読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

ついに国民年金の2年払いがクレジットカードでも可能に!従来の2年前納は、銀行口座振替でのみ支払い可能な制度でした。

マネー 節約 国内ニュース

Credit

従来、銀行口座振替でしか支払うことができなかった国民年金の2年前納が、2017年4月からはついに、クレジットカードや現金でも支払い可能になるようです。日経新聞が報じました。

厚生労働省は4月から国民年金の保険料を2年分前払いする時にクレジットカードや現金を使えるようにする。これまでは口座振り替えのみだった。

従来は口座振替のみだった2年前納:

この銀行口座振替による国民年金の2年前納は、過去に記事化したとおり、クレジットカード払いでは納付することができない制度でした。

そのため、クレジットカードで1年前納をするか、銀行口座振替で2年前納を利用するかで迷っていた…という方は、私以外にも多かったはず。

なぜならクレジットカード払いにしてポイントを取るか、はたまた2年前納の割引を取るか…が多くの方にとっての悩みだったのです(節約金額だけで考えると2年前納を口座振替したほうが安かった)。

今後はクレジットカード払い可能に:

しかし今後は前述のように、VISAカードやJCBカードといったクレジットカード払いで納付が可能に。

こうなると手元のお金に余裕がある…という方はもう、クレジットカード払いで2年前納をするのが一番ということになりますね。日経新聞の記事にもある通り、2年間で1万5,000円程度の保険料節約に繋がるので、口座振替を設定していた方は早めにクレジットカード払いに切り替えてもらえればなと思います。

  • 2年前納で節約できる金額:約15,000円
  • 1年前納×2で節約できる金額:約8,000円

現金やクレジットカードで前納すれば、毎月納付するのに比べ2年間で約1万5000円割り引く。前納の利便性を高めて、納付率の向上につなげる。 

クレジットカードポイントももちろん貯まる:

あと、これは説明不要かもしれませんが、国民年金の2年前納をクレジットカード払いした場合には、2年前納による納付額減額に加えてクレジットカードポイントの獲得が可能なこともお忘れなく。

これ、例えばポイント還元率1%の楽天カードなら、これだけでだいたい4,000円弱のポイント獲得に繋がるので、前述の節約金額と合算すると2万円ほどの節約になるので、こちらもバカには出来ません。

更に夫婦2人なら4万円、家族4人なら8万円…といった具合に、支払い人数が多くなれば節約金額も増加。つまり手元預金に余裕があるなら、他の支払いよりも優先して国民年金にお金を振り分けるのが賢い家計の節約だということですね。是非、上手に活用してもらえればなと思います。

以上、ついに国民年金の2年払いがクレジットカードでも可能に!従来の2年前納は、銀行口座振替でのみ支払い可能な制度でした…という話題でした。

さてさて、このまま日本年金機構が国民年金の「前借り」を続けるようなら、そのうち5年前納とか10年前納なんてものが出てくるのも時間の問題ですし、『前納で牛肉をプレゼント!』みたいな未来が待ってるのかも…。あんまり想像はしたくないですけど、絶対にない…と言えないところが悲しい現実です。

参考リンク:

国民年金の支払いで使うとお得なクレジットカードについては、下記記事も参考に。ポイントが貯まりやすいクレジットカードを多数、紹介していますよ。

cards.hateblo.jp