読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

日本国内でもっとも支払いで使われているクレジットカードはどれ?カード会社別のショッピング取扱高ランキング2014年版を紹介。

大手クレジットカード発行会社のひとつである「クレディセゾン」の決算説明会資料(2015年度)に、クレジットカード会社ごとのショッピング取扱高ランキングが掲載されていたので今回はそれを紹介してみたいと思います(決算説明資料はこちら)。

日本国内ではどのクレジットカードがもっとも使われているのか、そしてどのクレジットカード会社が今、急成長中なのかといった情報がよくわかる統計になっているので、興味がある方は是非、ご覧ください*1

カード会社別ランキング2014年版:

早速、決算説明会資料にあった、「カードショッピング取扱高(イシュアーベース)」の円グラフを紹介させてもらいます。『当社G』と書いてあるのは、クレディセゾン本体とグループ会社発行のクレジットカードを含めた数値ということですね。

f:id:cardmics:20160710130837g:plain

見難い方のために、取扱高ランキングを文字起こししておきます。

  1. クレディセゾン:15.7%
  2. 三井住友フィナンシャルグループ:15.0%
  3. 三菱UFJフィナンシャルグループ:14.6%
  4. イオンフィナンシャル:8.9%
  5. 楽天カード:8.1%
  6. JCB:7.9%
  7. トヨタファイナンス:5.8%
  8. VIEWカード:3.5%
  9. オリコ:3.5%
  10. MIカード:2.3%
  11. エポスカード:2.3%
  12. セブン・カードサービス:1.5%
  13. アプラス:1.5%

セゾンカードがランキング1位:

クレディセゾン側の資料によると、カードショッピング取扱高ランキング1位は見事、クレディセゾンが獲得したようです。

次いで三井住友VISAカードやセディナカードを持つ三井住友フィナンシャルグループが2位、ニコスカードやDCカードで有名な三菱UFJニコスを持つ三菱UFJフィナンシャルグループは3位という結果になりました。

これにJCBや、もはや銀行系のクレジットカード会社であるオリコを加えると、日本国内でクレジットカード払いされた金額の半分以上は、3大メガバンクである三菱UFJ、三井住友、みずほのどこかしらの影響を受けていることになりますね(クレディセゾンはみずほに近いカード会社)。

急成長中の楽天カード:

次に注目したいのが楽天カードの比率の高さ。

今回紹介した統計は2014年のものですからね、2015年、2016年の統計が発表される頃には、もしかするとメガバンクに匹敵するほどの取扱高になっている可能性も高そうな感じです。

実際、2013年の統計については下記記事にて紹介していますが、1年前にはわずか6.4%しかなかった比率が2014年の統計では8.1%に増加。たぶん次の統計が発表されるときにはイオンカードの取扱高を抜いてくることでしょう。

cards.hateblo.jp

ランキングデータに関する補足:

Invoice payment button

最後に統計データに関する補足をいくつかしておきます。

まず、今回の円グラフはあくまでクレディセゾンが作ったもの。そのため、正直なところクレディセゾンを1位にするために様々な工夫がされている感は否めません。

実際、三菱UFJニコス関連の地銀FCを加えると三菱UFJニコスがランキング1位になる可能性もありそうなので、そのあたりは上手だなーと思いますね。まぁクレディセゾンは落ちたとしても僅差の3位までなので、業界トップクラスであることには変わりがありません。

JCBの比率が低いのことも理由あり:

また、JCBの比率が低いのは前述の地銀FCの売上が含まれていないこと、そして海外発行分の利用高も別にされてしまっているため。実際にはもう少し高く、10%をちょっと超えるくらいの比率はあることでしょう(それでもだいぶ、落ちては来ちゃいましたね)。

以上、日本国内でもっとも支払いで使われているクレジットカードはどれ?カード会社別のショッピング取扱高ランキング2014年版を紹介…という話題でした。クレジットカードを作るなら大手発行会社で…と思っている方は、こういった統計を是非、参考にしてみてくださいね。

参考リンク:

当サイト「クレジットカードの読みもの」がおすすめしているクレジットカードについては、下記記事をご覧ください。大手カードの中からおすすめのクレジットカードを厳選しています。

cards.hateblo.jp 

*1:今回の決算説明資料は2016年5月に発表されたものですが、統計自体は2014年度のショッピング取扱高ランキングになっています。『えっ、2014年ってちょっと古くない?』と思われるかもしれませんが、これでも最新の統計データなのでご了承ください。

PAGE TOP