読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

ライフカード完全ガイド2017!これから作る方にもわかりやすく、ライフカードの保有メリットやポイント制度などを徹底解説します。

f:id:cardmics:20161013084653j:plain

今回はインターネット上で『ポイントが貯まりやすいカード』として紹介されることが多い、ライフカード(LifeCARD)の保有メリットやポイント制度などを徹底解説してみたいと思います。

これからライフカードを作りたい…という方はもちろん、すでにライフカードを持っているという方にとっても役立つ情報になっていると思うので、是非、時間を見つけては読んでみてください。ライフカードはその詳細を知れば知るほど、お得なクレジットカードですよ。

ライフカードの基本情報:

早速、ライフカードの基礎の基礎からしっかりと紹介していこうと思います。ある程度、クレジットカードに対する知識がある方は読まなくてもOKですが、あまり知識がない…という方なら、ここからちゃんと読んでおくのがおすすめです。

ライフカード保有にかかるお金: 

まず、ライフカードを作るためにかかるお金、保有していくためにかかるお金にはどのようなものがあるのでしょうか?わかりやすく表にしてみました。

手数料費用 費用 解説
入会金 無料 ライフカード入会にはお金はかかりません。
発行費 無料 発行費も0円です。
事務手続き 無料 事務手続きなどの諸費用を請求されることはありません。
年会費 無料 1年間、保有するためにかかるお金は0円です。
解約手数料 無料 ライフカード解約にかかるお金も不要です。

ご覧いただければわかるように、ライフカードは完全無料で作成&保有することができるクレジットカード。

世の中一般でも『クレジットカードを作るのってお金がかかるんじゃないの?』とか、『年会費がかかるものなんでしょ?』と思われている方はまだまだ多いのですが、少なくともライフカードについては作成も保有も0円なカードとなっています。

つまり試しに作ってみる…なんてことも問題なく可能です(作ってみたけど使わないな…と思ったら、その時は解約すればOK)。

分割払いやリボ払いを使うと手数料はかかる:

…とはいえ、いくら発行や年会費にかかるお金が0円でも、分割払いやリボ払いといった金利手数料が発生する支払い方法をライフカードで使った場合には、手数料が発生してしまいます。

同様にキャッシングなどライフカード側からお金を借りる場合にも同様に手数料が発生しますが、逆にいえばそういった使い方をしない限りは手数料すら発生しないということ。普段から1回払いのみであれば金利を請求されることはありません。

  • 持っているだけ:手数料がかかることはない
  • 1回払いのみを利用:手数料がかかることはない
  • リボ払いや分割払いを利用:手数料が当然、発生する
  • ライフカードからお金を借りる:手数料が発生する

このあたりのクレジットカードの仕組みについては、下記の記事で図解で解説させてもらっているので、そちらも併せてどうぞ。読んでいただければライフカードがなぜ年会費無料&利用料無料なのかということが、お分かりいただけるものと思いますよ。

cards.hateblo.jp

誰が申込できるの?(ライフカードの審査基準)

次にライフカードはどんな方であれば申込可能なのかどうかを解説していきます。公式サイトに記述の情報は下記の通り。

お申込資格:

日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。

※未成年の方は親権者の同意が必要です。

※18歳以上の大学生・短期大学生・専門学校生は、学生専用ライフカードにお申込みいただけます。

※入会審査結果によりご入会いただけない場合があります。

ざっくりとまとめると、高校生を除く18歳以上の方であれば誰でも申し込めるのがライフカード…ということが出来るのではないでしょうか?しかも20歳以上の方であれば、自分の意志(親権者の同意不要)でそのまま申込をすることが出来ます。

無職や家事手伝いは難しい:

それじゃライフカードを申し込めば誰でも100%、入手することが出来るのかといえばそんなことはありません。

実際のところはというと無職や家事手伝いの方はライフカードを申し込むのは難しい状況があり、あくまでアルバイトでもパートでも個人事業主であっても月に数万円でも構わないので、定期的なお金の収入がある方が作れるカード=ライフカードだと思っておいたほうが無難でしょう。

  • なんらかの収入がある人:作成できる可能性が高い
  • なにも収入がない人:作成できる可能性は低い(専業主婦を除く)

これらの誰が作れて誰がライフカードを作れないのかについては、私個人の感覚で審査表を作るとするとこんな感じになります。

対象者 発行可否 対象者 発行可否
正社員 派遣社員
公務員 団体職員
中小企業経営者 会社役員
個人事業主 自由業
士業 年金生活者
期間工 大学生
アルバイト 大学院生
パート主婦 専業主婦
高校生 無職

