読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

職業スナイパーでも楽天カードが作れるというのは100%都市伝説!無職でもクレジットカード審査に通過できるという嘘には騙されないように。

審査 業界

http://www.flickr.com/photos/66397939@N00/9522973880

photo by Luis Ramos

先ほど書いた記事コメント欄を見てみたら「無職でも余裕でクレジットカード審査が通る時代に何言ってんだ?」とか、「楽天カードは職業スナイパーでも審査に通る」とか、そんなコメントがあり、ややげんなりしてしまった私。

こんな感じでさすがに噂やネタが一人歩きしすぎてしまっている状況があるので、今回は貯金もない無職でもクレジットカードが作れるって100%、ただの誤解ですよ…って記事でも書いてみたいと思います。

特に職業スナイパーで楽天カード審査に通ったって話を今まで信じてた…って人は、風評に騙されやすすぎだと思うので気をつけてくださいね。

無職でカード審査に通ったという理由まとめ:

早速、無職でもクレジットカード審査に取った…という方の理由をまとめていってみたいと思います。

1.無職だけど資産があるケース:

まず、ただの無職ではクレジットカード審査に通りませんが、ある程度の銀行預金があるという方の場合には無職でも審査に通るケースがあります

試しに「楽天カード 無職」で検索すると出てくる、はてなブログ界隈では有名なはぴらきさんも無職で楽天カードを入手した方ですが、この方が楽天カードを作れる理由は資産が300万円以上あったため。

貯金0円、仕事もない…という方でもまるでクレジットカードが作れるという風に思っている方もいるようですが、実際にはクレジットカード審査ってそんな甘いものではないと思っておいてください。

貯金残高についても正直に申告した。無職で収入もほとんどないが、貯金は少しある。残高証明を郵送する必要はないが、「300万円以上」というような選択肢が複数ある中で最適なのを選択した。

そもそもコンピューター審査によるスコアリング*1で、無職+貯金なしなら余裕で落とされます。他、持ち家がある場合などで審査に通過できたという事例もあるでしょうが、何も持ち合わせていない無職にはそのチャンスもありません。

  • なにも資産がない無職:審査落ち
  • 資産のある無職:審査に通ることも

2.申し込んだのがクレジットカードじゃなかった:

次に多そうなのが、クレジットカードを申し込んだつもりだったのは本人だけで、実はそれはVISAデビットカードやJCBデビットカードだったというケース。

これらのデビットカードについては銀行口座が開設できる方であれば審査無しで入手できるので、VISAマーク、JCBマークがついたカードを入手した際、「クレジットカードが無職でも作れた」と言っている場合もあるのではないかと思います。

  • クレジットカード:入会審査がある
  • VISAデビットカード:審査なし(誰でも作れる)

まぁクレジットカードに詳しい方でも、VISAカードとVISAデビットカードの違いはよくわかっていないというケースも多いので、こういった混同は仕方ないところかもしれません。

最近ではVISAプリペイドカードなんてものもあるので、余計にややこしくなっていますね。詳しくは下記記事をご覧ください。

cards.hateblo.jp

3.有職者だと偽ってカードを申込するケース:

3つ目は無職なのにまるで仕事をしているかのように記載をして、クレジットカードを申し込んだ場合。例えば無職なのに個人事業主として収入があるとか、会社をすでに退職したのに勤務していた会社の名前を書いて提出したとか、そういう場合のことですね。

このケースは「クレジットカード会社を騙してカードを入手した」ということになるので詐欺罪に問われます。確かに運がよければ無職でもカードを入手できることがありますが、バレてしまった場合には刑事告訴をされることすらありえますのでご注意ください(告訴まではいかなくても、一生、そのカード会社のカードが作れなくなります)。

もちろん、無職だからクレジットカードが作れたのではなく、無職なのに有職者だと偽ったためにカードが作れただけです。無職なのにカードが作れたわけではありません。

  • 間違い:無職なのにクレジットカードが作れた
  • 正解:不正をして無職なのにクレジットカードが作れた

4.ネタを信じているケース:

最後がこれ、ネタです。

職業スナイパーや忍者でもクレジットカード審査に通った…という記事が過去にあり、それを信じている方がいまだに多いのですが、クレジットカード審査の仕組みをちょっとでも知ってる人間なら、それはただのネタだと断言できます。

実際、スナイパーで審査が通った噂の楽天カードの公式Twitterアカウントには、こんなツイートがあります。誰かが広めたネタにも関わらず、本当にスナイパーで申込をした方が多かったんでしょうね(苦笑)。その対策としてのツイートだと思われます。

ちなみに元となった下記ツイートをした方は、その後、デマを流した罪悪感からか、Twitterアカウントを削除しています。

楽天カードは審査が相当ぬるい。 わたし、職業「スナイパー」で審査通ったんだよね 楽天から電話「職業の方がスナイパーとなってますが、どういった事をなされるのですか?」 雪「たまにビルの上とかから撃ってます。」 審査合格カードが届きました

広告のために嘘を書く人も:

ブロガーやアフィリエイターといった広告収入で生計をたてている方が、より多くの広告収入を得ようと「無職でもクレジットカードを作れる」というデマを拡散しているケースもあります。

こういったサイトにアクセスをすると、職業欄をごまかして申込をせよ…といった詐欺行為が推奨されている場合もあるのでご注意ください。特に某消費者金融のクレジットカードは無職でも作れそうな気になりますが、言うまでもなく無職では審査に落とされるだけです。

無職ではクレジットカードを作れない:

http://www.flickr.com/photos/15731869@N05/4211839788

photo by michael_swan

結論。4つほど可能性をあげてみましたが、どう考えても貯金も不動産も持っていない無職ではクレジットカードは作れません。

前述のようにデビットカードやプリペイドカードなど、クレジットカードに似たようなものなら作れますが、クレジットカードの場合には入会審査がある限り、繰り返しますがただの無職では作成不可。そのため、「無職でもカードが作れる」なんてネット上の噂を鵜呑みにして、申込をしないようにしてくださいね*2

以上、職業スナイパーでもカードが作れるというのは100%都市伝説!無職でもクレジットカード審査に通過できるという嘘には騙されないでください…という話題でした。ほんとうの楽天カードの審査基準が知りたい…という方は、下記記事を参考にしてもらえればと思います。

カード審査関連の参考リンク:

楽天カード審査だけでなく、クレジットカード審査全般について知識がない方は、下記記事もあわせてどうぞ。クレジットカード審査ではどのようなことをしているのかがわかるようになりますよ。

cards.hateblo.jp

*1:スコアリングとはクレジットカード申込時に入力した年収や職業、住所や家族構成などに点数を付けること。一定の点数以下しかとれなかった方は、問答無用で即時、審査に落とされることになります(カード申込完了と同時に「審査に落ちました」というメールが届くことになる)。

*2:そもそもクレジットカードの申込画面に「無職」という項目がなかったり、あったとしてもそれを選択した時点で「お客様は当カードを申込できません」と審査以前に申込すらさせてくれない場合も多いです。