読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカード明細にBILL ITUNES COM名義の引き落とし有り。これって架空請求や詐欺なのかと心配な方に、その対処方法を解説。

支払い

Credit Card With Money Ver3

今回は『クレジットカード明細に見たこともない「BILL ITUNES COM」からの引き落としがあったんだけど、これって架空請求?』と心配している方のために記事です。

BILL ITUNES COMとはどこの支払いなのか、そして架空請求なのかの確認方法などなど、BILL ITUNES COMの引き落としに関連する情報をまとめましたので、心配な方は参考にしてもらえればと思います。

BILL ITUNES COMとは?

まず、BILL ITUNES COMとは何かというと、これは主にAppleのiTunes Storeであなたが支払いをした分の請求になります。最近、気になる音楽をダウンロードしたり、有料アプリをダウンロードした経験があるという方は、それで間違いありません。

  • BILL ITUNES COM=AppleのiTunes Storeからの請求

実際、BILL ITUNES COMという文字をよくよく見てみると、真ん中にちゃんとITUNES(アイチューンズ)という単語が入っているのがおわかりいただけるかと思います。頭文字を小文字にしたiTunesと書かれていないから、気付かなかったという方も多いのではないでしょうか?

BILL ITUNES COMになったのは2015年8月から:

ちなみにこの引き落とし名義が使われ始めたのは2015年8月から。

それまではiTunes Storeと印字されていたためにわかりやすかったんですが、BILL ITUNES COMに変更になったことで「架空請求なんじゃないか!?」と心配してしまった方は多かったみたいですね。

  • 2015年7月まで:iTunes Store名義での引き落とし
  • 2015年8月から:BILL ITUNES COM名義での引き落とし

130円とか240円とかの請求があがっていたら、『あっ、あの時の新曲ダウンロードの金額か…』などなど…と思っていただければOKです。決して不正請求ではありません。

iTunes Storeなんて使っていない場合は:

itunes gift card

ここまでで解決したのであればそれで良いのですが、人によっては『iTunes Storeでなんか支払いしてない!やっぱり架空請求なんじゃないか?』と、使ってもいない請求が来ているケースもあると思います。

この場合にはまず、iTunes Storeにおける購入履歴を確認するところからはじめてみてください。あなた自身にその覚えがなくても、あなたのApple IDを使っている子供や配偶者などの家族が、あなたに許可無く支払ってしまっている場合もあるためです。

  • 購入履歴を確認して身に覚えがあった:問題なし
  • 購入履歴を確認しても身に覚えがない:Apple側に確認を

また、別のApple IDにも同じクレジットカードやデビットカードをひも付けている…という場合にもこういった『不正請求じゃないのに不正請求っぽくなる請求』が来ることがあります。昔に使っていたアカウントで、年会費や定期購読料等が発生していないかについてもあわせてご確認ください。

尚、パソコンからiTunes Store購入履歴を確認する方法については、下記のApple公式記事を参考にどうぞ。もちろんお手持ちのスマホからでも購入履歴は確認できるので、とにかく自分でコンテンツを購入していないかどうかをチェックしてもらえればと思います。

架空請求や詐欺の可能性はありえる:

それでも尚、自分でなにも購入していない。不正請求だ!という場合には、即、Apple側に連絡を。ほんとうに不正請求であったのであれば、Appleがすぐに対応してくれるはずです。

また、下記のBILL ITUNES COMから50万円の請求が来たという方の記事も参考になるので併せてお読みください。

一体どのような流れで不正請求をキャンセルしてもらえるかの確認をしていただければと思います(こちらの方はクレジットカード情報が漏洩してしまった結果、iTunes Storeで不正にクレジットカード決済されてしまったようです)。

クレジットカードに、一回数千の請求で50数回、合計28万円の請求が来ていました。

以上、クレジットカード明細にBILL ITUNES COM名義の引き落とし有り。これって架空請求や詐欺なのかと心配な方に、その対処方法を解説…という話題でした。

参考リンク:

すでにクレジットカード代金として引き落とされてしまった後だった…という場合には、盗難保険の申請をして返金してもらう必要性があります。盗難保険ってなに?という方は、下記記事もあわせてご覧ください。

cards.hateblo.jp