ご覧いただいたように、ライフカードの場合はほぼほぼすべてのケースで作成可能。

学生OK、専業主婦OK、個人事業主やフリーターOK…といった感じなので、前述のようになんでもかまわないので定期的な収入さえあれば審査通過は大丈夫でしょう(クレジットカードの審査について知識がない方は下記記事を参照)*1

cards.hateblo.jp

ライフカードは盗難保険付き:

『ライフカードが年会費無料で作れることはわかったけれども、そんな無料カード、不正利用とかされたら怖いんじゃない?』と思われる方もご安心を。

なぜならライフカードには盗難保険という保険が備わっており、万が一、財布ごと紛失してしまっても、はたまた買い物でスキミング被害にあおうとも、更には通販サイトからカード情報が漏洩してしまったとしても、この保険の損害を全額補償してくれるためです。

  • ライフカード紛失:保険の対象
  • ライフカードを盗まれる:保険の対象
  • 通販サイトからカード情報漏えい:保険の対象
  • 海外の知らない国で悪用:保険の対象

ちなみに盗難保険を利用すれば、仮に10万円を不正利用されようが100万円だろうが、保険の申請手続きさえきちんと行えば自己負担額は0円。全額、保険でカバーしてくれるのでいつでも安心してライフカードを買い物で利用できます。

ライフカードは不正監視も凄い:

また、ライフカードは不正監視システムもしっかりしている感じ。

過去に私も何度かライフカード側より電話をいただき、「今、○○の店舗で○万円の買い物をしようとしましたか?」といった確認をされることがあったくらいなので、常に不正利用がないかどうかをカード会社側でチェックしているようです。

このように年会費無料カードだから不安とか、セキュリティ対策が弱い…ということは全くないので、クレジットカードをはじめて作るという方にもライフカードはおすすめ出来ますよ(詳しくは下記記事にて)。

cards.hateblo.jp

ライフカードの保有メリット:

次にライフカードの保有メリットまとめです。

このクレジットカードは兎にも角にも「ポイントを貯める」ということにおいて最強クラスのカードなので、もうポイント獲得に興味がある方であればその全員に持って欲しいと思います。そのくらい、家計の節約に絶大な効果のあるクレジットカードですよ。

誕生月ポイント5倍がとにかく魅力:

ライフカードを保有する、最大のメリットといえばやはり誕生月ポイント5倍の特典。

誕生月とは自分の誕生日がある月のことで、その月にライフカードを買い物で使うと、いつどこでどんな風に利用してもポイントが5倍になる…というのがその特典内容となっています(一部、商品券等の例外はあり)。

  • 1月28日生まれ:1月が誕生月
  • 5月30日生まれ:5月が誕生月
  • 11月1日生まれ:11月が誕生月
ポイント5倍ってどのくらい凄いのか?

ではポイント5倍ってどのくらい凄いのでしょうか?ざっくり、ライフカードの1ポイントあたりの価値は5円~10円程度あるので、これを目安に考えるとこうなります(わかりやすくネット上でポイントが貯まると人気の楽天カードと比較)。

  • 誕生月にライフカードで10万円支払い:2,500円~5,000円分のポイント獲得
  • 誕生月に楽天カードで10万円支払い:1,000円分の楽天ポイント獲得

どうでしょうか?いかにライフカードを誕生月に使うとお得か…ということがお分かりいただけたかと思います。

ついでにいうと三井住友カードやJCBカードで10万円分の買い物をした場合に貯まるポイントは500円~750円程度なので、それらのカードと比較すると10倍近くもポイント獲得数に差が生じることがわかります。つまり、ライフカード=お得ということです。

どこで使ってもポイント5倍:

加えて誕生月ポイント5倍特典は、ポイントが5倍になる店舗も選びません。

セブンイレブンやローソンといったコンビニでもポイント5倍、カラオケボックスや居酒屋で支払いに使ってもポイント5倍、高島屋や大丸デパートで使ってもポイント5倍です。

また、楽天市場やAmazonで使っても当然、ポイント5倍。そのため、自分が生まれた誕生月になったら、とにかくなんでもライフカードで支払いをするようにしてください。それだけでザクザクとポイント獲得が可能になりますよ(詳細は公式サイトでも)。

使えば使うほどお得なカード:

誕生月ポイント5倍以外にも、ライフカードにはポイント大量獲得の仕組みが多数存在。

例えばライフカードを作成した1年目のポイントは1.5倍、翌年以降は利用額に応じてポイントが最大2倍になるなど、使えば使うほどポイントを多く獲得できるようになるのはこのカードの大きなメリットでしょう(下記画像は公式サイトより転載)。

