読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

実はお得に使える家族カード活用術まとめ!その審査基準や利用メリットなど、家族カードとはなにかを徹底解説してみました。

http://www.flickr.com/photos/53806369@N02/11922834225

photo by fotografirox

今回はあまり活用できていない方が多い、クレジットカードの家族カードについての解説をしていってみたいと思います。

家族カードとは何?という基本的な解説はもちろん、その利用メリットや注意点までを徹底的にまとめていますので、家族カード作成に興味があるという方は是非、この機会にその概要を学んでもらえれば幸いです。

家族カードの基礎知識:

家族カードとは?

まず、家族カードとはその名の通り、自分の家族が使うことができるクレジットカードのこと。

本来、クレジットカードというのは利用規約上で「名義者本人(自分)」しか使うことが出来ないものと定められているんですが、この家族カードであれば自分の妻や両親、子供にも自分のクレジットカードを使わせることができるようになります。

家族カードは追加発行されるもの:

ではどのように家族に自分のクレジットカードを使わせることができるのかというと、これはETCカードのように追加でクレジットカードを発行することになります。

例えば楽天カードを保有している場合には、自分が持っている楽天カードに追加カードとして、楽天カード(家族用)を発行することができるのですね。つまり家族カードを発行した場合には合計で2枚の楽天カード入手が可能です。

また、家族カードは複数枚発行することができるので、家族カードを2枚発行した場合には親となるカードとあわせて3枚、家族カードを3枚発行した場合には合計4枚…といった具合に。

  • 家族カード発行なし:親となるカード1枚のみ
  • 家族カード1枚発行:合計2枚
  • 家族カード2枚発行:合計3枚
  • 家族カード3枚発行:合計4枚

まぁ例えが良いかどうかはわかりませんが、ホテル宿泊時のカードキー(カードタイプの鍵)を2枚、3枚渡してもらうイメージと一緒です。

家族なら誰でも使えるわけではない:

但し、家族カードを1枚発行すればそのカードを誰でも使えるようになるわけではありません。家族カードであっても親となるクレジットカード同様、その名義人しか使えない規約となっているためです。

  • 親となるクレジットカード:名義人のみが使える
  • 家族カード:名義人のみが使える

そのため、妻と両親に自分のクレジットカードを使わせたいと考えるのであれば、配偶者用に1枚、父親用に1枚、母親用に1枚といったように、合計3枚の家族カードを発行してもらう形になります(親カードと合わせると4枚になる)。

家族3名に家族カードを持たせる場合:

  1. 親となるクレジットカード:自分用
  2. 父親用の家族カード:父親用
  3. 母親用の家族カード:母親用
  4. 配偶者用の家族カード:妻用

繰り返しにはなりますが、家族カード1枚を家族で使い回すことは出来ません。これをやってしまうと盗難&紛失時の補償が受けられなくなる可能性があるだけでなく、クレジットカード自体の没収等も考えられるので、絶対にやらないようにしてくださいね。

家族カードを発行できる相手は限定されている:

ちなみに家族カードという名称だと、家族であれば誰にでも発行できると思われるかもしれませんが、原則、18歳未満の子供への発行はできません(18歳であっても高校生ではダメ)。

また、兄弟やいとこへの発行がOKなクレジットカード会社もあれば、同居している両親と配偶者、子供のみに限定するというクレジットカード会社もあるので、発行対象については各公式サイトにて確認をしてください。

まぁ兄弟や従兄弟に家族カードを使わせようと思う方は稀だとは思いますが、それが出来るカードと出来ないカードがあることだけは覚えておくと、無用なトラブルに巻き込まれることもなくなりますよ。

家族カードの利用メリット:

1.家族でポイントを貯められる

家族カードを利用する最大のメリットはやはり、家族そろってポイントを貯めることができるという点。家族カードをコンビニやスーパーマーケットでの支払いに使った場合でも、親となるクレジットカード同様にポイントがたまるので、家族揃ってポイントを貯めれば効率が良いという話です。

