読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカードを海外で利用する時の為替手数料を、三菱UFJニコスが値上げ!今後はVISA、MasterCard問わず2.16%になるようです。

支払い MUFGカード トラベル

Money

クレジットカード発行大手の三菱UFJニコスが為替手数料を値上げする方針のようです。三菱UFJニコスが公式リリースにて発表しました。

このたび、三菱UFJニコスおよびフランチャイジー各社は、自社発行のクレジットカードにおきまして、外貨でのショッピングご利用にともなう事務処理手数料を、以下<手数料の改定内容と具体例>のとおり改定させていただくことになりました。 (中略)

手数料の改定内容

  • 【改定前】1.55%(税込1.67%)
  • 【改定後】2.00%(税込2.16%)

海外での買い物がほんのすこし割高に:

この手数料改訂により、今後、三菱UFJニコス発行のクレジットカードを持っている方は海外での買い物がほんのすこし割高になります。

これは支払先のジャンルを問わず、ホテル代、レンタカー代、ショッピングモールでの支払いすべてが対象。また、アメリカだけでなく、韓国、中国、台湾、イタリア、フランス、ナイジェリアなどなど、外貨建てでの支払いをする場合すべてに適用されるのでくれぐれもご注意ください。

1ドル100円の時、100ドルの支払いをした場合の手数料:

念のため、1ドル100円ちょうどの時に100ドルの支払いをアメリカでしたと仮定した場合、どのくらい手数料が変わるのかを計算しておきます。

  • 改定前:100ドル×100円×1.67%=167円
  • 改定後:100ドル×100円×2.16%=216円

まぁこれを大きいと見るか小さいと見るかは人それぞれですが、海外旅行や超短期留学ではなく、海外赴任や国際結婚等で普段から海外で生活しているという方にとっては大きな痛手になるのかも。

どうしてもこの手数料分に納得ができないという方は、為替レートがまだ低めに設定されている他のクレジットカードへの乗り換え等を検討すべきなのかもしれません(楽天カードセゾンカードなど)。

三菱UFJニコスが為替レートを増額した理由:

最後にちょっとした雑談を。

公式リリースによると三菱UFJニコスが為替レートを増額した理由については下記の通りとのこと。うん、こういった理由があるのであれば、手数料アップも仕方ないところなのかなという気がしますよね。

昨今の、とりわけ海外におけるクレジットカードを取り巻く環境に鑑みますと、利便性および安全性の確保は急務となりつつあります。

このような時代の環境変化に対応し、安全・安心・快適な決済サービスを維持・強化していくため、このたびの改定が必要と判断したものでございます。

反面、公式リリース後半にはこんな記述も存在。

今後ご提供または拡充を予定しているサービス

  • 海外Wi-Fiレンタル利用料割引
  • 海外旅行に役立つサービスをまとめたポータルサイトの開設

仮にこの2つを整備するために、海外利用時の為替手数料をアップする…というんだったら、余計なおせっかい以外のなにものでもないな…と思うのは私だけでしょうか?

なにせWi-Fiレンタルはわざわざクレジットカード会社経由でしなくても問題ありませんし、海外旅行に役立つポータルサイト等も地球の歩き方やトリップアドバイザー等で十分ですからね(苦笑)。特に為替手数料をあげてまでやってほしいものではありません。

まぁ今回追加&拡充されるこれらのサービス以外にも、海外利用の監視や海外アシスタントデスクの拡充も引き続き行っていくのでしょうけれども、出来れば「手数料があがって安心になったな」と思えるような改善をしてもらえると個人的にも嬉しいです。期待しています!

以上、クレジットカードを海外で利用する時の為替手数料を、三菱UFJニコスが値上げ!今後はVISA、MasterCard問わず2.16%になるようです…という話題でした。

参考リンク:

海外でクレジットカードを使う予定がある…という方は、下記記事もあわせてどうぞ。海外でのクレジットカードの支払い方から、困った時の現地通貨調達方法などをまとめています。

cards.hateblo.jp