読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

三菱UFJニコスが三菱UFJフィナンシャルグループの完全子会社に!JAカードを独立させ、農林中央金庫の保有分を買い取る方針のようです。

Invest

現在、三菱UFJニコスに85%ほど出資している三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)が、残りの15%を保有している農林中央金庫からその株式を買い取り、2017年内にも三菱UFJニコスを完全子会社化する方針のようです。

日経新聞が報じました。

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は年内にも、クレジットカード子会社の三菱UFJニコスを完全子会社化する方針を固めた。ニコスにはMUFGが85%、農林中央金庫が15%を出資しており、農林中金の保有株を買い取る。

JAカード事業を農林中央金庫の子会社に移管:

100%完全子会社化する方法はシンプル。

農林中央金庫が発行&管理を三菱UFJニコスに委託しているJAカード事業を、農林中央金庫とMUFGが共同出資して新しく作る子会社に移管させるというだけのもの。

要するに三菱UFJニコスの業務内容からJAカードを独立させ、その子会社に移すことで、三菱UFJニコスの株式を持つ必要性がなくなった農林中央金庫から三菱UFJニコス株式を購入をしよう…という流れのようです。

  • 従来:JAカードを発行&管理してもらう都合上、農林中金には三菱UFJニコスの株式を持っておくメリットがあった
  • 今後:JAカードの発行&管理を別会社に移管することで、農林中金は三菱UFJニコスの株式を持つ必要がなくなる

MUFG側はなぜ完全子会社化するのか?

ではなぜ、すでに出資比率が85%もある三菱UFJニコスを、わざわざ100%子会社化する必要性があるのか…というと、これはどうやら三菱UFJフィナンシャルグループが今後、重点的に取り組んでいこうと思っている仮想通貨「MUFGコイン」が絡んでいそうな感じ。

ざっくり言うなら三菱UFJフィナンシャルグループが思いのままに仮想通貨を開発していくためには、三菱UFJニコスを100%子会社にしておく必要性があった…ということみたいですね。

まぁ、語弊を恐れずに言うなら「せっかく本気出して仮想通貨に投資しようとしているのに、農林中央金庫に分前をあたえるのは勿体無い!」、そんな感じでしょう(苦笑)

100%完全子会社で本気を出すMUFG:

こんな感じでたとえ15%であっても他社の出資があると邪魔…と三菱UFJフィナンシャルグループが考えているのは、それだけフィンテック分野への投資に対してガチである…ということの現れ。

MUFGコインに限らず、今後は決済分野全体に対する変化が生まれていきそうなので、個人的にもそれに期待したいなと思います。是非、メガバンクの本気とやらを見せて欲しいものです。

以上、三菱UFJニコスが三菱UFJフィナンシャルグループの完全子会社に!JAカードを独立させ、農林中央金庫の保有分を買い取る方針のようです…という国内ニュースでした。

参考リンク:

仮想通貨や新しい決済の仕組みなど、フィンテック分野の進歩は目覚ましいものがありますね。今後も銀行やクレジットカード会社などが中心となってフィンテック分野への投資は活性化していきそうな感じです(フィンテックってなに?という方は下記記事を参照)。

cards.hateblo.jp

 

PAGE TOP