読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

プラチナカードが驚くほどよくわかる解説(2017年版)!おすすめのプラチナカードから、その審査基準までを徹底解説します。

Credit Cards

プラチナの輝きを放つプラチナカード。

今やゴールドカードよりも上のグレードを持つこのカードですが、そのサービス概要や保有メリットなどを詳しく知っている方は、まだまだ少ないのが現状なんじゃないんでしょうか?

そこで今回はそんなプラチナカードを徹底解説。

おすすめのカードからお得な使い方などなど、プラチナカードに関する知識を徹底的に紹介していくので、プラチナカードが欲しいという方は是非、この機会にじっくりと目を通してみてください。きっと読み終えた頃にはプラチナカードに関するすべてが理解できるはずですよ。

プラチナカードの基礎知識:

プラチナカードとは?

まず、初歩の初歩から。プラチナカードとはどのようなカードなのか?というと、これはクレジットカードグレードの一つに対する呼び名です。

たとえば有名なグレードに『ゴールドカード』というものがありますが、プラチナカードはそのゴールドカードよりも更に上。黄金に輝くカードよりも、上のランクを持つクレジットカードなのですね。

  • プラチナカードはゴールドカードよりも品格が上
なぜプラチナなのか?

ではなぜプラチナカードはゴールドカードよりも上のグレードに位置するのか?というと、これは黄金の価値よりもプラチナ(白金)の価値のほうが上だと言われているため*1。まぁ、単純な理由で付けられたネーミングなのですね。

実際、プラチナカードの色はプラチナと同じシルバー色。

残念ながらシルバー(銀)と同じように見えてしまう点がネックではありますが、これから紹介するどのプラチナカードも光り輝いて見える分、どうやらゴールドカードよりも価値があるカードなんじゃないか?という雰囲気を持っていますよ。

プラチナカードの年会費:

次に気になるプラチナカード年会費ですが、これはピンきりです。2万円程度のプラチナカードもあれば、年会費が15万円近くしてしまうアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードのようなカードもあります。

そのため、単純にプラチナカードを持ちたいというだけであれば年会費の安いカードで充分。逆にプラチナカードを持つんだったらそのサービス内容も充実しているほうが良い…というのであれば、せめて年会費が5万円以上するようなカードを選ぶようにしましょう。安いカードは当然ながら、サービス内容もそれほど充実してはいません。

  • 年会費が安いプラチナカード:サービス内容は少なめ
  • 年会費が高いプラチナカード:サービス内容がとにかく多い

プラチナカードの入手方法:

では、そんなプラチナカードはどうやったら入手できるんでしょうか?

これは大きくわけて2つ、存在。

1つは通常の年会費無料カードやゴールドカードのように、自分から申込可能なプラチナカードです。これらのプラチナカードは入会審査を突破さえすれば、誰でも簡単に入手することが出来ます。

2つ目はインビテーションと呼ばれる、クレジットカード会社からの招待状が届かないと作れないプラチナカードです。こういったプラチナカードは残念ながら『作りたいっ!』と思っても作れないカード。一般的に年会費が高めなプラチナカードはどれも、このインビテーションが必須のものばかりとなっていますね。

プラチナカード入手方法
誰でも作れるプラチナカード 年会費安めのプラチナカードに多い傾向があります。インビテーション不要でも作れるプラチナカードなので、申込者の信用力が高ければ誰でも作れます。
インビ必須のプラチナカード 入会するためにはインビテーションと呼ばれる招待状が必須なプラチナカードです。多くの場合、年会費が5万円以上するようなものが多いです。
インビテーション不要のプラチナカードが増加中:

尚、三井住友VISAプラチナカードがインビテーション不要に切り替えるなど、最近ではインビ不要で作れるプラチナカードが増えてきました。

要するに信用力さえ高ければ、誰でもプラチナカードを持てる時代になりつつあるので、この階級のクレジットカードが欲しくなったら招待状が届くのを待たずに申込してしまってOKですよ。

プラチナカードのサービス解説:

