読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

ブログを運営し続けて、株式上場することは可能なのか?経常利益が1億円を超えてくるようなら、理論上はブログでIPOも可能でしょう。

雑談 経済

Blog

人気ブログのひとつである『わかったブログ』を見ていたら、下記のような記事がありました。少し引用させていただきますね。

小手先で順位を上げようとせず、お客様のためになる商品や情報を、わかりやすく真摯に提供しつつ、安い経費ですむネットの利点を活かしながら、コツコツ利益を出し続ける。これからのSEOの姿そのものです。

着実に成長していけば、その先にチャンスが見えてくるのでしょう。(中略)近い将来「ブログで上場」のような話が出てくるかもしれませんね。

なるほど、確かにリブセンスのような企業はSEO対策で成功して株式上場までこぎつけましたが、今後、もしかするとブログ運営で成功して上場する…なんていう企業も出てくるのかもしれません。

内容が濃い記事を書き続けているブログなら、確かにそれもありそうな感じがします(実際、nanapiとか上場準備してそう)。

ブログ上場したいなら経常利益1億円以上?

仮にブログモデルで株式上場したいのであれば、売上10億円&経常利益1億円くらいは欲しいところ。PER20倍で考えて時価総額20億円もあれば、ジャスダックなら上場を承認してくれそうな気もします。

まぁ、それが難しければ虚業企業御用達の、名証セントレックスが拾ってくれるという期待も出来るのかも(笑)。こちらなら経常利益3,000万円くらいでも下手すると新規上場OKになるかもしれないので、やろうと思えばブログ上場はなんら問題がないのかもしれません。

ビジネスモデルなんて見せ方次第:

どちらにせよ、わかったブログで書かれている通り、そのうちブログのみで上場する企業は間違いなく出てくるはず。

アフィリエイトのみで上場した比較コムや、ヤフオク情報サイトであるオークファンのように、ビジネスモデルなんて見せ方次第でいくらでも魅力的に見せられるわけですから、可能性がないなんてことは絶対にありません。

そう考えたらもしかするとこの『クレジットカードの読みもの』だって、この先、上場の可能性があるのかもしれませんよ*1

以上、ブログを運営し続けて、株式上場することは可能なのか?経常利益が1億円を超えてくるようなら、理論上はブログでIPOも可能でしょう…という雑談でした。

この記事の関連記事

その他、株式投資や株式上場に関連する記事をいくつか並べておきます。興味がある記事があれば是非、併せて読んでみてください。

*1:ちなみに誰も期待していないとは思いますが、私自身は上場する気&上場させる気はゼロなので、その可能性はありません(サイト売却の可能性はゼロじゃないとは思いますが、私が書いてこそのクレジットカードの読みものなので、誰も買わないでしょうね(苦笑))。