読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

賃貸物件よりも持ち家のほうがクレジットカード審査に有利なのは、夜逃げがしにくいから。カード会社はお金を踏み倒されるのが怖いのです。

http://www.flickr.com/photos/30567804@N00/3164158735

photo by echiner1

クレジットカードを申し込む場合、一般的に持ち家(一戸建て、分譲マンションなど)を保有しているほうが審査に有利だと言われています。

これ、ナゼかというと持ち家がある=お金に余裕がある…という点もあるでしょうが、それよりも実は、持ち家がある人のほうが夜逃げしにくいからというほうが大きいようなんです。

まとめるとこんな感じ。

  • 自分名義のマンションや一戸建てを持っている…夜逃げしにくい
  • 賃貸マンションやアパートに住んでいる…夜逃げしやすい

確かに賃貸物件に住んでいる人は簡単に逃げちゃえますが、自分名義のマンションや一戸建てを持っている場合には、なかなかそうもいきませんよね。

そういった意味では家族名義の住居に住んでいる方も同様です。夜逃げがしにくい以上、賃貸マンションやアパートに住んでいる人よりかはクレジットカードの入会審査においてやや有利に働くことでしょう*1

クレジットカードはお金を回収するビジネスモデル:

ではなぜ、クレジットカード会社は夜逃げがしやすいかどうかで審査基準を変えているのでしょうか?これはクレジットカードというものが、利用されたお金を回収しないと大赤字になるビジネスモデルなためです。

  • カードで買い物をし、その代金をしっかり払う:カード会社は安泰
  • カードで買い物をしたが、代金を踏み倒す:カード会社の損失に

そのため、いくらクレジットカードが欲しい!といって来た申込希望者にクレジットカードを発行してあげたとしても、その利用者に好き勝手に買い物され、更にカード代金まで踏み倒されてしまったんじゃビジネス自体が成り立ちません。だからこそ入会審査にて、きちんと使ったお金は返してくれる人かどうかを確認しているのですね。

結果、逃げにくい自分名義の物件に住んでいる人が高評価となる…というわけです。

不動産を持っていなくても大丈夫:

とはいえ、不動産を持っていないとクレジットカードを作れないのかといえばそんなことはありません。事実、私は賃貸マンション住まいですが、それでも入手難易度が一番高いと言われているブラックカードを持つことができているくらいです(その他の項目で信用度があるということ)。

このようにあくまで賃貸物件か持ち家に住んでいるかどうかというのは、数多くあるクレジットカード審査基準の一つでしかありません。確かに持ち家のほうが審査に有利ですが、持ち家でなくてもその他の項目で高評価であれば、十分にクレジットカード審査を突破することは可能ですよ。

以上、賃貸物件よりも持ち家のほうがクレジットカード審査に有利なのは、夜逃げがしにくいから。カード会社はお金を踏み倒されるのが怖いのです…という話題でした。

参考リンク:

クレジットカードの入会審査に通るか不安…という方は、アルバイトやパート勤務の方でも作成可能なクレジットカードを申込むようにしてみてください。これらのカードは比較的容易に入手可能なのでおすすめですよ。

cards.hateblo.jp

*1:更に言うならば賃貸アパートやマンションに住んでいる人よりも、会社の社員寮などに住んでいる人のほうが逃げ出しにくいために高評価。これは仮に数万円のボロい社員寮であったとしても、夜逃げのしにくさを考えると高い評価を与えられるのですね(とはいえ、家族と同居よりは評価は低いかも?)。

PAGE TOP