Credit Card With Money Ver3

ある程度、プラチナカードのことがわかってきてもらえたところで、プラチナカードのサービスをざっくりと解説してみたいと思います。どのサービスや特典でも、多くの場合はゴールドカードのそれよりも手厚い内容になっているので、比較してご確認いただければと思います。

尚、解説が非常に長くなってしまったので、旅行や飛行機関係のサービスと、それ以外に分けました。

これ以外にもプラチナカードにはたくさんの保有メリットが用意されているので、晴れて入手できたらマニュアルガイドにしっかりと目を通してみてくださいね。

プラチナカードの主要サービス:

サービス内容概要
コンシェルジュサービス プラチナカードといえばコンシェルジュサービス…というくらいに、役立つ無料の秘書サービスです。残念ながら年会費の安いプラチナカードには付いていないこともありますが、招待制のプラチナカードであれば必ずと言っていいほどついてますね。なにかの調べ物をしてもらったり、レストランの予約などをお願いするのに便利です。
ショッピング保険 プラチナカードを使って買い物をした商品が、購入直後に壊れてしまったり、盗まれてしまったという場合に対応してくれる保険です。適用商品は限られていますが、万が一の時の安心がありますよ。
ポイント制度の優遇 プラチナカードの中には、通常のクレジットカードよりもポイントが貯まりやすい制度をもったカードが多く存在します。年会費分のポイントを稼ぐのは理論上、難しいのですが、それでもポイントを多く貰えるのは嬉しいと思います。
レストランの優待 高級レストランや料亭といった場所での外食費が安くなるサービスを提供しているプラチナカードも増えてきました。グルメな方には嬉しい特典だと思います。
医療相談 病気になった時の相談ダイヤルを用意しているプラチナカードも多くなっています。ちょっと病気かも?と思うけれども、病院にいく時間がないという場合などに役立つサービスです。 
ホテルに優待価格で宿泊 ホテルに優待価格で宿泊できるサービスもプラチナカードならでは。ただこういったサービスの多くは、楽天トラベルや一休などと比べて安さを感じないので、それほどお得ではありません。
会員専門誌 プラチナカード保有者のみに郵送される、専門誌のようなものも用意されている場合が多いです(中にはプラチナ独自の専門誌を用意している場合も)。とはいえ、中身はほとんど広告の固まりなので、別段、魅力的なサービスではありません。
ホテルのアップグレード 同様にホテルのアップグレードサービスに対応しているプラチナカードもあります。一番安い部屋を取ったつもりが、クラブラウンジが使える部屋に案内されるなどのケースもありますね(想像しているよりも、そういう機会はあまりありません)。

プラチナカードのトラベル系サービス:

サービス内容概要
コンシェルジュサービス プラチナカードといえばコンシェルジュサービス…というくらいに、役立つ無料の秘書サービスです。残念ながら年会費の安いプラチナカードには付いていないこともありますが、招待制のプラチナカードであれば必ずと言っていいほどついてますね。なにかの調べ物をしてもらったり、レストランの予約などをお願いするのに便利です。
海外旅行傷害保険 海外旅行時のトラブルに対応してくれる保険のこと。万が一、飛行機が落ちてしまった場合から、ホテルで水漏れ騒動を起こしてしまった場合まで、幅広く保険がカバーしてくれます。急病などにも対応してます。プラチナカードの場合にはその多くが、1億円を上限とした補償内容になっています。
国内旅行傷害保険 国内旅行時のトラブルに対応してくれる保険のこと。海外旅行傷害保険と比べてそのカバー範囲は狭いんですが、それでも旅行時のトラブルに対応してくれる点では有り難い保険です。
航空機遅延保険 搭乗予定の飛行機が大幅に遅延してしまった場合などの、宿泊費などをカバーしてくれる保険です。飛行機による出張が多い方には便利な保険ですね。
空港ラウンジ無料利用 羽田空港や伊丹空港といった、国内主要空港の空港ラウンジが無料利用できるサービスは、プラチナカードであれば必ずといっていいほど付いているサービスです。飛行機の出張が多い方にはこれだけでもお得です。
プライオリティパス 日本国内の主要空港だけでなく、仁川国際空港、シャルルドゴール空港、ロサンゼルス国際空港といった海外の主要空港でもビジネスラウンジが使えるプライオリティパスが利用できるプラチナカードは多いです。無料発行&無料ラウンジ利用ができる場合には、海外出張時の快適さが違いますよ。
飛行機のアップグレード エコノミークラスの飛行機を取得したらビジネスクラスに変更、ビジネスクラスを予約したらファーストクラスに変更…といったように、飛行機のアップグレードに対応してくれるプラチナカードもあります。特定航空会社のみですが、利用出来るときはかなりお得です。

