読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカードが割れてしまったり、折れてしまった場合にはどうすべきか?カード破損時の対処方法をまとめてみた。

cut the card

クレジットカードを長く使っていると起きてしまいがちなのが、クレジットカードそのものが割れてしまったり避けてしまったりするなどの破損。

通常であれば5年程度の利用では壊れない耐久性を持つクレジットカードも、利用頻度が多い方やクレジットカード決済端末の不具合などで破損してしまうことはよくあることなんです。決して珍しいことではありません。

破損してしまったらどうすべきか?

では、仮にクレジットカードが破損しまった時にはどうすべきか?というと、これは残念ながらカード会社にお願いして交換してもらう道しか残されていません。

まぁ接着剤やテープなどで無理やり修復できないこともないのですが、破損しているクレジットカードをATMなどの機械に挿入してしまうと、中から出てこないで機械を壊してしまう…なんてこともありえるので注意ください(カード破損を自覚した上で使っていた場合には、損害賠償沙汰になる可能性もあります)。

  • カードが割れてしまったら、素直にカード会社に交換してもらおう

交換方法は電話で相談:

クレジットカードを交換してもらうための方法は、クレジットカード裏面に記載されている電話番号に連絡を入れること…これだけです。

破損時の交換についてもインターネット上の会員画面で出来ると良いのですが、大抵のクレジットカード会社ではそのような稀な対応のための項目を用意していないので、割れてしまったら素直に電話で相談したほうが早いと思います。

この際、再発行手数料が取られるケースと取られないケースがありますが、原則、利用者側に落ち度があるかどうかが焦点になってくるので、経年劣化による破損や、利用頻度が高いのであれば『普通に使っていたら割れてしまった…』と伝えるようにしてください。うまくいけば手数料無料で再発行してもらうことが出来ると思います。

  • 手数料必要:自分の落ち度でクレジットカードを折ってしまった
  • 手数料不要:経年劣化など、勝手に割れてしまったケース
年会費無料だと再発行手数料を取られてしまいがち:

反面、年会費無料のクレジットカードの場合には、クレジットカード会社もどうにかして再発行手数料を取ろうと画策してくるはず。特にICチップ付きのクレジットカードは発行費用が高いので、カード会社も黙って再発行に応じてくれることはありません。

ただ自分に落ち度がないのに発行費用を負担する…というのはなんとも勿体ないので、そういう場合には前述のようにしっかり『経年劣化でクレジットカードが使えなくなった』等の主張を電話でするようにしてもらえればなと思います。

有効期限が近いなら放置もOK:

VISA Card

ちなみに破損してしまったクレジットカードの有効期限が切れそう…という場合には、有効期限到着まで自宅に保管するという手法もあります。

これならクレジットカードの使い方が悪くなければ…という前提条件は付きますが、有効期限到達とともに新しいクレジットカードが郵送されてくるので、労せず破損したクレジットカードを交換可能。もちろん更新費用は無料というオマケ付きです。

  • 有効期限が近い:新しい更新カードが届く
  • 有効期限が遠い:しばらく新しいカードは届かない

ネット通販で使えば破損してても問題なし:

また、割れてしまったり折れてしまったクレジットカードを実店舗で使うのは難しいですが、ネット通販などのネット決済には引き続き問題なく使えます。そのため、どうしてもそのクレジットカードをお店で使いたい…という場合でもなければ、ネット通販専用にして有効期限到達を待つのもひとつの手ですよ。

  • 実店舗:カードが破損していると使えない
  • ネット通販:カードが破損していても利用可能

以上、クレジットカードが割れてしまったり、折れてしまった場合にはどうすべきか?破損時の対処方法をまとめてみた…という話題でした。『再発行をお願いするのは面倒なので、これを機に新しいカードを作ってみようかな』と思っている方は、下記のおすすめカード特集もあわせてご覧ください。

cards.hateblo.jp 

PAGE TOP