読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

自分には金持ちアピールは無理だな…と思った話。さすがに店頭で、純金加工の金属製クレジットカードを使う勇気は今のところありません。

雑談 その他のカード

f:id:cardmics:20161230092558j:plain

年会費20万円以上する純金&カーボン製クレジットカードであるLUXURY CARD(ラグジュアリーカード)。

このカードを2016年12月にようやく入手出来た…というのは上記記事にした通りですが、入手してから早2週間が経過した今でも実はまだ店頭での支払いに使えていません。理由は単純で、あまりにもカードそのものが目立ってしまうために使う勇気がないのです(苦笑)

なぜラグジュアリーカードは目立つのか:

ではなぜ、ラグジュアリーカードは目立ってしまうのかというと、これはもう、実物を触っていただければわかりますが、とにかくすべてが「異質」なんですよ。

まず、ラグジュアリーカードそのものはカーボン製のクレジットカード。通常のプラスチック製のクレジットカードとは異なり、『これってほんとうにクレジットカードなの?』ってところからお店の人とやりとりをする必要性があります(笑)。

  • 通常のクレジットカード:見せればクレジットカードだとわかってもらえる
  • ラグジュアリーカード:見せてもクレジットカードだとわかってもらえない

更に24金の純金加工が曲者:

それでも普通のデザインをした金属製のクレジットカードであれば、『これ、クレジットカードなんですよ』と店員に伝えるだけで利用可能なわけですが、ラグジュアリーカードの場合には更に24金という純金加工が施されていますからね。

こうなるとどこからどうみても「あっ、お金持ちの方なんだな」という空気感を醸し出してしまうのがまた曲者…。私のようにお金持ちのふりをしてステータスカードを入手しているただのマニアには、そう見られること自体がツラすぎるのです(一応、まだ30代の若造ですからね)*1

結果、ラグジュアリーカードを財布の中にいれて持ち歩いてはいるものの、未だに店頭で使えていないというわけ。ほんとは当サイト「クレジットカードの読みもの」の記事ネタのためにも何店舗かで使ってみたいところなんですけが、仕事だとわかっていても使う勇気がまだありません。

そんな馬鹿な…という方へ動画:

『そうはいってもただのクレジットカードなんでしょ?使うのに勇気とか必要あるわけない…』という方は、下記動画を是非、ご覧ください。

www.youtube.com

全部で31秒の動画の、22秒あたりにラグジュアリーカード(GOLD CARD)の実物があるので、見てもらえればその異質さをきっとわかってもらえるはず…。落とした時にカランカランという金属音が聞こえるカードはこのラグジュアリーカードと、アメックスのセンチュリオンカードくらいなもんですよ。

以上、自分には金持ちアピールは無理だな…と思った話。さすがに店頭で、純金加工の金属製クレジットカードを使う勇気は今のところありません…という雑談でした。

参考リンク:

日本国内で入手可能なブラックカードの一覧リストについては下記記事を参考に。これらのブラックカードでも、ラグジュアリーカード同様にカーボンやステンレスで出来ている金属製カードはレアですよ。

cards.hateblo.jp

*1:お金持ちの方によっては率先してお金持ちアピールをしたがる方もいるので、そういった方には最高なツールになるんでしょうね、ラグジュアリーカードって。