読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカードの種類まとめ!クラシックカードからリボ払い専用クレジットカードまで、種類とその特徴をわかりやすく解説します。

Credit Cards

今回はゴールドカードにプラチナカード、クラシックカードにリボ払い専用カードといった、クレジットカードの種類について初心者向けに解説した記事を書いてみたいと思います。

クレジットカードを作ろうと思うんだけど、自分はどれを選んだらいいんだ…と迷っている方は是非、これらの種類をしっかり把握した上で自分に適した1枚を探してみてくださいね(クレジットカードの比較方法については下記記事を参照)。

 

クレジットカードの種類とその特徴:

早速、クレジットカードの種類やその特徴についてまとめていきたいと思います。

一般クレジットカード(クラシックカード):

まず、年会費が無料で作ることができる『年会費無料クレジットカード』や、年会費が数千円以下のクラシックカードなどは、まとめて一般クレジットカードと呼ばれることが多いです。言わば一般クレジットカード=ごくごく普通のクレジットカード…という感じですね。

そのため、大学生や社会人になったばかりの方がクレジットカードを初めて入手する場合には、この一般クレジットカードの中から選ぶのが無難。カードの右左もわからない状態で年会費を払っても意味はないので、まずは年会費無料クレジットカードから作ってみてくださいね(楽天カードなどがおすすめです)。

ゴールドカード:

ヤングゴールドカード、低年会費ゴールドカード、若年層向けゴールドカードなどなど、今やたくさんの種類のゴールドカードが存在しますが、基本的なところは全部一緒。年会費がちょっと高くかかるが機能が充実している、黄金に輝くカードがゴールドカード…とおぼえておけばそれほど違いはないでしょう。

尚、今や20~25歳といった社会人になりたての年齢でも作れるゴールドカードもあるので、ゴールドカード=お金持ちしか作れない…ということはありません。年収200万円ちょっとの方でも作れるゴールドカードが出てきているので、周りにちょっとした差をつけたいのであれば是非、作ってみてください。

尚、ゴールドカードに関する説明はこんなものでは済まないので、この種類のクレジットカードを作ろうとしている方は下記記事を参考にしてもらえればと思います。

cards.hateblo.jp

プラチナカード:

ゴールドカードよりも上のグレードを持つクレジットカードの種類がプラチナカードです。当然、ゴールドカードよりも手厚いサービスや保険がついています。

こちらもゴールドカード同様、20代で入手できるプラチナカードなんてものもありますが、基本は30歳以上のある程度、所得が高い人向けのクレジットカードですね。

また、直接申し込むことが出来るプラチナカードから、入手するためにはインビテーションと呼ばれる招待状(カード会社が認めた利用者のみに送る案内状)が必要になることもあります。すぐにプラチナカードが欲しいのであれば下記記事を参考にして、インビテーション不要のものを選ぶようにしましょう。

cards.hateblo.jp

ブラックカード:

ごくごく限られたお金持ちや、クレジットカードの利用歴がとんでもなく良い方が作れるカードがブラックカード。ブラック…というとあまり良い印象がないかもしれませんが、このブラックカードはプラチナカードやゴールドカードよりも圧倒的に上のグレードになっています。

ブラックカードが入手するためにはクレジットカードの知識が必要になるので、まだカードを作ったことがない方やカード知識が乏しい方などはまず作ることは出来ません。ステータスのあるカードを持ちたいなら、まずはゴールドカードやプラチナカードから作るようにしてみてくださいね(日本国内で発行されているブラックカードは下記記事にて)。

cards.hateblo.jp

リボ払い専用クレジットカード:

気軽に作れるクレジットカードである反面、利用時には一番気をつけて欲しいのがリボ払い専用クレジットカード。

ポイント面でお得とか年会費無料とか、巧みな方法で会員を募集していますが、リボ払いという手数料のかかる支払い方法しか使えないカードなので、初心者の方は絶対に作ってはいけません(使う場合にはリボ払いの仕組みをきちんと理解した上で申し込んでください)。

尚、そんなちょっと初心者には危険なリボ払い専用クレジットカードですが、クレジットカード発行会社によっては『これはリボ払い専用です』といった記述があまり書かれていないケースもあります。誤って申し込んでしまわないように、カード申込時には隅々までしっかりと確認するようにしてくださいね。

法人向けクレジットカード:

法人向けクレジットカードはその名の通り、株式会社や有限会社といった企業経営者や、個人事業主の方向けに作られているクレジットカードです。

商品の仕入れや交通費などの支払いをクレジットカード払いでしたい…という方は、経費管理が楽になる法人向けクレジットカードを使うようにしてください。それだけで会計処理がかなり簡素化されること間違いなしですよ(クラウド会計ソフトと組み合わせれば記帳が自動化される)。

尚、法人クレジットカードの詳細は下記記事を参考にしてください。審査難易度から使うメリットまでを幅広く紹介中です。

cards.hateblo.jp

まずは一般クレジットカードから作ってみよう:

v2_all

以上、クレジットカードの種類まとめ!クラシックカードからリボ払い専用クレジットカードまで、種類とその特徴をわかりやすく解説します…という話題でした。

はじめてカードを申請するなら、まずは年会費無料のクレジットカードといった一般カードから作るようにしてみてくださいね。これらのカードは年会費が無料、もしくは数千円以下なので、安心して作成することが出来ますよ(詳細は下記記事を参照)。

cards.hateblo.jp 

PAGE TOP