読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

アップルペイを約2ヶ月、使いまくってみた感想まとめ!これからアップルペイを利用する方のために、その使い勝手や問題点などを紹介します。

電子マネー まとめ

f:id:cardmics:20160908181135j:plain

iPhone版のおサイフケータイとも言える「Apple Pay(アップルペイ)」。

今回はそんなアップルペイを実際に2ヶ月ほど使ってみた感想を、わかりやすくまとめていってみたいと思います。これからアップルペイを使い始めるつもりの方は是非、参考にしてみてくださいね。

アップルペイの感想まとめ:

Suicaが快適に使える:

まず、アップルペイ最大の利用メリットとしては、やはりSuicaが使えるという点。

JR東日本や地下鉄の乗り降りに便利なのはもちろん、キオスクやコンビニ等での支払いもiPhoneひとつあれば出来てしまうようになったので、今までよりもかなり楽に感じますね。非常に便利です。

こう書くと『いやいや、従来のようにSuicaカードをiPhoneケースに挟んでおけばいいんじゃない?』と思われるかもしれませんが、アップルペイとしてSuicaを使うメリットには「いつでもどこでもチャージが出来る」という点がある。

これ、例えばSuica残高が足りないけれど、そういえばコンビニで買い物をしたいんだった…という時にも使える機能で、従来だと店員さんに「Suicaをチャージしてもらえますか?」と言う必要性があったんですが、アップルペイならアップルペイ決済で瞬時にSuicaチャージが可能です。

  • 従来のSuicaカード:都度チャージが面倒だった
  • アップルペイのSuica:いつでもどこでも都度チャージ可能
ビューカードなら問題ないのでは?

ちなみにビューカード内蔵のSuicaカードを持っていればオートチャージも出来るから、Suicaを都度チャージする必要性とかないだろうと思っている方にも実はメリットあり。

例えば大阪や名古屋、福岡といった場所に出張に行った際、ビューカード内蔵のSuicaを利用してもオートチャージ機能には対応していませんが、アップルペイなら都度チャージに対応できるのでSuica残高を気にせず使えるメリットがあります(オートチャージ機能については下記記事を参照)。

こんな感じで地方都市への出張が多いビジネスマンの方であれば、アップルペイは必須だと言えそうです。

cards.hateblo.jp

QUICPayやiDはちょっと問題あり:

アップルペイにおいてSuicaが使いやすいことは、ここまで読んでいただければおわかりいただけたものと思いますが、では、クレジットカード払い(QUICPayやiD)についてはどうなのでしょうか?

こちらについては正直、賛否が分かれそうな使い勝手かなーという感じはありますね。実際、東京都内だとアップルペイを使おうとしてモタついている方を見ることも多いので、なかなか「快適に使える」とまでは言えないものなのかもしれません(Android版のおサイフケータイならQUICPay払いもスムーズ)。

  • アップルペイでQUICPay払い:支払いにモタ付くことも
  • Android携帯でQUICPay払い:支払いはスムーズ
何度かアップルペイが使えなかったことも:

そういう私も何度かアップルペイ払いで失敗したことがありました。

主な理由はホームボタンを強く押しすぎてしまい、アップルペイを利用したいのにSiriが立ち上がってしまうケース。こうなると片手による操作では元に戻すことが難しくなるので、店員さんや後ろに並んでいる方に迷惑をかけてしまうことになります。

もう1つは指紋認証がうまくいかないケース。

左手で支えて右手で指紋認証できる場合であればiPhone7のTouch IDは優秀ゆえ、問題がないのですが、アップルペイのように右手でiPhoneを支えつつ、右手の親指を使って指紋認証させようとするとなかなか読み取ってくれないこともあったので、こういった時にもモタモタしてしまいましたね。

  • 左手で支えて右手親指の指紋認証:非常にカンタン
  • 右手で支えて右手親指の指紋認証:やや難しい場合も

確かにセキュリティ上は指紋認証したほうが良いことはわかりますが、Appleにはもう少しなにかを改善してもらって、ストレスなくクレジットカード払いが使えるようにしてもらえる嬉しいなと思います。

ローソンで使いにくいアップルペイ:

あと、コンビニ大手のローソンでアップルペイが使いにくい…というのも話題になっていましたね。

なかなか片手でこれらすべての操作をするのは難しく、慣れが必要になってくるものなので、ローソンではじめてアップルペイを使う予定だ…という方は、昼時などのお客さんが殺到している時間を避けて試してみると良いかもしれません。

ローソン側でも注意喚起:

ちなみにそんな感じでアップルペイ利用で困るお客さんが多かったのか、ローソンのレジには今、下記のような注意喚起がなされているくらい(苦笑)。

f:id:cardmics:20161107132343g:plain

他のコンビニではそのままSuica払いが使えるアップルペイですが、ローソンではSuicaをわざわざ選択してからではないと使えないのでご注意ください。正直、ちょっと面倒くさいです。

追記:ローソンで改善された

追記です。ローソンでアップルペイは使いにくい…という不評が広まったせいかはわかりませんが、ローソン側がレジ横の電子マネー決済機を刷新し、アップルペイ払いが使いやすくなりました。

  • 従来:Suica利用時でも指紋認証が必要だった
  • 現在:Suicaをそのまま利用可能になった

詳しくは下記記事にまとめてあるのでそちらをご覧ください。

cards.hateblo.jp

中小飲食店ではクレジットカードのほうが早い:

最後にもうひとつ。比較的小規模なレストラン等では、残念ながらアップルペイは利用しないほうが無難です。

理由としては非常に単純で店側(店員など)がiD決済の方法をよくわかっていないことがまだまだ多いため*1。実際、レジにて「iD払いで!」と伝えても機械操作にモタついたり、店長を呼びに行く時間が必要になったりと、スムーズとはほど通り会計をされる可能性が高いので、多くの方がアップルペイを使い始め、店側にその「耐性」が出来るまでは控えたほうが良いかもしれません。

  • カードで支払い:店員の対応もスムーズ
  • iD払い(アップルペイ):店員がやり方を知らない

まぁそういう面も含めて、日本国内にもっとキャッシュレス決済を普及させていきたい…と思う方は、時間がかかるのを覚悟で使っていってもらえると私としても嬉しいなと思います。

アップルペイ関連記事まとめ:

参考までにアップルペイ関連の記事をいくつかまとめておきます。アップルペイ活用方法をもっと知りたいという方はご覧ください。

待受画面からアップルペイを呼び出す方法:

待受画面からアップルペイを一発で呼び出す方法を紹介した記事です。

実際に店頭でアップルペイを利用する場合にはこの作業すら不要で、ホームボタンに指紋認証登録をした指を乗せて支払いをすればOKです。

cards.hateblo.jp

アップルペイ利用で損するケース:

アップルペイを使うことでむしろ損してしまうケースについて。ビックカメラやJALマイルの特約店などでアップルペイを利用すると、ポイント獲得分を減らしてしまうことがあるのでご注意ください。

cards.hateblo.jp

アップルペイの関連キャンペーン:

アップルペイの関連キャンペーンをまとめた記事です。

アップルペイ開始をクレジットカード会社としても好機と思っているため、各社、魅力的なキャンペーンを実施してきていますよ。

cards.hateblo.jp

アップルペイの内蔵場所:

アップルペイを電子マネーリーダー等にかざす時は、だいたいどのあたりを近づければいいのか…ということを書いた記事です。内蔵場所がわかればあとはもうカンタンですね。

cards.hateblo.jp

アップルペイでのSuica利用について:

「アップルペイでSuicaを利用したいな…」という方に呼んで欲しい記事です。アップルペイでSuicaを使うからといって、新規にSuicaカードをどこかで作ってくる必要性はありません。

cards.hateblo.jp

以上、アップルペイを約2週間、使いまくってみた感想まとめ!これからアップルペイを利用する方のために、その使い勝手や問題点などを紹介します…という話題でした。

とりあえず現状、快適に使えるのはアップルペイ+Suicaの組み合わせだけなので、クレジットカード払いまでアップルペイでしようとは思わないという方は、まずはそちらから活用してみてくださいね。

参考リンク:

アップルペイに登録可能なクレジットカードはどれ?という方は、下記記事も参考に。アップルペイで使うとお得なカードを紹介しています。

cards.hateblo.jp

*1:中小の飲食店には主にiD決済が導入されていることが多いです。QUICPayが使えるチェーン店以外の飲食店は少なめです。