  • 自分1人でポイントを貯める:限界がある
  • 家族揃って貯める:多くのポイントが貯まる

特にJALカードやANAカードといった、最低限のポイントを貯めないと特典に交換することができないクレジットカードでは、家族の協力が必要不可欠。夫婦でポイントを貯めれば1年に1度は国内旅行に無料で行けるようになるので、家族カードが家族の絆を深めることにも繋がりますよ(詳しくは下記記事などを参照)。

cards.hateblo.jp

2.年会費無料、もしくは安い

家族カードの利用メリットその2は、家族カードの年会費は無料、もしくは割引になっていることが多いという点です。

そもそも親となるクレジットカードが年会費無料の場合には家族カードも年会費無料になるのは当然なんですが、例えば三井住友VISAプラチナカードのように年会費が5万円以上もするクレジットカードであっても、家族カードの年会費が無料になってしまう場合も少なくありません。

  • 三井住友VISAプラチナカードを夫婦それぞれが持つ:10万円以上の年会費
  • 三井住友VISAプラチナカードを発行し、家族カードを作る:5万円(税別)の年会費でOK

そのため、夫婦でバラバラのクレジットカードを持つよりかは、家族カードを活用したほうが年会費負担を抑えることが可能。個別に契約をしてしまうと年会費が高くつく場合が多いので、夫婦や両親などと上手に年会費を節約してもらえればと思います。

3.サービスや保険が活用できる

3つ目のメリットとしては、家族カード保有者も親となるクレジットカード保有者同様のサービスや保険に加入することができる点です。

例えば空港ラウンジの無料利用サービスなどは便利。予め家族カードを家族にも発行しておけば、家族旅行の際に家族そろって空港ラウンジを無料利用することが可能になるだけでなく、例えば妻がママ友との旅行に行く場合であっても家族カードを使ってそのまま空港ラウンジを利用することができます。

  • 家族カードなし:自分ひとりしか空港ラウンジを使えない
  • 家族カードあり:家族揃って空港ラウンジが使える

空港ラウンジって何?という方は、下記記事もあわせて参考にどうぞ。

cards.hateblo.jp

旅行傷害保険に加入できるのも魅力:

また、家族カード保有者も海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険に加入できるというのも大きなメリット。

家族旅行時に急病になってしまったり、不慮の破損事故などを起こしてしまった場合などに役立つはずです(自分だけカードを保有している状況では、その保証範囲が自分のみとなってしまう)。

  • 家族カードなし:保険は自分のみが対象
  • 家族カードあり:家族も揃って保険加入できる

このように家族カードを発行しているからこそ使えるサービスや保険が結構あるので、年会費無料で家族カードが発行できるカードでは積極的に家族カードを発行しておくようにしてくださいね。買い物等で使う予定がなくても、発行しておくことに意味がありますよ。

4.ブラック属性でも持てる

家族カード保有メリットの4つ目は、ブラック属性の方でも持てるという点。

これはまぁ、ごくごく少数の方にとっての利用メリットでしかないんですが、クレジットカードを作ろうとしてももうしばらくはカードを作れないという方向けに、この家族カードは重宝するのです。

もちろん親となるクレジットカードには入会審査が存在するのでブラック属性の方は持つことは出来ませんが、家族カードであれば話は別。家族カードを与える対象者には入会審査は存在しないので、前述のようにたとえクレジットカードを作ることができないブラック属性の方であっても保有が可能になります。

  • 家族カード発行の審査は、その親となるクレジットカード保有者に対する審査となる(途上与信なので審査自体も簡易的なものになる)
自分でカードを作れないなら家族に頼む:

そのため、もしあなたがクレジットカードを作ることが出来ないブラック属性だとしたら、妻や両親、兄弟といった家族に家族カードの発行をお願いしてみてください。

この場合にはあなた自身の入会審査は行われないので、家族の信用力に問題がないのであれば家族カードを利用することができるようになりますよ*1

5.利用明細書で確認可能

家族カード利用の5つ目のメリットとしては、家族カード利用分はそれぞれ区分された状態で利用明細書に計上されてくるという点です。

これは正直、自分がいつどこでどんな支払をしたかがバレたくない家族(配偶者など)にとってはデメリットになりかねない点ではあるんですが、例えば子供にクレジットカードを持たせる場合にはその利用履歴を監視できるというメリットも。

