読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

「クレジットカード」検索で2位に下落。またGoogleの検索順位を1位に戻すために、私が行った初歩的なSEO対策のまとめ。

2016年9月2日~4日頃に行われたGoogleアップデートによって、当サイト『クレジットカードの読みもの』の検索順位がやや下落。

このアルゴリズム改訂によって残念ながら虎の子のキーワードでもあった「クレジットカード」での検索順位が1位から2位に下落してしまいました。GRCによると2016年2月中旬頃から1位になりはじめ、3月上旬くらいからは不動の1位だったので、約半年ぶりの1位陥落になります(思えば半年も1位だったんですね)。

f:id:cardmics:20160905080420g:plain

今まではアンタッチャブルだった記事:

しかしまぁ、当サイト上でも何度か書いていますが、下記記事が長らく「クレジットカード」検索で1位だったこと自体が『?』だったりするんですよね(苦笑)。

なにせ評価されやすいトップページでもなければ、はてなブックマークが大量に集まった記事でもなく、更に他の記事からたくさんリンクを繋げてるかといえばそうでもない。ほんとどうしてこの記事が1位なのかは私にもよくわかりません…。

そのため、当該記事については修正や加筆を加えず、あえて放置をすることによって1位を確保してきました。Googleのアルゴリズムでどう1位になっているかわからない以上、なにかを変えるよりも変えないほうが懸命だったためです*1

2位になった以上、なんらかの対策が必要に:

ただ検索順位が1位から2位に落ちてしまったからには、なんらかの修正や加筆が必要になります。

とはいえ、まだGoogleのアルゴリズム変更が落ち着いたわけでもないので、また元通りなにもしなくても1位に戻る可能性も残っている状況…。現状で出来ることといえば、当該記事を変えることではなく周りのケアを行うのが懸命でしょう。

  • 出来ること:当該記事以外の外部対策
  • やらないほうが無難なこと:当該記事への追記&加筆

気になった検索結果表示:

今回、検索1位に戻すためのテコ入れとして、個人的に一番気になったのは下記部分(画像参照)。

f:id:cardmics:20160905081401g:plain

現在、検索2位で表示されている記事のタイトルは「2016年のおすすめ~」なのに、Google検索結果にはここ1ヶ月ほど「2015年のおすすめ~」という表示がされている点です。

  • 記事タイトル:2016年のおすすめクレジットカードはどれ?
  • Google検索結果:2015年のおすすめクレジットカードはどれ?

さすがに2016年1月に更新した記事をGoogleのクローラーが読みに来ていないとも思えないので、Googleはなんらかの理由で検索結果を敢えて「2015年のおすすめ~」にしていることになりますね。

なぜ2015年表記のままなのか:

ではなぜGoogle検索では2015年表記のままなのでしょうか?

これは推測するに当該記事へリンクをしてくれている外部ページの、リンクテキストが2015年表記のままになっている可能性が高いと思われます。

Googleではこのようにリンクされているキーワード等で検索結果に表示されるサイトタイトルを改編することがあるのでこの線が濃厚。それならばリンク元のキーワードを修正することで、2015年表記から2016年表記に変更できることになります(下記は一例)。

  • 記事タイトル:「日記」というタイトル
  • 外部サイト:「土佐犬の病気について」とリンク
  • Google検索結果:「土佐犬の病気について」と表示

2015年表記のままじゃダメなのか?

2015年表記のままだとそもそも検索結果に表示された時のクリック率が低下します。本当は100人来てくれるはずなのに、「なんだ2015年の情報じゃ古いな」と思って90人くらいしか入ってきてくれないかもしれない。そういう数のデメリットがひとつ。

もうひとつはGoogle側は検索結果におけるクリック率をよく見ているという話があるので、「クリック率が低いこの記事を1位表示させておいても仕方ないな。2位にしよう」とされてしまってもおかしくないというのが二つ目ですね。

今回、Googleのアルゴリズム改訂のタイミングで2位になりましたが、もしかするとアルゴリズム改訂に関わらず、この「2015年表記」のせいで2位に落ちた可能性もあると私は睨んでいます。

2016年表記にするための対策:

Google Booth

前述のように2016年表記に戻す方法はシンプル。当該記事にリンクしている記事を片っ端から2016年に変更すればOKです。

やはり一番影響が大きいであろうページは、はてなブックマークページですね。ここが昨日まで2015年表記のままだったので、2016年表記に更新しました*2

これで連動しているページが一気に2016年に書き換えられるはずなので、Google側にも「2016年の記事なんだぞ」ということを伝えられたはずです。

サイト内のリンクもチェック:

同様に当サイト「クレジットカードの読みもの」の中に貼ってあったリンクもチェック。4記事ほど未だに「2015年のおすすめクレジットカードはどれ?」という記述のままだったので、これを2016年に置き換えました*3

ついでにリンクを貼ってるページの内容を一部更新。Googleは「更新されているページからのリンクを高く評価する」傾向にあると言われているので、古い情報を新しく書き換えることでリンクそのものの効果を高める狙いがあります。

  • アンカーテキスト変更:Googleへ情報更新を連絡
  • リンクがある記事を更新:管理されている記事からのリンクだということをアピール

これであと1週間もすればGoogle検索結果における「2015年表記」も消え、「2016年表記」に変更になると思います。結果、クリック率が向上し、Google側が「この記事はやはり1位に戻すべきだ」と判断してくれればラッキーですね。それに期待しましょう。

以上、「クレジットカード」検索で2位に下落。またGoogleの検索順位を1位に戻すために、私が行った初歩的なSEO対策のまとめ…という話題でした。

参考リンク:

Google検索で1位になった時の記念記事はこちら。この記事が「古き良き思い出」にならないように、また1位を目指して頑張ります。

cards.hateblo.jp

*1:Googleが日本で一番評価してくれていた以上、それを変えないというのもひとつのSEO対策の方法です。

*2:はてなブックマークページの情報を更新する方法は簡単で、ページ内にある「情報を更新する」というボタンを押せばOKです。

*3:はてなブログのブログカード機能には、自動的にタイトルタグを拾い上げてtitleを付与してしまう特性があるので、ブログカードを貼っている場所も張り替える必要性があります。併せて忘れずにどうぞ。

PAGE TOP