読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

節約はすごく大事だが、無理してまでする節約では誰も幸せにできない!家族にストレスをかけてまで光熱費や食費を削るのはほんと無意味です。

Money origami

主婦の方が節約をしようとする際、まず目をつけるのが電気代やガス代、水道代といった光熱費。できるかぎり電気を付けないようにしたり、お風呂の水を洗濯に使ったりと、あれこれ試行錯誤して節約しようとしますよね。

まぁ個人的にその姿勢は大事だと思いますし、無理なくやるならそれでOK。無駄に使う電気やガスは環境のためにも良くないので、どんどんやるべきだと思います。

  • 白熱電球をLED電球に交換:節電効果あり
  • エアコンのフィルター掃除:節電効果あり
  • お風呂のシャワーヘッドを変更:水道代&ガス代節約効果あり

無理にやる節約は誰も幸せにならない:

しかし、仮にその節約が「無理に行う節約」だとしたら、個人的にはまったくおすすめしません。理由は単純で、節約をして削減できる金額よりもそれにかける時間のほうが上回ってしまうため。

例えば前述のような白熱電球をLED電球に交換するようなものは、最初にその作業をするだけでそこからは努力なしで節約をし続けることが出来ます。これなら苦労はその一瞬ですし、先行投資としてLED電球購入費用がかかってもおいおい回収できるので問題ありません。

しかしながら、トイレの便座を温める機能をオフにしてみたり、家族に『冷蔵庫を開ける時はサッと空けてサッと閉めるように!』なんて徹底をするようなところまでいってしまうと、家族にかける負担があがり、自宅で過ごす時間の幸福度が下がってしまうことに繋がります。

  • カンタンな節約:努力なしで節約が可能
  • 努力が必要な節約:家族にかかる負担が増えて疲れる

それにも関わらず節約できる電気代なんてせいぜい月数百円程度。缶ジュースやペットボトルドリンクを買えばその苦労が消えてなくなってしまうので、そこに時間やストレスをかけるくらいならやらないほうがマシです。

どんなものが無理な節約にあたるのか?

では、どんなものが無理な節約にあたる行為なのか?参考までに例をあげるとこんな節約がそれにあたりますね。もしみなさんがこれらの節約を家族に強制しているとしたら、私はすぐにでも辞めるべきだと思います。

  • 1回のトイレで使う、トイレットペーパーの長さを定める
  • ほんとはダブルが良いのにトイレットペーパーをシングルにする
  • シャワーの温度は○○度まで
  • お風呂の水位は○○まで
  • シャンプーは1プッシュで
  • 冬場でも洗面台で温水禁止
  • エアコンは寝る前だけ
  • リビングの電気は暗いほうだけ

食費も必要以上に削らない:

f:id:cardmics:20170416133653j:plain

同様に創意工夫することで食費を必要以上に削る方もいますが、こちらも正直、おすすめしません。

理由は単純で「食べて満足する」ことは明日を頑張ろう…と思える活力になるため。要するに食事の質が落ちると満足度が下がり、 人生いいことないな~なんて悲観的にもなりかねないので、絶対にやってはいけないのです。

  • 自宅で食べる食事の満足度が低い:活力が回復しない
  • 自宅で食べる食事の質が高い:活力が回復して翌日も頑張れる

まぁこれは説明するまでもありませんよね、誰しも美味しいものを食べれば元気になりますから。

それにも関わらずこれをケチってもやしだけの料理を作ってみたり、キャベツ多めの料理ばかりだと幸せになれないのは容易に想像ができることでしょう。多少、高くついても食費だけは削っちゃいけないのです。

幸福なら人は頑張れる:

もちろん電気代にしろガス代にしろ食費にしろ、労せず削れる無駄な部分は徹底的に削るべきです。

しかし、ここまで解説してきたように「苦労しなくちゃ削れない費用」を削ろうとするのは百害あって一利なし。仮に数千円の節約が出来たとしても家族の幸福度が下がってしまい、明日を頑張ろうという活力が生まれないので悪循環に陥るだけです(頑張れない=収入も下がる)。

それに頑張って頑張って、その上でやっと実現させる数千円の節約なんて、正直、2~3時間も働けばすぐに手に入るお金ですよ。食事や自宅にいる時間の満足度をさげるくらいなら残業時間をちょっと増やしたり、アルバイトやパートに出て働ければOK。それで自宅にいる時間が充実し、更には食事の質もあがるなら安いもんです。

以上、節約はすごく大事だが、無理してまでする節約では誰も幸せにできない!家族にストレスをかけてまで光熱費や食費を削るのはほんと無意味です…という話題でした。

ちなみに一人暮らしで自分がそれでOKなら、徹底的に節約してもらっても構いませんが、個人的には記事中でも書いたように美味しいものを食べるというのは明日への活力に繋がるものなので、少しは贅沢してほしいなと思います(必要以上に節約する努力を、収入アップに繋げる形にすればOK)。 

参考リンク:

クレジットカードをポイントが貯まりやすいものに切り替えるだけで、家計の支出はだいぶ削減できます。クレジットカード変更は電気代やガス代を削るよりもカンタンでストレスがないものなので、興味がある方は下記記事あたりも参考にしてみてください。

cards.hateblo.jp

PAGE TOP