読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

個人信用情報機関であるCICに記録されている、入金状況に関する記号を解説!ドルマークやAマークにはどんな意味がある?

Credit Score

今回はちょっとマニア向けな内容ではありますが、個人信用情報機関であるCICに記録されている、入金状況に関するマークを紹介していってみたいと思います。

個人信用情報上にあるドルマークやAマークにはどんな意味があるのか…ということがわからない方は、是非、この記事を参考にしてみてくださいね。

信用情報開示報告書の入金状況はこう見る:

まず、CICなどの個人信用情報機関から信用情報開示報告書を取り寄せた際、入金状況がどこに記載されているのか…というのは下記図を参照に。

基本的にいわゆる「クレヒス(クレジットヒストリー)」は、この入金状況の部分がほとんどなので、自分に信用力があるかどうかを確かめたいなら下記、赤線の枠内をチェックしましょう。

f:id:cardmics:20161124181331g:plain

ちなみに上記は私が保有しているビックカメラSuicaカードの利用状況ですが、ご覧いただいたようにドルマーク($)がすべての月に記録されているのがおわかりいただけるかと思います。

入金状況に関する記号解説:

ではこのドルマークを始め、この入金状況の欄にはどのような記号やアルファベットが記録されるのでしょうか?わかりやすく表にまとめてみました。

記号マーク解説
$(ドルマーク) 請求どおり(もしくは請求額以上)の入金があった 
P 請求額の一部が入金された
R 名義人以外からの入金があった
A 利用者側の都合で、約束の日に入金がなかった(未入金)
B 利用者側の都合とは無関係の理由で入金がなかった
C 入金されていないが、その原因がわからない
-(ハイフン) 請求もないし入金もない
空欄 クレジットカード会社による登録なし

つまり私の信用情報開示報告書にドルマークが並んでいるのは、毎月、ビックカメラSuicaカードの利用があってその代金を正しく払っていますよ…ということ。

これを他クレジットカード会社の審査部門の人間が見れば、『おお、この利用者は毎月カードを使ってくれるし、しっかり遅延なく支払いをするような優良顧客に違いない』となります。

AやPが並ぶと不良顧客:

反面、信用情報開示報告書にAやPが並んでいるような場合には、著しく金欠で返済が出来ていない方か、もしくはクレジットカード会社との契約を無視して支払いを踏み倒している…ということに。

こういう記録が個人信用情報機関に残ってしまうと、その後はどのクレジットカードを申し込んでも審査落ちしてしまうことになりますし、住宅ローンや自動車ローンを組むことが出来なくなります。これがいわゆるブラックリスト入り…というやつです。

尚、BやCのマークについては基本、見ることはありません。

たぶん銀行が破綻してしまって入金がされなかったとか、巨大地震などの天災で入金ができなかった場合などに付けられる可能性があるんだとは思いますが、IT化が進んだ今の時代ではその可能性すらも非常に低いことでしょう。

アメックスなど付けてくれないカード会社も:

あと、前述のビューカードのように、クレジットカードを支払いで使ってきちんと支払日に払うことでドルマークを積極的に付けてくれるカード会社もあれば、ドルマークだけでなくハイフンすらも記録してくれないアメックスのようなカード会社もあります。

実際、アメックスの分の信用情報開示報告書を見てみると下記のような感じ。私は毎月、しっかりとアメックスを支払いに使い、遅延なく銀行振替しているにも関わらず、ドルマークが一切ない状況が続いています。

f:id:cardmics:20161124183856g:plain

では、だからといってアメックスを使うのは信用力アップに繋がらないのか…というとそんなことはありません。ドルマークがあるかどうかがクレヒスの良し悪しを決める全てではないので、これはこれでOKなのですね(他のカード会社は「アメックスとはそういうもの」と判断してくれる)。

以上、個人信用情報機関であるCICに記録されている、入金状況に関する記号を解説!ドルマークやAマークにはどんな意味があるのか…という話題でした。

参考リンク:

過去のクレジットカードの利用方法が悪く、信用情報にAがPが並んでしまっている…という方は、下記記事などを参考にして信用力アップを狙いましょう。この他にもソフトバンクやauなどの携帯料金を遅延なく払うなども、効果的ですよ。

cards.hateblo.jp

PAGE TOP