読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカードの作り方をわかりやすく徹底解説!パソコンや携帯電話で申込する方法から、紙の申請書を使ったカードの作り方まで。

入門ガイド

http://www.flickr.com/photos/71401718@N00/5582186621

photo by Wonderlane

クレジットカードを作りたい!と思いたっても、初めてクレジットカードを作るという方にとっては、どこでどう申し込んで良いのかわからないもの。

そこで今回の記事では、クレジットカードを入手するにはどうしたら良いのか?という作り方について、詳しくまとめてみました。これからはじめてカードを作ろうと思っている方は是非、この記事を通してカードの作り方を覚えてもらえれば幸いです。

クレジットカードの作り方まとめ:

1.インターネット経由で申込:

クレジットカードを作る方法として一番簡単なのは、パソコンやスマートフォンを利用して申し込む方法です。

自分が作りたいクレジットカード会社のウェブサイトに行けば今やどこの会社でも入会フォームが設置されているので、それにしたがって氏名や住所などの個人情報を入力していけばクレジットカード申込が完了する流れとなります(下記ページなどから申込可能)。

ネット申込のメリットとデメリットは?

インターネット申込のメリットとしては作りたいクレジットカードを自分で選んで作ることが出来ること、クレジットカード発行までの時間が早いことなど多数。

この記事をパソコンやスマホから読むことができている方なら、この方法を選べば間違いありません。

  • メリット:好きなクレジットカードを申込できる。インターネット経由なので簡単。
  • デメリット:申込時に疑問があっても、その場で解決しにくい。パソコンやスマホ操作に慣れていない人には難しい場合も。

尚、クレジットカードを作るまでにかかる時間はだいたいパソコンからの申込であれば10~15分程度、スマートフォンからの申込でも15~20分もあれば完了するので、昼休みや電車の中などから申込してもらえればと思います。

2.店頭でカードを申し込む:

インターネット経由でクレジットカードを申し込むのはちょっと心配だ…という方は、店頭でクレジットカードを作ってみてください。

たとえばデパートやスーパーマーケット、ディスカウントストアなどでは常にといっていいほどクレジットカード会社のスタッフがうろうろしているので、こういった場所に行って『クレジットカードを作りたいんですけど…』と言えば、簡単にカードを申し込むことが出来ます。

店頭カード申込のメリット・デメリットは?

但し、作ることが出来るクレジットカードはその場のスタッフが勧誘している種類のみとなりますので、選択肢の幅はかなり狭いと言えます。たくさんの種類の中から自分好みのクレジットカードを探したいという方には不向きな方法だと言えるので、この点はお気をつけください。

  • メリット:目の前のスタッフに、いろいろと聞くことが出来る
  • デメリット:デパートなどのクレジットカードしか作れない。選択肢の幅がないため、不要なカードを作ることにも。

また、店頭申込よりもインターネット経由で申込をしたほうが入会特典(商品券やポイント)などが多い傾向も。

カード会社としても人件費がかかっている分、店頭申込にはあまりメリットを付けられないというのが実情なのかもしれません(入会キャンペーン実施中のクレジットカードは下記記事にて)。

cards.hateblo.jp

3.入会用紙を使って申し込む:

3つ目はファミレスや小売店などに置かれている、クレジットカード入会用紙を利用してカードを申し込む方法です。

一番アナログな方法で且つ、申込をするクレジットカードの選択肢が乏しいので、現在ではあまりお薦めしない方法ですね(このサイトを閲覧できている方であればネット申込のほうが楽なはずです)。

  • メリット:メリットらしいメリットはなし。
  • デメリット:選択肢が少ない、誤字脱字が多くなりがち、審査が遅くなりがち…など、デメリットは多い。

また、紙の申請書を郵送したり、銀行口座登録の手続きが必要になったりと、入会用紙を使った申込はとにかく時間がかかるカード作成方法でもあります。『どうしてもボールペンを使って申込用紙を書きたいんだ!』という方以外は、他の作り方を参考にするようにしてください。