  • カード作成1年目:ポイント1.5倍
  • 2年目以降:利用額に応じてポイント最大2倍

f:id:cardmics:20161013150023g:plain

家族と一緒に使うと破壊力抜群:

ライフカードは1人暮らしの方にもおすすめのクレジットカードですが、実は家族と一緒に暮らす方にこそ効果的なカードであったりもします。

その理由は単純で、家族それぞれがライフカードを持てば、誕生月の特典を複数月に渡って使うことができるため。例えば4月生まれの夫と9月生まれの妻なら、4月と9月の両方でポイント5倍獲得ができます(4月は夫のライフカードで買い物をし、9月は妻のカードで払えばOK)*2

更に両親にも協力をしてもらえば最大、年に4ヶ月以上も誕生月特典を使うなんてことも可能…といったように、家族の中にライフカード保有者が増えれば増えるほどお得なのですね。1枚しかライフカードを持っていないという方は、この機会に家族に協力を仰いでもらえればと思います。

海外旅行で使うとお得:

残念ながらライフカードそのものはこの特典の対象とはなりませんが、海外旅行や海外出張に良く行く…という方は、ライフカードステラという別のクレジットカードを作るのがおすすめ。

このクレジットカード最大の特徴は海外旅行時の支払いが3%分、キャッシュバックされるというもの。例えば韓国やフランスに買い物旅行に行こう…としている方であれば、ライフカードステラ払いをするだけで数万円程度のキャッシュバックを受けることも難しくはないので、カードの年会費くらいカンタンに回収をすることが出来ます。

ちなみにライフカードステラは女性向けのクレジットカードではありますが、女性限定のクレジットカードではないので男性でも問題なく申込可能。出張等で海外へ行く機会が多いなら、多少の恥ずかしさを覚悟の上で、海外に持っていってみてくださいね。

大学生や専門学生は学生専用ライフカードを:

先程、海外ではライフカードステラを利用するとお得…ということを説明させていただきましたが、大学生や専門学生の場合には「学生専用ライフカード」というものを作ると更にお得。

こちらはなんと海外での支払い金額に対して5%分がキャッシュバックされるクレジットカードなので、同級生みんなと卒業旅行に行くんだ…という時などに活躍すること間違いなしです。

言わば学生ゆえの特権みたいなものなので、学生のうちからライフカードを作りたいと思っている方は是非、学生専用ライフカードの作成を検討してもらえればと思います。

ライフカードの注意点&デメリット:

引き続き今度はライフカードの注意点やデメリットについてまとめていきます。メリットばかりの解説ではこのカードの本当の姿は見えて来ないので、ちゃんとデメリットについても把握して貰えればと思います。

誕生月以外のポイント還元率に注意:

ライフカード最大のデメリットは、ライフカードを作成した1年目のポイント還元率があまりよろしくない&翌年以降、高還元率を維持するのが難しいという点。

前述のように1年目はどこでどうライフカードを使っても1.5倍のポイントが貯まりますが、その1.5倍のポイント還元率は0.75~1.0%くらいでしかないので、誕生月を除けばそこまでザクザクとポイントが貯まるクレジットカードではありません*3

プレミアムステージ獲得は難しい:

また、翌年以降、いつでもポイント2倍になる「プレミアムステージ」は、年間利用額150万円が必要なのでハードルはかなり高め。

毎月、スーパーマーケットやコンビニでの利用だけでなく、家賃や電気代等の支払いまでライフカードを使わないとこれだけの金額を1年間の間で使うのは難しいため、ライフカードをメイン決済用のクレジットカードとして使うなら月に10万円以上は使うようにしないと駄目でしょう。

正直、なかなか難しいな…と思う方も多いはずです。

メインで使うのはなかなか難しい:

このようにライフカードをメインカードとして使うには、ある程度の所得(高年収)が必要になるわけですが、それでは月10万円の買い物ができないくらいの年収しかない方にはライフカードは不要なのかというとそんなことはありません。

ではどうすれば良いのかというとそれはカンタンそのもの。主に使うクレジットカードとしてライフカードを使うのではなく、毎年、誕生日がある月のみに焦点をしぼってライフカードを利用すればOKだからです。

  • メインカードとしてライフカードを使う:年150万円以上使うとお得
  • サブカードとしてライフカードを使う:誕生月の利用だけでOK

実際、私も様々なクレジットカードを保有していますが、ライフカードを使うのは自分が生まれた月くらい。その他の月は他の高還元率クレジットカードを利用し、誕生日のある月だけライフカードを使うようにしています(ポイント還元率が高いカードはこちら)。

