読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

LINE Payカードを紛失した場合の補償について調べてみた。誰かにLINE Payカード盗まれた場合にはどこまで補償される?

プリペイドカード セキュリティ

Money

ポイント還元率が高いプリペイドカードとして人気のLINE Payカード(ラインペイカード)。

このLINE Payカードを仮に紛失してしまったり、誰かに盗まれてしまった時の補償はどのようになっているのか、個人的にも気になったのでそのあたりについて詳しく調べてみました。LINE Payカードを普段から利用しているという方は是非、参考にしてみてくださいね。

LINE Payカードの補償について:

まず、結論から先に言うと、LINE Payカードの補償は最大10万円まで。

下記公式オフィシャルブログに書かれていますが、2015年2月頃より「利用者補償制度」というものが整備されて、送金・決済・出金が補償の対象となったようですね。逆にいうとそれまでは無保証だった…というのは少し怖いなという気がしました。

LINE Payでは、不正行為によって発生した損害を補償する利用者補償制度を今年2月より導入。全て*の送金・決済・出金が補償の対象となり、損害額はLINE社が全て*カバーします。

*アカウント所有者の意図の下に行われた金銭移動を除きます。
*損害発生時から、31日以内の申し立てが必要となります。
*原則10万円を補償の範囲としています。

ほとんどのケースで補償される:

では、どんな場合でLINE Payカードの被害額は補償され、反対に補償されない時にはどのようなものがあるのか…というと、これは下記の通り。

こんな時も安心!補償の対象となるケース

  • スマートフォンを紛失し、LINE Payにログインされ不正にクレジットカードを利用されてしまった
  • LINEとLINE Payのパスワードが第三者に特定され、勝手にアカウントを利用されてしまった
  • 身に覚えのないLINE Payの利用請求がきたなど・・・

補償の対象とならないケース

  • 自らLINE Payのパスワードを他者に伝え、利用を促した場合
  • 利用者の意思で行われた金銭移動
  • 利用規約に反した使い方をしていた場合 など・・・

まぁ「補償の対象とならないケース」は、補償されなくても当然の内容なので、LINE Payカードの利用者補償制度はほとんどのケースで利用者を被害から守ってくれる存在になりそうな感じです。

10万円以上のチャージはおすすめしない:

結論。

LINE Payカードを利用するなら、チャージ残高を10万円以上にしないほうが無難です。それ以上にチャージをしてしまうと、万が一、悪意のある誰かに悪用された時に補償が受けられなくなってしまうのでくれぐれもご注意ください。

  • チャージ残高10万円以下:安心して利用可能
  • チャージ残高10万円以上:紛失・盗難が不安

ちなみに私は2016年末にLINE Payカードを実験的に50万円以上までチャージしてみたんですが、今思うとこれは怖い行為でしたね。今後はチャージ残高に気をつけて利用したいなと思います*1

以上、LINE Payカードを紛失した場合の補償について調べてみた。誰かにLINE Payカード盗まれた場合にはどこまで補償されるのか…という話題でした。

参考リンク:

確認するまでもないかも…ですが、LINEPayカードで貯めたLINEポイントは、何に交換するとお得なのか…という点について詳しく調べてみた記事は下記をどうぞ。

cards.hateblo.jp 

*1:そう考えるとLINE Payカードはやはり、高額決済用のプリペイドカードではなく、コンビニ等での利用がメインになる、小額決済用のプリペイドカードという位置付けのほうが正しそうです。