4.銀行に行ってカードを申し込む:

メガバンクにかぎらず、地方銀行であっても大抵、クレジットカードを発行しているもの(実際に発行しているのは子会社なことが多い)。そのため、自分のメインバンクにいってクレジットカードを作ることも一つの方法です。

社会人になったタイミングで銀行口座とともにクレジットカードを作りたいという方には、一石二鳥な方法になるのでこれはこれでアリですね。

  • メリット:目の前でいろいろとカードについて教えてくれる。銀行発行なので安心感がある。
  • デメリット:銀行のカードしか作れない。カード自体に魅力が乏しいことも多い。

反面、この方法では銀行発行のクレジットカードしか作ることが出来ないのがデメリット。銀行系のクレジットカードは総じてお得度は低いので、クレジットカードでポイントを貯めたいとか、年会費が無料のクレジットカードがほしい…という方には不向きだと言えます。

会社や友人との付き合いでカードを作るのは?

クレジットカードを作ったことがないのだけれども、会社や友人との付き合いでクレジットカードを作って欲しいと頼まれている…という場合には、作成しても大丈夫なのでしょうか?

これについてはもちろん問題なし。それらの人たちとの付き合いを優先したいのであれば、年会費などの諸費用を確認の上、作ってしまってもOKでしょう。

但し、世の中には「名義貸し詐欺」といって、クレジットカードを代理で作ってくれたら謝礼をあげるよ…といった詐欺に巻き込まれることも。モニターでカードを作って欲しい、カードを代理で作ってくれたら○万円あげる…といった話には、絶対に乗らないようにしてください。下手すると詐欺に加担してしまうことになるだけでなく、100万円以上の借金を背負うことにも繋がりますよ(詳しくは下記記事にて)。

カード申込に役立つ情報まとめ:

あと、参考までにクレジットカード作成において役立つ情報もいくつか紹介しておきます。カードを作るのに必要な書類はなに?といった疑問をお持ちの方はこちらも参考にどうぞ。

カードを作るために必要なもの:

クレジットカード申込に必要なものの一覧リストです。運転免許証やマイナンバーカードなどなどの身分証明書から、銀行印などの必需品をわかりやすくまとめているので、申請前にはこれらのものを用意した上でカード申込してくださいね。

cards.hateblo.jp

カード作成にかかるお金まとめ:

クレジットカードを手に入れるために必要なお金をまとめた記事です。発行費、郵送費、年会費、更新費、解約費などなど、様々な手数料がクレジットカードまわりにはあるので、「カード作成ってお金がかかるんじゃないの?」と思っている方は参考にしてもらえればなと思います。

cards.hateblo.jp

初心者が抱えがちな誤解:

クレジットカードを作ろうかなと思っているけれども、まだちょっと踏ん切りがつかない…という方に向けた記事です。クレジットカードを作ったことがない方が、勘違いしていがちなことをまとめてあるので参考にしてみてください。

cards.hateblo.jp

さぁ、クレジットカードを作ろう:

http://www.flickr.com/photos/101164847@N04/10270469144

photo by European Parliament Technology - DG ITEC

ここまでクレジットカードの作り方を4つほど、紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

まぁ、さまざまな作り方はありますが、基本的には1つ目のインターネット申込が今や主流。そのため、クレジットカードを作るのであればまずは『自分がどのクレジットカードが欲しいのか?』を見つけるところからはじめてみてくださいね(いくつか人気なクレジットカードの選び方を、参考までにあげておきます)。

以上、クレジットカードの作り方をわかりやすく徹底解説!パソコンや携帯電話で申込する方法から、紙の申請書を使ったカードの作り方まで…という話題でした。

参考リンク:

どのクレジットカードを選べばいいのかわからない!比較方法を教えて!…という方は、下記記事もあわせてどうぞ。クレジットカードを選ぶ上での基準を初心者の方にもわかりやすく紹介していますよ。

cards.hateblo.jp