読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

Apple Payが使えるお店はどこ?初めてApple Payを使う方向けに、店頭での支払い方法から加盟店の検索方法などをまとめてみました。

支払い 電子マネー

f:id:cardmics:20160908090416j:plain

いよいよ日本国内でも利用が開始されたApple Pay(アップルペイ)。

そんなApple Payをこれから使う予定だ…という方のために、Apple Payが使えるお店はどこなのか?といった情報から、店頭での支払い方法までをざっくり紹介しようと思います。

店頭で『Apple Pay払いで!』なんて恥ずかしいセリフを言ってしまわないよう、今のうちからしっかりと基礎知識を付けておいてくださいね。

Apple Payが使えるお店はどこ?

まず、Apple Payが使えるお店は2017年3月時点で、3つの加盟店のみ。

  1. Suica加盟店
  2. iD加盟店
  3. QUICPay加盟店

この中で一番わかりやすいのはやはりSuica加盟店ですね。事前にiPhone7などにSuicaを取り込んでおけばJR駅内や大手コンビニ等で使うことが出来るので、労せずApple Payを活用することが出来ます。

iDやQUICPay加盟店はどこ?

反面、Apple Payでクレジットカード払いを使いたい…という場合には、iD加盟店やQUICPay加盟店を探す必要性あり。

こちらもSuica同様、セブンイレブンやローソン、ファミマといった大手コンビニ等で利用することが出来るものなんですが、どこをどう見ればそれがわかるのでしょうか?わかりやすく店頭にあったマークを撮影してきました。

f:id:cardmics:20161005174202j:plain

例えば上記のような「電子マネーがご利用いただけます。」という用紙が張り出されていた場合には、左上にあるiDやQUICPayのマークを探せばOK。

下記画像でいうところの赤い枠で囲まれたところを見つければ、そのお店はApple Payが使えるんだ…ということがわかります。

f:id:cardmics:20161005174407j:plain

使えるお店はかなり多い:

ちなみにApple Payの公式ページに掲載されている「Apple Payが使えるお店」一覧は下記の通りですが、実際にはここに掲載されていないようなお店でも問題なく利用は可能です。

ビッグエコー、マクドナルド、コカコーラの自動販売機、ロイヤルホストなどなどでもApple Payはカンタンに使えます。

f:id:cardmics:20161005174734g:plain

更に詳しい加盟店一覧については、iDやQUICPay公式サイトにて検索可能なのでそちらをどうぞ。中小レストランなど細かいお店まで探すことができますよ。

Apple PayでSuicaが使えるということは:

Apple PayでSuica払いが使えるということは、Suicaと互換関係にあるPASMOやICOCA、Kitacaといった他の交通系ICカード加盟店でも使えるということ(詳しくは下記記事にて)。

そのため、iPhone1台あれば日本全国のコンビニやスーパー、レストランで支払いが出来るということ。まだまだすべてのお店でそういったことが可能…というわけではありませんが、仮に財布がなくてもそれほど困る自体にならないくらいは使えると思います。

店頭でのApple Payの使い方は?

次に店頭でのApple Pay利用方法については、こちらも使う電子マネーによって異なります。

まずApple PayでSuicaを使う場合にはカンタンそのもの。従来のモバイルSuicaやSuicaカードと同じで、Suicaの端末にかざすだけで決済が終了するため、店員に伝える作業としては「Suica払いで!」というだけでOKです。

Suicaを使う場合:

  1. 店員にSuica払いをする旨を伝える
  2. iPhone等、Apple Pay対応の製品をSuica読取機に近づける
  3. 決済終了

但し、すべてのSuica加盟店(PASMO加盟店やICOCA加盟店等を含む)でそのままSuica払いが出来るわけではありません。一部のお店ではApple PayのWallet上で指紋認証をしないと使えないこともあるのでその点はご注意ください。

iDやQUICPayを使う場合:

では、Apple Payに取り込んだクレジットカードを支払いに使う場合にはどうすれば良いでしょうか?

こちらはApple Payとして取り込んだクレジットカードはそれぞれ、iDとして使えるクレジットカードか、QUICPayとして使えるクレジットカードに分かれるため、そのどちらを使うかを店員に伝えれば問題なし。

例えばiDとして使える三井住友カードをApple Payとして使う場合には、店員に対して「iD払いで!」といえばOKなのですね。難しいことはなにもありません。

  • iD対応のクレジットカード:iD払いで!
  • QUICPay対応のカード:QUICPay払いで!

反面、『Apple Pay払いで!』や『クレジットカード払いで!』と伝えた場合には、店員はどのように対処していいのかわかりません。必ずiD(アイディー)かQUICPay(クイックペイ)のどちらかを指定してあげるようにしてください。

iDかQUICPayってどうわかるの?

「そうは言っても私が登録したクレジットカードはiDなのか、QUICPayなのかわからない」という方も多いはず。どのようにすれば自分が登録したカードがどちらの電子マネーかどうかがわかるのかというと、これはWalletアプリを開いて確認するだけで問題ありません。

下記のようにQUICPayの「Q」マークが表示されている場合はQUICPay対応のクレジットカードなので、店頭では「QUICPay払いで!」といえばOKですよ。

f:id:cardmics:20161025094747g:plain

iDやQUICPayは指紋認証必要:

尚、Suicaとは異なり、iDやQUICPayをApple Payとして利用する場合には必ず指紋認証が必要になります。

この指紋認証はいわば、「私はこのクレジットカード保有者本人である」ということを確認する作業。こういった本人にしか使えないセキュリティ対策がなされているからこそ、Apple Payでは安全にクレジットカード払いが使えるのですね。

以上、Apple Payが使えるお店はどこ?初めてApple Payを使う方向けに、店頭での支払い方法から加盟店の検索方法などをまとめてみました…という話題でした。

参考リンク:

Apple Payとして使えるクレジットカードが欲しい…という方は、下記記事を参考に。Apple Pay登録可能なおすすめカードを紹介しています。

cards.hateblo.jp