読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカードのキャッシングとは?初心者向けにその基礎知識から、キャッシングのやり方までをわかりやすく解説します。

f:id:cardmics:20170410092523j:plain

今回は「クレジットカードのキャッシングってなに?」という方のために、キャッシングについての基礎知識やその使い方などをわかりやすく解説してみたいと思います。

キャッシングを使う予定がある方はもちろん、今後も使う予定がないぞ…という方にも重要な知識になるので、是非、この機会にクレジットカードキャッシングの基本を身につけてもらえれば幸いです。

尚、「そもそもクレジットカードの仕組みをよくわかっていない…」という方は、下記記事から先にどうぞ。図解でわかりやすく解説しています。

cards.hateblo.jp

クレジットカードキャッシングの基本:

クレジットカードのキャッシングとは?

まず、クレジットカードのキャッシングとは何かというと、これは「クレジットカード会社との契約を利用してお金を借りること」です。ざっくり言ってしまえば、キャッシング=カード会社から借金をすること…という認識で問題ありません。

そもそもクレジットカードの仕組みを考えると、ショッピング(買い物)だろうがキャッシングだろうが、下記のようにクレジットカード会社はみなさんにお金を貸している状態は同じ。

  • カードで1万円の服を購入:支払いは1ヶ月後…ということは、その間、カード会社はみなさんに1万円を貸している状態。
  • カードで1万円をキャッシング:カード会社がみなさんに1万円を貸すこと。

そのため、カード会社とクレジットカード契約を結んでいる方は、クレジットカードで買い物ができるだけでなく、そのカードを使ってお金を借りることも可能になるのですね。

キャッシングは金利手数料が必要:

ではキャッシングとショッピングでは何が違うのでしょうか?それはキャッシングでは原則、クレジットカード会社に対して「お金を貸してくれてありがとう」という謝礼に当たる、金利手数料を払わないといけないことです。

  • クレジットカード1回払い:手数料は不要
  • キャッシング:金利手数料が必要

まぁこれは住宅ローンやオートローンなどなど、どんな借金でも同じですね。金利を払わずにお金を貸してくれる人や企業などあるわけがないので、キャッシングを使う予定があるなら金利手数料を負担しなくてはいけないことを覚悟してください。

金利負担はリボ払いとほぼ同じ:

ちなみに金利はどのくらいを負担しなくてはいけないのかというと、これはクレジットカードのリボ払いや分割払いと同じくらい。

1ヶ月あたり1.5%程度、年率にすると18%程度の負担を求められることが多いといえるので、キャッシングにしろリボ払いにせよ、金利を払いたくないという方は使わないほうが無難です(お金を借りるなら早めに返すことが重要)。

年利18%のキャッシングを利用した場合:

  • 1万円を1ヶ月借りる:150円の金利手数料
  • 10万円を1ヶ月借りる:1,500円の金利手数料
  • 50万円を1ヶ月借りる:7,500円の金利手数料
  • 1万円を1年間借りっぱなしにする:1,800円の金利手数料*1
  • 10万円を1年間借りっぱなしにする:1万8,000円の金利手数料
  • 50万円を1年間借りっぱなしにする:9万円の金利手数料

キャッシング枠とは何?

次にクレジットカードのキャッシングではいくらまでお金を借りることが出来るのか?についてですが、こちらはクレジットカードで買い物可能な利用限度額同様に「キャッシング枠」というものがすべてのクレジットカードには設定されているので、それ次第になります。

例えばキャッシング枠が50万円に設定されているカードであれば10万円や30万円の借入は問題なし。反面、10万円しかキャッシング枠がないという方は、残念ながら30万円や50万円を借りることは出来ません。

  • キャッシング枠10万円の場合:10万円までお金を借りられる
  • キャッシング枠50万円の場合:50万円までお金を借りられる
キャッシング枠0円の方も:

尚、利用限度額(ショッピング枠)とは異なり、キャッシング枠の場合には0円に設定されている方も多いです。

キャッシング枠0円ということは要するに、そのクレジットカードではお金を借りられませんよ…ということ。後述するキャッシング使用方法を使っても、1円もお金を借りることはできないのでご注意ください。

キャッシング枠を増やしてもらうお願いは出来る:

キャッシング枠が0円の方や10万円や20万円といった少なめの方は、クレジットカード会社に依頼をして増枠(キャッシング枠を増やしてもらうこと)をお願いすることも可能です。

