読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカードの仕組みを理解しないまま、社会人になってしまった方へ!超初心者向けに、カードの仕組みをわかりやすく図解。

http://www.flickr.com/photos/65778504@N03/13030134983

photo by Pure Metal Cards

今回は超初心者向けに、クレジットカードの仕組みを画像で作ってみました。クレジットカードのことをよくわからないままに社会人になってしまった方は、是非、超入門情報としてこれらを参考にしてもらえればと思います。

なお、図解で作る都合上、例外などの情報は排除しています。更に詳しくクレジットカードのことを知りたいのであれば是非、当サイト『クレジットカードの読みもの』を購読してみてくださいね。日々、カードに関する情報を発信していますよ。

解説を読む前に:

  • 男性のイラスト:消費者である私達です。
  • コンビニのイラスト:カードが使える場所です。
  • ビルのイラスト:カードを発行している会社です。

クレジットカードの仕組みを図解:

まずはみなさんがクレジットカードをお店で使った時の、お金の動きです。

f:id:cardmics:20150210083820g:plain

クレジットカードを利用されたお店は、クレジットカードを発行している会社に対してその代金を請求しているのですね。

  • 例:私達がお店で1万円の買い物をしたら、お店はカード会社に対して1万円の支払いを請求する。

クレジットカード代金回収の仕組み:

私達がクレジットカードを利用した分のお金は、後日、カード会社に支払いをしなくてはいけません。だいたい30日分…といったように、一定期間の間にカード払いされた金額を、まとめて請求するのが普通です(都度都度、請求はしない)。

f:id:cardmics:20150210090904g:plain

みなさんからお金を集めて支払い:

その後、みなさんからお金を集めたカード会社が、カードが使われたお店側に対して責任をもって支払いしているのですね。

f:id:cardmics:20150210084027g:plain

尚、実際にはカード会社はみなさんからお金を集めるよりも先に、お店側に先に支払いをしてしまう場合が多いです。

カード会社があるからこそ仕組みが成り立つ:

このように、クレジットカード会社が責任をもってお金の管理をしているからこそ、現金ではなくクレジットカードを使って買い物が出来るわけ。

そうじゃないと普通、お店でいきなりプラスティックで出来たカードを出して『これで食品を買わせろ!』なんてゴネたところで、お店は商品を販売してはくれませんよね(苦笑)。カード会社に信頼があるから、お店はカードを出したお客さんにも商品を販売してくれるのです。

お店の立場:

f:id:cardmics:20150210084512g:plain

プラスティックで出来たカードで支払いを受け付けても、クレジットカード会社が責任をもって支払いをしてくれるから…という安心感があるからこそ、クレジットカードで支払いをさせています。

私達の立場:

f:id:cardmics:20150210084536g:plain

クレジットカード会社と『ちゃんと利用した分のお金は支払うから』という契約を交わすことで、クレジットカードを発行してもらっています。クレジットカード会社は信用に値する人にだけカードを発行し、自由に支払いに使わせているのですね(信頼に値する人かどうかを判断するのが、カードの入会審査です)。

カード会社の立場:

f:id:cardmics:20150210084556g:plain

クレジットカード会社はカード利用者とお店(加盟店と呼びます)の両方をつなげることで、クレジットカードの仕組みを成り立たせています。カード会社が存在しないと、ただのプラスティックで出来たカードにはなんの価値もありません。

カード会社はどうやって儲けているの?

次にクレジットカード会社はどうやって儲けているの?というビジネスの仕組みを初心者向けに解説してみたいと思います。ざっくりと解説すると、こんな動きになります。

f:id:cardmics:20150210085227g:plain

それぞれ、解説していきましょう。

お店の立場:

f:id:cardmics:20150210085302g:plain

お店側の立場としては、クレジットカードの利用OKにすると、カード払いが好きなお客さんを集めることが出来たり、高額商品が売れやすくなるというメリットがあります。

反面、お店はクレジットカードを使われるとカード会社に対して加盟店手数料と呼ばれる手数料を払う必要性があります(実際にはカード会社からお金が振り込まれるタイミングで、手数料が差し引かれる)。

カード会社の立場:

f:id:cardmics:20150210085455g:plain

カード会社はお店に対してお金を振り込む際に、手数料を差し引いた金額を振込します。この差額分がカード会社の利益、ビジネスの仕組みです。

そして手に入れた手数料の一部を、みなさんに対してポイントとして提供することで、『クレジットカードを利用するとポイントが貯まる』という魅力につながっているのですね。 

私達の立場:

f:id:cardmics:20150210085740g:plain

ここまで読んでもらってわかったように、私達は『クレジットカードを使うとポイントがもらえる!』という大きな節約メリットがあるために、クレジットカードをどんどんお店で使います。

そうするとお店の売上も増えるし、カード会社も利益が出る…といったように、3者それぞれにメリットがある。これがクレジットカードがここまで社会に普及した理由でもあります。

仕組みがわかればもう安心:

ここまで仕組みがわかれば、超初心者は卒業。たぶんクレジットカードってなぜ手数料不要でポイントがもらえるの?とか、カード会社はどこで儲けているの?とか、そういう初歩的な疑問は十分に解決できたと思います。

更に詳しく知りたい…という方は、下記の初心者向けのカードを紹介している記事にも、目を通してみてください。クレジットカードを作ったことがない方向けに、その詳細を説明していますよ。

以上、クレジットカードの仕組みを理解できないまま、社会人になってしまった方へ!カードの仕組みを初心者向けにわかりやすく図解…という解説でした。ちょっと作るのが面倒ですけど、たまにはこういう図解による説明も頑張ってみたいと思います(1時間弱で作れはしました、はい)。

PAGE TOP