読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

NTTグループカードは、Web明細を指定しないと年会費がかかるクレジットカード。このカードを申込するならネット利用明細を使おう!

年会費

http://www.flickr.com/photos/21297059@N03/3412598036

photo by Tysh

NTTグループの電話料金等が安くなるだけでなく、ガソリン代の節約などにも役立つと人気のNTTグループカード。このクレジットカードは一般的に年会費無料のカードであると認識されていることが多いのですが、正確には「実質年会費無料」のクレジットカードという形になっています。

そこで今回はなぜNTTグループカードが年会費無料なのではなく、実質年会費無料なのかについて詳しく解説してみたいと思います。これからこのカードを作ろうと思っている方は是非、参考にしてみてくださいね(下記の公式サイトも参照に)。

NTTグループカードは条件付き年会費無料:

早速、NTTグループカードはどのようにすれば年会費無料になり、逆にどうすれば年会費が発生してしまうのかを簡単にまとめてみました。

  • Web明細のみの利用者…年会費無料
  • Web明細に加え、紙の明細も欲しい方…年会費1,200円(税抜)

要するにクレジットカードの利用明細書を郵送で受け取りたいという方の場合には有料、いやいやネットで見るから郵送不要だよという方の場合には下記のように有料になるのですね。

紙の明細が必要なら、1ヶ月あたり100円の負担:

ではなぜ紙の明細書を郵送してもらうためには年会費が発生してしまうのでしょうか?これはちょっと計算すればわかりますが、紙の明細書を自宅に取り寄せる場合にはどうしても郵送代や印刷代が別途かかってしまうため。

年会費1,200円を12ヶ月で割ると1ヶ月あたり100円になるわけですから、この100円=郵送代+印刷代と考えるとわかりやすいでしょう。

  • 1ヶ月100円の年会費負担=紙の明細書を自宅まで届けるコスト

つまりまとめると、NTTグループカードではその郵送費用がかかる人には年会費1,200円(税抜)の請求をし、かからない人(Web明細を使う人)には年会費無料にしましょうということ。

『年会費なんて払いたくないよ!』という方は、紙のカード明細書郵送を不要とすれば年会費無料でNTTグループカードを使えるのですね。

NTTグループカードを使うならWeb明細を使おう:

http://www.flickr.com/photos/11897355@N00/2550476978

photo by mattb_tv

最後に少しだけ。紙の明細書を貰うためだけに年会費1,200円(税別)を払うのは確かにもったいないですが、個人的に言わせてもらうのだとすればクレジットカード初心者の方は紙の明細書までしっかり貰っておいたほう無難。

その理由は単純で、紙の明細書は毎月、自宅まで郵送してきてくれるので、必ず1度は目視でその存在を確認することが出来るためです。

詳しくは下記記事にまとめていますが、ネット明細のみだとついつい確認を忘れて、仮に不正利用があっても気づかない…なんて悲劇を生んでしまうこともあるのでご注意ください。『いやいや、それでも年会費がもったいないからネット明細でいいよ』という方は必ず毎月、明細書の確認をするようにしてみてくださいね。

以上、NTTグループカードは、Web明細を指定しないと年会費がかかるクレジットカード…という話題でした。NTTグループカードのお得なポイント制度や現在実施中のキャンペーン情報については公式サイトにて確認してもらえればと思います。

参考リンク:

年会費無料のクレジットカードをもっと知りたい…という方は、下記の比較記事も併せてお読みください。なぜ年会費が無料でクレジットカードは使えるのかなどの豆知識についても解説していますよ。

cards.hateblo.jp