ただキャッシング枠の大きさは、利用限度額同様にみなさんの信用力によって左右されますので、職業が不安定な方や、すでに消費者金融などを利用してしまっている方の場合には、増枠申請をしても断られてしまうことも。ショッピング枠にしろキャッシング枠にしろ、やはり信用力次第…といったところですね。

キャッシングのやり方:

f:id:cardmics:20170410092534j:plain

次にクレジットカードを使ったキャッシングの使い方をまとめていきます。クレジットカードを使ってお金を借りようとしている方は参考にしてください。

コンビニATMや銀行ATMで出来る:

まず、一番簡単なクレジットカードを使ったキャッシング利用方法は、コンビニATMを使った方法です。

銀行のキャッシュカードを使ってお金を引き出す時と同様に、コンビニATMの「引き出す」をタッチし、その後、クレジットカードを入れればキャッシング枠の範囲内でお金を借りることが可能。まるで銀行口座からお金を引き出すように借りれてしまうので、むしろ怖いくらいに感じてしまう方も多いかもしれません。

どのコンビニATMが使えるのか?

参考までにどこのコンビニのATMがクレジットカードキャッシングに対応しているのか、大手クレジットカード会社である三井住友VISAカードの公式サイトから取得してきてみました。

f:id:cardmics:20160817165722g:plain

上記の通り、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ、スリーエフなどなど、原則、どのコンビニATMであってもクレジットカードキャッシングが可能だということがおわかりいただけるかと思います。

ゆうちょ銀行など銀行ATMでも借入可能:

また、ゆうちょ銀行や三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行といった大手銀行のATMでもクレジットカードキャッシングは可能。

ゆうちょ銀行や三井住友信託銀行のように返済に対応していないATMもありますが、基本、借りる分ならどこでも借りられると思って間違いありません。

f:id:cardmics:20160817170515g:plain

尚、こちらもまるで銀行口座からお金を引き出すように、お金を借りることが出来てしまうので安易に借り過ぎないように!キャッシングは「借金」であることを忘れないようにしないと、自己破産への道へまっしぐらです。

ネットキャッシングを利用する:

コンビニATMや銀行ATMからお金を借りる方法以外にも、クレジットカード会社に直接お願いをして、指定の銀行口座へ振込をしてもらうことも可能です(通称:ネットキャッシング)。

三井住友カード、楽天カード、イオンカード、三菱UFJニコス、オリコ、クレディセゾンなどなど、大抵のクレジットカード会社がこのネットキャッシングに対応しているので、現金ではなく通帳残高が足りなくて困っている…という場合にはこういったサービスを使ってみると良いでしょう。

預金残高が足りない時に:

ちなみに「クレジットカード代金の引き落とし金額が足りない!」という場合にネットキャッシングで現金を調達して、支払いに回す…なんてことが出来るかといえばこれは可能です。

まぁタコが自分の足を食べて空腹を満たすみたいなものなのであんまりおすすめはしませんが、『明日、引き落としなのに預金残高が足りない!』という時にはこういった手法でピンチを乗り切ってみてください。詳しくは下記の「返済日にお金が用意できなかった場合にはどうすればいいのか?」の記事を参照に。

カードキャッシングの応用知識:

更にクレジットカードを使ったキャッシングの知識を深めるために、いくつか応用知識も紹介しておきます。キャッシングを使う予定がある方もない方も、このあたりの知識は身につけておいて損はないので、是非、しっかりと読んでもらえればと思います。

キャッシングを使わないなら0円が無難:

キャッシングを使う予定がない…という方は、キャッシング枠を0円に設定しておくのがおすすめ。目的としてはクレジットカードを万が一、落としてしまったとしても、キャッシングを不正利用されないためです。

詳しくは下記記事にまとめてありますが、ショッピングの不正利用とは異なり、キャッシングが不正利用された場合の損失は盗難保険の適応外にされてしまうこともあるので要注意。

  • ショッピングの不正利用:盗難保険対象(暗証番号取引を除く)
  • キャッシングの不正利用:盗難保険対象とならない場合も

その点、キャッシング枠0円なら不正利用される可能性もゼロなので安心ですよ。

cards.hateblo.jp

海外キャッシングのみを利用することは可能:

国内ではキャッシングを利用する予定はないけれども、海外旅行や海外出張の時には現地通貨入手のためにキャッシングを使いたい…という場合には、海外キャッシング枠のみを設定することも可能です。

