読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカード申し込みに必要なもの一覧リスト!身分証明書から引き落とし用の銀行口座まで、必要書類をわかりやすく解説しています。

Online Shopping

今回はクレジットカードを申し込む時に、必要なものがわからない…という方のために、作成時に必要なものを一覧リストにしてみました。これらを準備しておけば初めてのクレジットカード作成であっても簡単に申込可能ですよ!

クレジットカード申込時に必要なものリスト:

1.身分証明書:

クレジットカード作成の際には、カード申込をしたのがその本人であるかどうかを確認するための身分証明書が必要になります。

一般的には運転免許証のコピー(裏表)があれば問題ありませんが、仮に運転免許証がない場合でも下記のものであれば代用も可能です。

  • 運転免許証(これがベスト)
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 住民票の写し
  • 住民基本台帳カード(写真付きであれば)
  • 外国人登録証(日本国籍ではない場合)

他、例えば学生証や国際免許証などでも氏名や住所が確認できる場合はありますが、基本的には上記以外の身分証明書では受け付けてくれないことが多いです。

また、健康保険証などでは顔写真の確認が取れないからと、追加で公共料金の領収書などを求められることもあります(その住所に住んでいることを確認するため)。写真付きの身分証明書がないという方は、あらかじめ東京電力や東京ガスなどの検針票を用意しておきましょう。

2.カード代金の引き落とし口座:

クレジットカードを利用した場合には、その代金を後日まとめて支払う必要性があるため、カード代金の引き落とし用口座も必要になります。大抵は銀行口座か郵便貯金口座ですね。

  • 銀行口座(都市銀行、地方銀行、信用金庫など)
  • 郵便貯金口座

但し、銀行口座は銀行口座でも、残念ながら楽天銀行や住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行などのネット専業銀行に対応していないクレジットカードも多いです。

ネットバンクしか銀行口座を保有していないという方は不便かもしれませんが、メガバンクや郵便貯金などで口座開設をするか、楽天カードなどのネットバンクからの口座振替OKのクレジットカードを選ぶようにしてください(楽天カードの公式サイトはこちら)。

3.引き落とし口座の銀行印:

最後に必要なのが2番目の引き落とし口座に登録している銀行印です。この印鑑がないとクレジットカードを作ることは出来ません(稀に他人の銀行口座を指定してしまう人がいますからね、それを防ぐ意図有りです)。

『この指定口座は私の銀行口座です!』ということを確認するためにも、銀行印が必要になりますので、もし紛失などしてしまって手元にないという方は、銀行にいって予め手続きをしておくようにしてください。

仮に捺印した銀行印が登録されている銀行印と違う場合には、クレジットカードの入会審査で落とされることになりますよ。

印鑑が不要なケースも:

尚、最近では印鑑不要で作れるクレジットカードも増えてきました。

下記記事に代表的なクレジットカードをまとめておいたので、印鑑をなくしてしまった方や、そもそも銀行口座開設時に印鑑を登録していないという方はそちらをご覧ください。

cards.hateblo.jp

4.(未成年の場合は)保護者の同意:

クレジットカード申込時に必要なものについては上記3つのみですが、現在、18歳や19歳といった未成年の方の場合は、保護者の同意が必要になります。

  • 20歳未満:未成年は保護者の同意が必要
  • 20歳以上:自分の意志でクレジットカードを作れる

この場合、保護者の印鑑も別途必要になりますので、未成年の方がクレジットカードを作りたいのであれば予め両親などに相談しておくようにしてください。20歳以上の方の場合は当然、不要ですね*1

戸籍謄本も住民票も必要ない:

クレジットカードを初めて作る方の場合には、カード作成に住民票や戸籍謄本が必要なんじゃないか?…と思われている方も多いのですが、実際にはそんな仰々しいものは必要ないので安心してください。

銀行口座の新規開設同様、クレジットカードなんてサクッと作成することができますよ(15枚保有している私が言うんだから本当です)。

クレジットカード作成Q&A:

question mark

更に理解を深めるために、クレジットカード作成に関するよくある質問とその答えを作っておきました。カードを作ることにまだ不安がある…という方は参考にしてみてくださいね。

Q.コンビニ払いは出来ないの?

