読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

テレビ番組で芸能人が過払い金返還請求する…という企画を見て、もうそろそろ過払い金返還バブルは終わりだなと思った話。

業界 債務整理 雑談

Money

実際に私がそのテレビ番組を見たわけではありませんが、TBS系の「私の何がイケないの?」という番組において、お笑い芸人のまちゃまちゃが過払い金返還請求に挑戦する…という企画が放送されたようです。日刊スポーツが報道しました。

お笑い芸人まちゃまちゃ(39)が、過去に消費者金融で借金した際の過払い金が124万円以上に達していることが明らかになり、返金を求めて裁判で戦うと宣言した。

26日放送のTBS系「私の何がイケないの?」に出演したまちゃまちゃ。まだ芸人としてブレイクする以前、生活費に困り消費者金融で借金を繰り返していた過去を振り返った。 

過払い金返還請求バブルはそろそろ終わり?

この記事を見て「もうそろそろ過払い金返還請求バブルも終わりだな…」と思った私。

あっ、過払い金とか過払い金返還請求バブルについてご存知がない方はまず、下記記事から先に読んでもらえればと思いますが、このバブルがそろそろ終わりそうだからこそ、弁護士事務所がこういった番組に協賛をすることで最後の掘り起こしをしようとしているんじゃないかと思ったのがその理由となります。

時効がせまる過払い金返還請求:

もともと、過払い金返還請求には10年という時効が設定されているため、そろそろ終わりを迎えていくだろう…と言われている昨今。

  • 過払い金返還請求の対象となる金利が設定されていたのは2007年頃まで

しかし、テレビCMなどで最後の掘り起こしをしようと、10-20-30の電話番号で知名度のある新宿事務所や316-742のアディーレ法律事務所などが中心となってなかなか請求数が減少していかない…というのが最近の状況となっています(こちらの記事などを参照*1

テレビ番組で更に刺激:

そういった状況がある中で、過払い金返還請求を得意とする弁護士事務所が最後に打った手が「テレビ番組で過払い金返還請求をする」なのではないかと、そう思ったのでこの記事を書いてみました。

まちゃまちゃの過払い金は約84万円。さらにその額に年5%の利子をつけて請求する権利があり、2社合計で124万円以上の過払い金請求が可能となった。

しかし、過払い金請求においては、金融会社が交渉をはぐらかしたり、まともに取り合わないなど、全額返金が難しいという現状にある。まちゃまちゃのケースも、金融会社から早期に返金する代わりとして減額するとの提案が持ちかけられるなどした。

まちゃまちゃはこの提案を退け、「戦います!」と徹底抗戦することを宣言した。

このテレビ番組を見て、「私ももしかして過払い金返還請求できるかも?」「過払い金返還請求をするのは弁護士がついていれば怖くないんだ」と視聴者に思わせることが出来れば、これ以上ない『記事広告』に…。

弁護士事務所としては最後の最後、もうほんと搾りかすかもしれませんが、過払い金返還請求をしようと思う方を探すことが出来れば御の字。通常のテレビCMではもう新規顧客を見つけにくくなったからこそのタイアップ企画だと言えるので、これがほんとの最後かもしれませんね。

過払い金返還請求の現状:

Balancing The Account

ちなみに過払い金返還請求の現状はというと、徐々に請求件数は下がりつつあるものの、なかなか影響力が小さくなるほどは減っていないようです(詳しくは下記記事にて)。

この状況が続いていけば消費者金融やクレジットカード会社の体力を蝕み続けるかもですが、最近では彼らもだいぶ営業利益を出しやすい体質になっているのでそれほど経営には大きな影響を与えないのかもしれませんね。

以上、テレビ番組で芸能人が過払い金返還請求する…という企画を見て、もうそろそろ過払い金返還バブルは終わりだなと思った話でした*2

参考リンク:

生活費に困っている…という方は、国や自治体から低金利でお金を借りることが出来る、公的融資制度をまとめた下記記事も参考にどうぞ。上手にお金を借りれば無利息になることもありますよ。

cards.hateblo.jp

*1:実際には完済から10年…というのが過払い金返還請求の時効にあたるため、今後も根強く過払い金返還請求は残っていくものと思われます。

*2:言うまでもなくあくまで予測です。テレビ業界に詳しいわけではないので、ほんとうのところはわかりませんが、もしまちゃまちゃを担当している弁護士の事務所がテレビ番組内で表示されるようなら、なんらかのお金が番組制作に流れているかもしれません。