特に一人暮らしをさせている大学生の子供に対して、仕送りの代わりに家族カードを渡しておけば変な支出がないかどうかを逐一チェックできるようになるので、子供の生活が心配…という方におすすめです(子供から見れば嫌な監視にはなりますけどね)。

旦那さんのお小遣い監視にも:

加えて旦那さんのお小遣いがどこで使われているかチェックしたい女性にも効果的。

現金でのお小遣い代わりに家族カード+最小限の現金を渡しておけばガールズバーやスナックといった夜のお店だけでなく、ラブホテルなどの浮気が疑われるような場所にお金を落としていないかがわかるようになります(こちらも旦那さんからしてみれば迷惑な監視ではあります)。

このように親となるクレジットカードの元に利用明細書が集められる家族カードの仕様は使い方次第。家族のカード利用歴が一箇所にまとめられれば家族間で不要な疑いをしなくても良くなるので、そういったオープンな家庭を築きたい方は家族と相談の上、家族カードの利用を検討してもらえればと思います*2

家族カード利用の注意点:

http://www.flickr.com/photos/8176740@N05/6410810111

photo by garryknight

念のため、家族カードを利用する上での注意点もまとめておきます。家族カードの落とし穴をしっかり理解しておけば、更に上手に活用できるようになるはずですよ。

1.家族カードの発行ができないカードも:

クレジットカードであればどのカードであっても、家族カードを発行することが出来るのかといえばこれはNO。例えば有名なところだとエポスカードやアコムのACマスターカードなどでは家族カードの発行をしていないのでご注意ください。

反面、80%程度のクレジットカードでは家族カードの発行に対応してくれるので、家族カードがほしいという方は自分が保有しているクレジットカードに家族カード追加サービスがないかどうかを確認してもらえればと思います。

時にはファミリーカードや追加アカウントカードなど、ちょっと違う名前での募集になっていることもあるのであわせてご注意ください。

2.発行枚数には上限があることも:

家族カードの発行には上限が設けられていることも多いです。

2枚以上の家族カードを発行しようと思ったら、家族カードは1枚のみしか発行できないクレジットカードだった…ということにならないよう、複数枚の追加カードを発行しようと思っている方は申し込み前にちゃんとチェックするようにしてください。

年会費の優遇は1枚目のみな場合も:

また、三井住友VISAカードのように1枚目の家族カード発行は年会費無料になるものの、2枚目以上は有料になったりするケースも多く見受けられます。

家族カードにおける年会費の優遇措置は枚数限定となっていないかどうかも、クレジットカード申し込み前に併せて確認をどうぞ。逆に三井住友VISAプラチナカード(上位カード)のように何枚でも年会費無料なんてクレジットカードもありますよ。

3.家族の使いすぎに注意:

家族カードの注意点、3つ目はいくら信頼のおける家族であってもお金のやりとりが問題になるケースもあるという点です。

なにせ家族カードで支払いをした金額というのは、親となるクレジットカードを持っている人のところに一括して請求されるもの。自分自身のフトコロに余裕がないときに、いきなり家族カードを持っている母親が30万円のテレビを買ってきた…なんてこともになれば、カード会社への支払いが難しくなってしまうことも十分にありえます。

これではいくらポイントが得られるとか、年会費分を得するという家族カードのメリットがあったとしても台無しになってしまうので、家族カードを使わせるのであれば事前に家族カード利用の取り決めをしておいてもらえればなと思います。

家族カードが作れるおすすめカード:

http://www.flickr.com/photos/53130103@N05/17183662349

photo by pennstatenews

ここで家族カードをお得に作ることができる、おすすめのクレジットカードをいくつか紹介しておこうと思います。家族カードでポイントを貯めたり、サービスを共有したい思う方は是非、これらのカード中からお好きなカードを選んでもらえれば幸いです。

楽天カード

顧客満足度調査1位常連の楽天カードでは、最大5枚までの家族カードが無料発行可能。

両親や配偶者(妻や夫)へ家族カードを渡せることはもちろん、子沢山な家計であっても問題なく家族カードを持たせることができるので、年会費無料クレジットカードとしてはかなり優秀な部類に入るのではないでしょうか?