クレジットカードの利用代金を銀行口座からではなく、コンビニ払いしたい…という方は、コンビニ店頭で利用代金の支払いが可能なファミマTカードがおすすめ。

ファミリーマート店頭でお支払いいただける「店頭支払いコース」と、登録の金融機関から毎月1回の自動引落しの「口座引落としコース」の2種類がございます。

こちらであればコンビニ店頭で代金の支払いが可能になるので、日々、立ち寄ることの多いコンビニで都度都度、返済をしていくことが出来ます。

金利手数料が発生するカード:

但し、ファミマTカードはリボ払い専用のクレジットカードなので、毎月の支払い金額を多めに設定しておかないと金利手数料が発生。

正直、よほどお金に困っている方ではないと作る必要性はないと思うので、どうしてもコンビニ払いしたい方以外は、楽天カードや三井住友VISAカードといった銀行口座振替されるクレジットカードを作成したほうが良いでしょう。

Q.銀行印がどうしても思い出せない:

クレジットカードを作りたいのだけれども、銀行印がどうしても思い出せない…という方は、前述のように銀行印不要で作ることが出来るクレジットカードを選ぶのも手。

これらのクレジットカードは大手メガバンクやネット銀行と提携しているため、そのログインIDとパスワード、暗証番号等を入力することで本人確認が出来るからです。

  • 通常のカード:銀行印で本人確認
  • これらのカード:IDやパスワード、暗証番号で本人確認

むしろ銀行印で本人確認する時代ではもはや失くなりつつあるので、しっかりクレジットカード会社に本人確認してもらおうと思うなら、これらのクレジットカードを作るのが無難かもしれませんね。

cards.hateblo.jp

Q.運転免許証って有効期限が切れてても大丈夫?

運転免許証や健康保険証は手元にあるんだけど、その有効期限が切れちゃっているんだ…という場合には、本人確認書類として有効なのでしょうか?

これは残念ながらNO、身分証明書として使うことは出来ません。そもそもクレジットカードが郵送されてくる際には、郵便局員なりクロネコヤマト配送員などに身分証の提示をすることになるので、そこで大抵、指摘されてしまうことになるでしょう。

また、身分証は提示するだけでなく、配送会社側で運転免許証番号等をメモられてしまうので、その場はうまく乗り切れたとしても、後々、問題視されるケースも。

このように有効期限が切れた身分証明書は使って得することなど一つもないので、クレジットカードを作りたいならきちんと再取得するなどして、対応してもらえればなと思います。

さぁ、クレジットカードを作ろう:

Running by Coolidge Corner

長々と書いてきましたが、基本的に必要なものは自分の身分証明書と銀行口座、そしてその印鑑だけ。ほとんどの方がなんの準備もしなくても、手元にあるものばかりではないでしょうか?

初めてのクレジットカード作成ってなんとなく緊張するものですが、こんな感じで必要なものなんてほんの僅か。是非、あまり身構えずにカードを作ってみてください。きっと驚くほどあっさりと、カードを入手することが出来ると思いますよ。

以上、クレジットカード申し込みに必要なもの一覧リスト!身分証明書から引き落とし用の銀行口座まで、必要書類をわかりやすく解説しています…という話題でした。これから初めてカードを作るという方は、初心者向けに書いた下記記事もあわせてご覧いただければ幸いです。

参考リンク:

当サイト「クレジットカードの読みもの」では日々、クレジットカードの最新情報からお得なポイントのため方などを紹介していますので、興味がある方はブックマークなどをするなどして、また読みに来てくださいね。

cards.hateblo.jp

*1:大学生や専門学校生など、親に支援してもらっている立場の人間でも、20歳以上になれば自分の意思だけでクレジットカードを作ることは可能です。ご安心ください。

PAGE TOP