読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

メルカリで『ただの1万円札』が高値で売買されているワケを解説!高い手数料を払ってでも現金を欲しがるその理由とは?

ここ数日、フリマアプリ「メルカリ」になんの変哲もない1万円札が出品されている…というツイートが話題になっています。

しかも4万円分の紙幣が4万7,000円だったり、5万円が5万9,000円で販売されているなどなど、メルカリでの販売価格には紙幣価値以上の「色」が付いているために、『誰がこれを買ってるんだ?』と疑問に思った方も多いはず。

  • 4万円の紙幣:販売価格は4万7,000円
  • 5万円の紙幣:販売価格は5万9,000円

そこで今回はなぜ、メルカリにただの紙幣が販売されているのか、その理由について解説をしていってみたいと思います。これを読んでいただければきっと、世の中の貧困問題が垣間みえると思いますよ。

お金に困った人に需要あり:

まず、結論から先にいってしまうと、メルカリで現金(紙幣)を購入している人は「お金に困っている人」です。

『えっ?お金に困っている人がなぜ高値で紙幣を買うの?』と思われるかもしれませんが、ここで登場するのがクレジットカード。ご存知のようにクレジットカード払いをすると支払いを先延ばしすることが出来るので、この「時間差」を利用して先に紙幣を手に入れてしまおう…という需要があるようなんです。

  • メルカリで紙幣を落札:先に紙幣が届く
  • 紙幣をカードで払う:支払いは後になる(リボ払いや分割払いなら更に先延ばしできる)

キャッシングすればいいじゃんと思うなかれ:

ここまでを読むと『いやいやいや、わざわざメルカリで紙幣を購入しなくても、クレジットカードを持っているならキャッシングを利用すればいいじゃん!他にも消費者金融とかがお金を貸してくれるよ?』と思われる方もいるかもしれませんが、たぶん、メルカリで紙幣を購入している人というのはもう他で限界いっぱいまでお金を借りてしまっている方。

要するにもうどこからもお金を借りることが出来ないので、仕方なく高値で紙幣を購入し、実質的な「お金の借入」を行っているのです。

  • もうどこからも借金できないから、クレジットカードを利用して現金を手に入れている(たとえ高値であってもお金を手に入れたい)
返済を強く催促されている可能性大:

さらに加えて言うなら、メルカリで現金を買うくらいまで切羽詰まっている方は、お金の返済で困っている方で間違いなし

消費者金融やクレジットカード会社への返済や、人によっては闇金融への返済でクビが回らなくなってしまっているために、高い手数料を払ってでも紙幣を調達しようとするのです。

実際、『○日までに金返せゴルァ!』みたいな電話が毎日かかってくるような状況下だと、論理的な思考回路が麻痺してしまい、どんなに手数料を払ってでもお金を工面しなくちゃ…と思う方は多い模様。

特にヤミ金のような違法な取り立てを行う業者に睨まれたら、命の危険を感じてそういう行動に出てしまう気持ちはわからなくもありません(ヤミ金と消費者金融の違いについては下記記事を参照。ヤミ金から絶対にお金を借りないように!)。

cards.hateblo.jp

貸金業法が改正された影響も?

メルカリで現金が売買されている背景には、昔と比べてお金が借りにくくなった状況も影響しています。

特に専業主婦などの女性は大変。原則、消費者金融などからお金を借りることが出来なくなってしまったためにヤミ金に手を出し、結果的にメルカリで現金を買うような状況になってしまっている可能性もありそうな感じがします。

ほんと、こんな現金化をしなくてはいけないほどにお金に困ってしまったなら、家族に相談をするか、債務整理を専門に行っている弁護士や司法書士に相談をしてみてくださいね。すでにヤミ金を利用してしまっているなら尚更ですよ。

かなりグレーなお金のやりとり:

HA 615097h Serial Number Japanese 10,000 Yen Note, Macro Photo

ここまでメルカリでただの1万円札が販売されている理由について解説させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

出品者側はメルカリの出品手数料10%を払ってでも儲かる金額を設定し、落札者側は多少の手数料を払ってでも現金をすぐ手に入れたいという需要と供給がマッチしたために成り立っているようですが、かなりグレーな売買であると言わざるを得ません。

  • 出品者:メルカリ手数料を払ってでも儲かる金額で販売
  • 落札者:手数料を払ってでもすぐに現金が欲しい

しかし、一般的なクレジットカード現金化ビジネスと違い、B to C(業者から個人への販売)ではなく、C to C(個人から個人の販売)なので、クレジットカードの利用規約にひっかかるかどうかは微妙なところ。

『個人売買だから』とか『この紙幣には価値があると思ったから』と言われてしまえば、行政もなかなか規制することは出来ないことでしょう。

cards.hateblo.jp

メルカリが規約を改訂しても穴は残る:

また、仮にメルカリ側が規約で紙幣の販売を禁止したとしても、「この紙幣は連番でピン札だから価値があるんだ」と言われたら、メルカリ側も完全に規制することは難しいので、どこに落とし所を見つけるかは悩ましいですね。

どうにかこうにか穴を塞ぐ方法を、メルカリには責任をもって見つけて欲しいなと思います(こういった売買はお金に困った人を更に借金地獄に落とすだけなので、救済の側面はありません)。

メルカリにはパチンコ景品なども出品されている:

メルカリには1万円札や5,000円札だけでなく、パチンコの特殊景品(純金など)も出品されています。そのため、いくら紙幣の出品をメルカリ側が禁止したとしても、次はパチンコ景品に人気が集まるだけなのでイタチごっこなのかもしれません。

結局、「クレジットカード払いで購入できる」というメルカリの根本でも変更しない限りは、次から次へと現金化しやすい商品が出品されていくでしょう。金のネックレス、金貨、遊園地の入場券、売値が決まってるゲームソフトなどなど、アイデアなどいくらでもありそうです。

追記:生活保護などの収入回避にも使われてる?

Yen

追記です。

こちらの市況かぶ全力2階建というサイトを見たところ、メルカリで現金が売れている別の視点があったのでそちらも紹介させていただきます。

なるほど、銀行振込などで収入があるのをバレてしまわないように、メルカリ売買や転売等で儲けたお金を紙幣購入により現金化する…という違法行為(?)をしている方は確かにいそうな感じ。

  • 銀行振込でメルカリの売上を貰う:周りから収入が見える形に
  • メルカリの売上を紙幣を購入する費用に当てる:周りから収入が見えない

これなら第三者から売上を見えなくすることが出来るので、メルカリ側から税務署側に情報提供でもない限り、その人に収入があることはわからなくなってしまうのかもしれません*1

うーん、賢いといえば賢いですが、間違いなく違法&脱税に繋がる行為なので、みなさんは絶対にやらないようにしてくださいね。バレたら確実に刑事罰に処されますよ。

以上、メルカリで『ただの1万円札』が高値で売買されているワケを解説!高い手数料を払ってでも現金を欲しがるその理由とは?…という話題でした。

参考リンク:

どうしてもお金に困ったら、クレジットカードの支払い方法を工夫するだけで金利発生を極力、抑えることは可能です。あなたを金欠から救ってくれるのは「お金に関する知識」だけですよ。

cards.hateblo.jp

*1:例えばメルカリの転売で年収500万円を荒稼ぎしている人が、その売上すべてを紙幣購入に使ってしまえば、税務署からはその売上が見えなくなる…といった感じ。納税不要(?)になる分だけ手数料を払っても1万円札を購入したほうが手元に残るお金が増える形になります(もちろん脱税です)。

PAGE TOP