読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

カード払いか現金払いか、あとがき。併せて今回の話題に対して言及してくれた、経営者やカード利用者の記事を紹介します。

雑談 支払い

Credit Card With Money Ver3

ここのところ現金払いやクレジットカード払いの是非についての記事をいくつか書かせていただきましたが、これらの記事に対してだいぶ大きな反響を頂けたようでほんとうに有り難うございます。

まぁこの現金払いかカード払いかの話題というのはみなさん主義主張があるようで、書く度にいろいろな意見をいただけるのは助かる限り。普段、滅多にコメント欄を読まない私も、今回ばかりは自分自身の見地を広めるためにもしっかり読ませていただきました。

そこで今回は「カード払いか現金払いか、あとがき」と題して、今回の話題に関連する情報を紹介させていただきます。コメント欄では短すぎて記事にしてくれた方も多かったので、そういったものも併せて紹介させていただきますね。

言及してくれた記事まとめ:

まずはクレジットカード払いか、現金払いかという話題について、言及してくれた方の記事の紹介からです。

経営者目線でのカード決済:

私のように消費者側の目線ではなく、経営者目線でのクレジットカード決済について書いてくれています。カード払いをされることについて経営者がどう思うか気になる方はご覧ください。

www.kikkafe.nagoya

日本は現金払いが主流というデータ:

日本では現金払いがまだまだ主流だよ…というわかりやすいデータを掲載してくれました。こうアメリカやイギリス、韓国などと比べると、日本は現金払いを使う方が圧倒的に多いことがわかります。

hazakurakeita.hatenablog.com

現金払いのほうが管理がしやすい:

クレジットカードと現金それぞれのメリットデメリットについてまとめてくれています。箇条書き形式なのでちょっと読みにくさはありますが、よく業界の事情を知ってる方だなーという印象を持ちました。

d.hatena.ne.jp

岩手のとある酒屋のお話:

岩手県のとある酒屋ではクレジットカード払いを嫌がられる…という話を書いてくれました。8%も手数料を取られているのは、カード会社との加盟店手数料交渉をしていないだけの話なんですが、その結果としてお客さんに嫌な顔をするというのは経営者失格ですね。

www.soumushou.com

現金払いとカード払いの中間:

クレジットカード払いが怖いなら、プリペイド式のカードを使ったらどうか?という提案をしてくれている記事です。確かにLINE PAYなら自分で入金した分までしか使えないので、使いすぎが怖い方にもおすすめですね。

note.mu

自分と違う意見を知るキッカケになった:

ここからは私のあとがきです。

今回、私が現金払いを使っている友人にいろいろと聞いてみたのは、記事中にも書いた通り、自分と違う意見を持っている方の理由を知りたかったため。

まぁ私はこういったクレジットカードの情報サイトを運営している以上、どうしてもクレジットカード派や電子マネー派になってしまうところなので、そのあたりの反対意見を知りたかったというのがその理由ですね*1。おかげ様でその友人からだけでなく、様々なコメントをいただくことが出来たのは宝です。

日本はまだまだ現金社会:

その上でまだまだ日本は現金社会なんだな…と思わされた結果にもなりました。

クレジットカードは怖い、現金払いのほうがお金の管理がしやすい…などなど、実にいろんな意見があるもんだなーと思ったのが正直なところ。中には知識が不足しているゆえの誤解もありましたが、そういう点を含め、もっとお金について考えてもらう機会を作っていかないといけないんだろうなとも思います。

現金払いについても深掘りしていきたい:

加えて私もちゃんと、現金払いならではのメリットをもっと学ぶべきなんだろうなとも思いました。

例えば今回わかったのは、財布の中を銀行口座のようにして生活費を管理している人もいるのだという点。『今月の生活費は5万円だ』と5万円を財布の中にいれ、残っているお金を見て残高管理をするという手法は、昔からカード払いの私には想像もつかなかったものです。非常に参考になりました。

こんな風に自分の得意ジャンル以外の知識というのは浅くなりがちなので、今後は現金払いについても深掘りしていきたいものですね。頑張ります。

運転手に手数料を負担させるタクシー会社について:

運転手にクレジットカード加盟店手数料を払わせるタクシー会社についていろいろな意見がありましたが、個人的にこれについてはなんとも言えないな…というのが本音。…というのも、タクシー会社と運転手との契約がどんな風になっているかがわからないためです。

当該記事でも書きましたが、運転手がカード手数料を負担しているのか、それとも単純にカード利用分だけ売上が減るのかのどちらかによるのかなと。

後者の場合には食べログやぐるなびのクーポンと一緒で、クレジットカードを使われるとタクシー会社としては実質、売上額が減ることになるので、「利益のうち○%を歩合として払う」という契約を運転手としているのなら納得かもしれません*2

反面、タクシー運転手への給与からクレジットカード加盟店手数料を天引きするような雇用契約なら、ブラック企業確定ですね。

好きな支払い方をすればいい:

Credit Crunch

最後に私個人に言わせて貰えれば「クレジットカード払いや電子マネー払いは便利で最高」になりますが、別にそれを現金払いの方に押し付けようとは思いません。

当該記事の中でも書かせていただきましたが、電子決済への切替が必要であればそうすればOK。現状の日本だとそういった切替が急務になっていない以上、現金払いが主流なのも当然でしょう(カード会社等の努力不足です)。

お金に興味があるならまた是非:

今後も当サイト「クレジットカードの読みもの」では、クレジットカードやデビットカード、電子マネーといったさまざまなお金に関する情報を発信していくので、興味がある方は是非ブックマークやRSS登録するなどしてまた読みに来てください。経済や金融に関する最新ニュースもどんどん紹介していきますよ(昨日公開の記事はこちら)。

以上、カード払いか現金払いか、あとがき。併せて今回の話題に対して言及してくれた、経営者やカード利用者の記事を紹介します…という話題でした。また1年後くらい、同様の話題を出した時にどんな変化があるかにも注目していきたいなと思います。

参考リンク:

この機会にクレジットカードのことを勉強してみよう…と思った方は、下記記事もあわせてどうぞ。クレジットカードの基礎知識について詳しく解説しています。

cards.hateblo.jp

*1:ポジショントークだろ!なんてコメントも頂きましたが、私はクレジットカードを推進したい立場なので、どうしてもカード払い寄りの内容になります。

*2:売上が1万円あったけど、割引クーポンを使われたので9,000円になってしまった。さて、給与は1万円を基準に算出すべきか、それとも9,000円を基準にすべきか…という話です。