詳細はクレジットカード会社によって異なりますが、海外でだけキャッシングを使いたいなら国内枠を0円にし、海外用の枠を設定しておくと渡航時になにかと便利でしょう。

但し、クレジットカード番号等の漏洩により、あなたが日本にいるにも関わらず海外でクレジットカードが不正利用される可能性もゼロではありません。

まぁそういう時には海外に行っていないことさえ証明できれば盗難保険が適用されるとは思いますが、そういったリスクがあるという点だけはご理解いただければと思います(海外キャッシングについて詳しくは下記記事にて)。

cards.hateblo.jp

おカネを借りる前に支払いを工夫する:

世の中、工夫すればキャッシングを使う必要性がないのに、手元のお金のやりくりが追いつかずに、仕方なくキャッシングに頼ってしまっている方は多いです。

  • 結構多い:お金に困ったから即、キャッシングを利用
  • 理想はこちら:お金に困ったら借りる前に知識を付ける

特にお金に困ったからといって、クレジットカードのリボ払いばかりを利用しているという方。これは非常に勿体無い支払い方法だと言えるので、もし「借りたお金の返済に困ってキャッシングを使いたいと思っている」という方がいたら、下記記事をしっかりと読んでもらえると嬉しいです。

場合によってはこれだけで、すべての借金の返済も可能ですよ。

cards.hateblo.jp

よくある質問とその答え(FAQ):

question mark

ここでより、クレジットカードを使ったキャッシングに関する知識を深めてもらうため、よくある質問とその答えを作っておきます。キャッシングに関して疑問がある方は参考にどうぞ。

Q.どのクレジットカードでもキャッシング出来るの?

どのクレジットカードならキャッシングが利用できて、どのカードが使えないのかといったことは、クレジットカードごとの契約次第。解説部分でも紹介したように、キャッシング枠がないクレジットカードでは、どのコンビニATMに差し込んだところでお金を借りることは出来ません。

また、ビューカードのようにそもそもキャッシングサービス自体を提供していないクレジットカード会社…なんていうところも。こういったカード会社ではお金を借りることは出来ないのでご了承ください(逆にキャッシングを使う予定がない方は、不正キャッシングされないビューカードがおすすめということ)。

Q.キャッシングをする際にかかる費用を教えて:

クレジットカードを使ったキャッシングをする際にかかる費用としては主に3つ。

  1. 金利手数料
  2. ATM利用手数料
  3. 返済手数料

1については借りた金額とその期間によって変動するものの、すべてのカードでかかる費用です。返済できていない金額が大きくなると、発生する金利手数料も大きくなるのでご注意ください。

2と3についてはクレジットカード次第でかかるところとかからないところがありますが、最近ではどのクレジットカード会社でも請求されることが多いですね。だいたい借入時と返済時ともに1回あたり100~200円程度の費用がかかるので、この費用負担は覚悟しておくと良いでしょう。

Q.消費者金融とどっちがお得なの?

クレジットカードを使ったキャッシングと、消費者金融からの借入ではどちらがお得なのかというと、これはやはり餅は餅屋、消費者金融から借りたほうがなにかと有利です。

消費者金融のほうが優れている点としては、ATMの利用手数料や返済手数料が無料だったり、金利手数料がクレジットカードキャッシングよりも低くなる可能性がある点などなど。加えて家族にバレずに借りやすい…という意味でも消費者金融にメリットがあることでしょう(大手消費者金融まとめ)。

消費者金融を使うのは勇気がいる:

反面、消費者金融からお金を借りるというのはなにかと勇気がいるもの。

いくら「消費者金融から借りちゃったほうがお得ですよ」と言っても、なかなか実行に移すのは難しい場合も多いと思うので、すぐに返せる予定があるならクレジットカードキャッシングでも十分です。

以上、クレジットカードのキャッシングとは?初心者向けにその基礎知識から、キャッシングのやり方までをわかりやすく解説します…という話題でした。

参考リンク:

今すぐにお金が必要…というくらいにピンチでないのなら、国や市区町村から低金利でお金を借りることが出来る個人向けの公的融資制度の利用も検討してみてください。正直、手続きは面倒になる可能性大ですが、その分、金利負担が減るなどのメリットがありますよ。 

cards.hateblo.jp

*1:実際にクレジットカードでは1年間、お金を借りっぱなしにすることは出来ません。毎月、なんらかの形で返済を求められることになります。

PAGE TOP