読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカードの読みものの、月間アクセス数が382万突破(2017年1月)!特筆すべきはパソコンからのアクセス比率が23%なことです。

ネット 雑談

今回はもはや定期的な投稿になりつつある、当サイト『クレジットカードの読みもの』のアクセス報告に関する記事です*1

まぁそんなに多くはないとは思いますが、「あのクレジットカードの読みものってサイトはどのくらいのアクセス数があるんだ?」と気になっている方がいましたら、是非、この記事を隅々までチェックしてみてくださいね(2016年12月のアクセス数は下記記事を参考に)。

cards.hateblo.jp

2017年1月のアクセス数:

早速、2017年1月のアクセス数に関するデータから紹介させていただきたいと思います。お陰様で2017年1月は月間382万ページビューを達成。セッション数も300万に届く勢い…と、年初にしては非常に良い数字に落ち着いたのではないでしょうか?

これもいつも読みに来ていただける、みなさんのお陰です。本当に有り難うございます。

f:id:cardmics:20170202134606g:plain

モバイルからのアクセスが圧倒的:

次に当サイト『クレジットカードの読みもの』には、どのようなデバイスからアクセスしているのか…といった数字は下記の通り。 

f:id:cardmics:20170202134609g:plain

うーん、従来よりモバイル、つまり携帯電話やスマホからのアクセス数が多かったのは事実なんですが、更にそれが顕著に現れたデータになりましたね。

従来、多数派だったパソコン(デスクトップPCやノートパソコン)からのアクセス数は、今ではわずか23%強と、1/4にも満たない数字になっています。

検索エンジンからのアクセスが圧倒的:

ではどこから当サイトを閲覧してくれる方はやってくるのか…というと、それは下記の通り。一番上のオーガニックサーチというのはGoogleやYahooなどの検索エンジンのことなので、そこからのアクセス数が圧倒的多数であることがわかります。

f:id:cardmics:20170202134610g:plain

反面、はてなブックマークやTwitter、FacebookといったSNSからのアクセス数はというと全体の2%弱(苦笑)。今年はこのSNSからのアクセス比率を高める…という目標を掲げているだけに、この弱さはピンチですね。

もう少しSNSでシェアされるような記事を作るように心がけるべきだと思いました。

SNSからのアクセス内訳:

最後はSNSからのアクセスはどこから来ているのか…という内訳です。

圧倒的多数ははてなブックマーク経由のアクセス数ですが、全体からみると1%程度の比率で、Twitterに至っては0.3%程度でしかありません。これでは仮に検索エンジンから嫌われてしまったら、アクセス数が一気に落ち込んでしまうのでマズい感じです。

f:id:cardmics:20170202134612g:plain

ちなみにGoogle+からのアクセス数は1ヶ月で21セッションと、無視できるレベル。GoogleとしてはGoogle+をFacebookに対抗するSNSにするつもりだったのでしょうけれども、まだまだ、その足元にも及ばない利用率なのでしょう。

2017年2月も頑張ります:

ここまで2017年1月のアクセス数内訳を紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

このまま2月以降も伸ばせると良いのですが、2月は28日間しかないので1月以上の数字を確保するのは難しい可能性大。勝負はクレジットカードや電子マネーの需要が大きくなる、2017年3月になりそうなので、そこで月間400万PVオーバーを狙えればなと思います。

さてさて、どうなることやらですが、私が出来るのは日々、新着記事を書くことと、過去記事の質を高めることのみ。これを愚直に繰り返していくことが「結果」に繋がると思っていますので、引き続き頑張ります!

以上、クレジットカードの読みものの、月間アクセス数が382万突破(2017年1月)!特筆すべきはパソコンからのアクセス比率が23%なことです…という話題でした。

参考リンク:

私が過去にまとめた、アクセスアップ方法やマネタイズ術については下記記事を参考に。ブログを運営している方は是非、ご覧ください。

cards.hateblo.jp

*1:この記事はどちらかというと、広告主や代理店などの、当サイトと仕事上の取引がある方向けの記事です。こういったアクセス内容を開示することで、当サイトへの信頼度を高めてもらうのがその目的ですね。