もちろん家族カード利用分も楽天ポイント加算の対象となるので、楽天市場でどんどん買い物をするという方はこれだけでザクザクとポイントをためていくことができるようになります。併せて家族カード会員も海外旅行傷害保険に加入することが可能なので、家族で旅行にいく場合などにもおすすめですよ。

 【楽天市場】クレジットカードは年会費無料の楽天カード 【楽天市場】楽天カード

三井住友VISAプラチナカード

三井住友VISAカードの最高峰カードである、三井住友VISAプラチナカードも家族カード発行をおすすめできるクレジットカードです(年会費無料の家族カード)。

まぁこのカード自体の年会費は5万円(税別)とかなりお高い設定になっているのも事実ですが、夫婦で2枚利用すれば1枚あたり2万5,000円、両親にも発行すれば1枚あたり12,500円と決した高い金額にはなりません。

もちろん家族カード保有者も親カード保有者とほぼおなじサービス&付帯保険を利用することができるので、ちょっとお金に余裕がある家計であれば家族のクレジットカードを三井住友VISAプラチナカードに統合して年会費の節約を検討してみてくださいね。

プラチナカードでワンランク上のサービスを|クレジットカードの三井住友VISAカードプラチナカードでワンランク上のサービスを|三井住友VISAカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス社が発行しているゴールドカードも家族利用におすすめのクレジットカードです。こちらも年会費は2万円以上とちょっとお高めですが、家族カードは1枚まで年会費無料で発行できるので夫婦での利用に最適。

レストランでの割引特典や空港ラウンジサービスの同伴者無料サービス等々、アメックスならではのトラベルサービスをこれでもかっ!と有効活用できるので、夫婦揃ってゴールドカード保有をしたいと考えている方はこちらの作成を検討してもらえればと思います。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの主な特長 - クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス) アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 

年会費が高いカードのほうがお得:

配偶者のいる既婚者の方は、下手なゴールドカードを夫婦それぞれが持つよりも、プラチナカードなどの高いランクのクレジットカードを持って、家族カードを発行したほうが年会費がお得になるケースが多いですね。

なによりプラチナカードはゴールドカードよりも上のステータスを持つクレジットカード。これを夫婦揃って使えるメリットは計り知れないので、自分1人ではなく、家族全体の節約を考えるのであれば、プラチナカード+家族カード発行がおすすめですよ。

さぁ家族カードを活用しよう:

http://www.flickr.com/photos/26188848@N08/2475807334

photo by cncpt

ここまで長々と家族カードの基礎知識やメリット等を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

このように使い方次第で家族カードはあなたの家計にとって役立つ支払いツールになるはずなので、ご結婚されている方や両親と同居されているという方は、この機会に是非、家族カードの発行を検討してもらえればなと思います。

以上、実はお得に使える家族カード活用術まとめ!その審査基準や利用メリットなど、家族カードとはなにかを徹底解説してみました…という記事でした。

参考リンク:

年会費無料の人気カード「ライフカード」では敢えて家族カードを作らず、複数名でクレジットカード申し込みをするほうがお得。家族で上手にライフカードを使えば、1年間のほとんどがポイント5倍になる、超お得なクレジットカードを作ることが出来ますよ(詳しくは下記記事参照)。

cards.hateblo.jp

*1:とはいえ、あなた自身に家族からの信用もないという場合には、家族カードを発行してもらうことはできないでしょう。なにせあなたが利用した分の支払いはすべて、その家族カードの元となるクレジットカード保有者のところに届くことになるためです。

*2:体裁上は家族でポイントやマイルを貯めれば家族旅行に行きやすくなるから…といった感じで監視するのが良いのかもしれませんね。堂々と「あなたが浮気していないか心配だから、利用履歴のわかる家族カードを持って!」だと、どんな旦那さまも家族カードは使ってくれなくなると思います。

PAGE TOP