こんな感じで年間150万円以上の利用が自分には無理だな…と思う方は、私同様に誕生月だけ利用する目的で、ライフカードを作ってみてください。それだけでも十分すぎるほどお得なクレジットカードですし、年収が高くなってきたらそれはそれで、メインカードとしての利用すれば大丈夫ですよ。

付帯保険は最小限:

ライフカードの落とし穴2つ目は、海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険、ショッピング保険といった付帯保険が乏しい点(海外旅行傷害保険とは?という方は下記記事を参照)。

これについては年会費無料ゆえに仕方ないところではあるんですが、クレジットカードに海外旅行時の安心感まで求めたいのであれば、ライフカードでは不十分といえるかもしれません。

旅行傷害保険付帯ライフカードも有り:

尚、ライフカードでは追加年会費を支払うことで、「旅行傷害保険付帯ライフカード」という海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険などに加入できるタイプも発行されています。

海外旅行:最高2,000万円、国内旅行:最高1,000万円の旅行傷害保険を自動付帯したライフカードのスタンダードカード。さらにシートベルト傷害保険も付帯。ショッピングやキャッシングのご利用の他、国内・海外を問わず旅の安心補償が受けられます。

こちらであれば最高2,000万円までの補償が手に入るので、万が一の時にあなたを助けてくれるものと思いますよ。いやいや、自分は年会費なんて払いたくない…という方は、下記の年会費無料で海外旅行傷害保険に加入する方法をまとめた記事をどうぞ。

cards.hateblo.jp

ポイント制度の改悪が多い:

ライフカードのデメリット、3つ目はポイント制度の改悪が多いということ。

これはまぁ、高還元率クレジットカードとしての宿命なのかもしれませんが、だいたい2~3年に1度のペースでポイント制度を大幅に悪くしてしまう傾向にあるので、ライフカードで貯めたポイントは出来る限り早めに交換してしまうのがベストです。

  • ポイントを貯めたままにする:ポイント価値が低下する
  • ポイントをすぐ使う:ポイント価値が落ちる前に交換できる

ちなみに次に予定されているライフカードのポイント制度改悪は2017年7月。こちらの詳細については下記記事を参考にご覧いただければと思います(この記事にも7月頃に反映させる予定です)。

cards.hateblo.jp

誕生月だけライフカードを使っても怒られないの?

誕生月だけライフカードを使っても、ライフカード側から怒られないのかといえばもちろんその通りです。

ライフカードも誕生月ポイント5倍という特典を設定している以上、その月に集中的に使われるのは覚悟しているようなので、気にせずどんどん利用しちゃってOK。事実、私は過去5~6年に渡り誕生月しかライフカードを使っていませんが、今のところライフカード側から途中解約を突きつけられたり、契約更新を拒否されたりすることはありません。

ライフカードのまとめ:

f:id:cardmics:20161013084653j:plain

ここまで長々と説明してきたように、ライフカードは使い方次第で家計の節約に絶大な効果をもたらしてくれるクレジットカードです。

特に誕生月ポイント5倍の破壊力は他のカードでは得られないほどのものなので、これだけのために作成しても全く問題なし。私もよく、自分への誕生日プレゼントと思って、誕生日のある月には積極的にライフカードを使って、欲しいものを買うようにしていますよ。

以上、ライフカード完全ガイド2017!これから作る方にもわかりやすく、ライフカードの保有メリットやポイント制度などを徹底解説します…という話題でした。ライフカードに興味を持ってくれた方は是非、ライフカードの公式サイトもチェックしてみてくださいね。

参考リンク:

サブとして使えるカードではなく、メインとしてポイントが貯まりやすいカードを探している…という方は、下記記事も参考に。ライフカードなどのポイント還元率が高いカードを中心に紹介しています。

cards.hateblo.jp

*1:すでに消費者金融からお金を借りているとか、他のクレジットカードの利用歴が悪いとか、そういう他の要因で審査落ちする可能性はあります。ただはじめてクレジットカードを作るとか、2枚めのカードとして使う予定だ…という場合には、まず審査に落とされることはないことでしょう。

*2:残念ながら夫婦が同じ誕生月である…という場合には、この「裏技」は利用できません。

*3:洋服のコナカ等で使える商品券にライフカードのポイントを交換した場合には、初年度からポイント還元率が1.5程度にすることは可能です。ただ使える店舗がかなり限られているので、今回はライフポイントをJCBギフトカードに交換した場合のポイント還元率で紹介をさせていただきました。

PAGE TOP