読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカードの保有率がじわり低下中!JCBの調査によると2015年の保有率は84%に数値が下がってしまったようです。

http://www.flickr.com/photos/47036738@N06/22490713494

photo by Samsung Newsroom

大手クレジットカード会社のひとつであるJCB(株式会社ジェーシービー)が、毎年恒例にもなっている「クレジットカードに関する総合調査」の結果を2016年2月22日付けで発表しました。

株式会社ジェーシービー(以下:JCB)は、全国の一般消費者を対象に、クレジットカードの保有および利用の実態について調査した「クレジットカードに関する総合調査」の2015年度の結果について発表します。

本調査は、JCBが2000年以降毎年、日本全国の一般消費者3,500人(20代から60代の男女。JCBカードの保有有無は不問)に対して、インターネットにより行っているものです。

気になるクレジットカード保有率の低下:

今回の統計結果を見て、個人的に気になったのがクレジットカード保有率の低下。

下記グラフにもあるように2011年からは年々、クレジットカードを持っている人の比率が減り続け、2015年には84%という数値になってしまっているようなんです。

クレジットカード保有率の推移:

f:id:cardmics:20160222205418g:plain

これ、2011年比で考えると4.1%もの下落、そして年々、ほぼ順調に低下をし続けているところをみると、統計的な偏りではなさそうな感じですよね(参考までに年代別、地域別の保有率も引用しておきます)。

年代別、地域別のクレジットカード保有率:

f:id:cardmics:20160222213413g:plain

電子マネーの保有率は伸びてはいるもの:

反面、それじゃ電子マネーの保有率がその分だけあがっているのかといえばこれはほぼ横ばいという結果に…(2014年比)。

まぁ2013年比での伸びは大きいですが、電子マネーの利用率自体は昨年比で伸び悩んでいるので、「電子マネーが伸びたからクレジットカード保有率が低下した」ということはできなそうな気がします。

電子マネーの保有率と利用率の推移:

f:id:cardmics:20160222205838g:plain

カード保有枚数も低下傾向に:

加えてクレジットカードの保有枚数や、クレジットカードを財布の中にいれている枚数に関しても低下傾向。

だいたいみなさん平均2枚のクレジットカードを財布の中にいれていることが多いようですが、財布の中のカード枚数すらも減少傾向にあるようです。

クレジットカード保有枚数(青)と財布の中のカード枚数(赤):

f:id:cardmics:20160222210031g:plain

クレジットカード全体の利用額は伸びている:

ではこの統計結果を受けて、クレジットカード産業はもはや頭打ちなのか?というとそんなことはありません。

別の統計結果(日本クレジット協会の調査)によるとクレジットカードでのショッピング利用額は東日本大震災のあった2011年を除いて年率5%以上の伸びを見せているので、このような保有率の低下が起きてしまっている背景には、なにか別の要因があるはず。

クレジットカードを持ちたくても持てない層の増加、クレジットカードを持っていること自体に気づいていない方、VISAデビットカードやプリペイドカードの増加などなど、可能性をあげればキリがない状況なので、今後はそんな様々な要因が複雑に絡みながら、カード保有率は変動していくのでしょう。

以上、クレジットカードの保有率がじわり低下中!JCBの調査によると2015年の保有率は84%に数値が下がってしまったようです…という統計データでした。

参考リンク:

今回の保有率低下はそれすなわち、現金払いを使う方の増加を意味するものではありません。

引き続きクレジットカードや電子マネー、プリペイドカードなどを使った支払いは増加していくはずなので、まだクレジットカードを持ったことがない方は下記記事なども参考にしてみてください。カードを初めて作る方に役立つ情報や、おすすめカード等を紹介していますよ。

cards.hateblo.jp

PAGE TOP