので、上記ケースでいえば合計支払い金額は10万円で済みます(1回払いも2回払いも、合計支払い総額は同一になる)。

支払いを先延ばし出来るのは効果的:

『いやいや、2回払いでも結局、支払う総額は変わらないんだから意味がないんじゃ?』と思われるかもしれませんが、それは手元に潤沢にお金がある方の話。

反面、手元にお金が足りないというカツカツな方にとっては、2回払いは有効な支払い方法になりえるんですよね。

なにせ2ヶ月先まで半分の支払いを先延ばしできるということは、給料日を少なくとも2回、またぐことが出来るということ。来月の給料日で支払っちゃうとちょっと厳しいけど、再来月分の給料まで使えるなら大丈夫!ってケースもあるはずです。

また、すでに消費者金融やリボ払いを利用してしまっているという方は2回払いで余った手元現金を返済にまわす…なんてテクニックも可能。金利の支払いを少しでも減らしたいなら、最初からリボ払いなんてつかわずに2回払いで凌ぐやり方を探してみてください。

2回払いの注意点を箇条書き:

念のため、クレジットカードの2回払いの注意点を簡単に箇条書きにしておきます。

  • すべてのお店で使わせてくれるわけではありません。ネット通販などでは2回払いの項目がない場合も多いです。
  • 外資系のクレジットカードなど、2回払い自体が利用できないクレジットカードもあります。
  • リボ払い専用クレジットカードなどでは、そもそも2回払いどころか分割払いも使えません。
  • もうたぶん現存していないと思われますが、過去、ライフカードというクレジットカードでは2回払い利用時に手数料を取っていたことがあったので、ライフカード利用者は念のためご注意ください(もうたぶん、手数料をとられることはありません)。

このくらいですね。 基本的に2回払いが使えるカード&お店であれば、その後に注意すべき点は2回目の支払いを忘れないようにすることくらいかもしれません。

高額品の購入時などに活用しよう:

http://www.flickr.com/photos/68751915@N05/6551534889

photo by 401(K) 2013

このように上手に2回払いを活用すれば、パソコンや洗濯機といった家電を購入時などに役立つはず。

また、特にお金に困っていないという方も支払いを半分ほど先延ばしできれば、その分を定期預金などの投資に回す…なんてこともできるので、ほんの僅かではありますが家計がラクになるもの。使い方はまさに無限大ですよ。

以上、クレジットカードの2回払いは、金利手数料0円で使えるオトクな支払い方法!支払い金額の半分を先延ばしすることが可能です…という話題でした。

参考リンク:

2回払い同様に金利手数料が0円な支払い方法である、ボーナス一回払いの活用方法については下記記事をご覧ください。わざわざ最初から金利手数料がかかる支払い方法を使う必要性はありません。

cards.hateblo.jp

PAGE TOP