プラチナカードと言えばコンシェルジュサービス:

ゴールドカードには無く、プラチナカードに存在する代表的なサービスといえばコンシェルジュサービスが挙げられます*2

コンシェルジュサービスとはざっくり言えば、あなたの代わりにいろいろと調べ物をしてくれたり、予約を代行してくれる秘書サービスのこと。『来月○日に北海道にいくから、飛行機チケットを取っておいてくれたまえ』とか、『来週、4人で料亭を使いたいと思っているんだが、お薦めはどこだい?』なんてことを気軽にお願いすることが出来るサービスなのですね。

忙しいビジネスマンや経営者には必須サービス:

ちょっと忙しくて航空券を取っている暇がないとか、みどりの窓口にいって新幹線切符を購入する余裕がない…といった場合でも、コンシェルジュサービスであれば予約を代行してくれるため便利。自宅やオフィスといった場所にチケットを郵送してくれるので、自分で出かけて取得をする手間が不要になります。

こんな感じで使い方次第で自分の作業を代行してくれるのがコンシェルジュサービス…なので、プラチナカードを晴れて入手できた場合には是非、活用してみてください。もちろんプラチナカード保有者であれば、無料で利用可能ですよ(チケットの郵送代なども無料で対応してくれる)。

おすすめのプラチナカード紹介:

ここで、私がおすすめするプラチナカードをいくつか紹介してみようと思います。今回紹介するプラチナカードはどれもインビテーション(招待状)不要で申込可能なプラチナカードなので、欲しいと思ったその瞬間に申込をすることが出来ます。

念願のプラチナカードホルダーを目指して是非、この機会に申込をしてみてくださいね。

三井住友VISAプラチナカード:

インビテーション不要で申し込める最高峰のプラチナカードといえば、やはり三井住友VISAプラチナカードがお薦め。世界で使えるVISAカードと、世界で信頼されているプラチナカードの組み合わせなので、海外旅行や出張時に利用で困ることがまずありません。

とにかく安定のステータス性と、見た目のカッコよさをプラチナカードに求めるのであれば、この三井住友VISAプラチナカードがお薦めですね。付帯保険、付帯サービスにも安定さがありますよ。

プラチナカードでワンランク上のサービスを|クレジットカードの三井住友VISAカードプラチナカードでワンランク上のサービスを|クレジットカードの三井住友VISAカード

セゾンアメックスプラチナ:

セゾンカードが発行している、ビジネスマン向けのプラチナカードです。個人事業主でなくても作成可能なプラチナカードなので、事業主の方も正社員の方にもお薦めできる1枚ですね。

年会費が割安、割引サービスなどが充実、プライオリティパス発行やコナミスポーツの優待などなど、社会人に嬉しい特典が多いプラチナカードなので、コストパフォーマンスやサービス性を追求したい方にぴったりだと言えます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード (セゾン・プラチナ・ビジネス・アメックス|SAISON PLATINUM BUSINESS AMEX)セゾン・プラチナ・ビジネス・アメックス|SAISON PLATINUM BUSINESS AMEX 

MUFGカード プラチナ:

日本最大級のクレジットカード会社である、MUFGカードのプラチナカードもお薦めです。こちらも三井住友VISAプラチナカード同様に、安定のサービス内容と信頼性のあるプラチナカードに仕上がっているのはもちろんのこと、アメックス提携というステータス性の高さも魅力ですね。

年会費が安い部類にはいるプラチナカードなので、プラチナカードは欲しいけれども、高すぎる年会費はちょっと払えない…という方にもお薦めです。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード プラチナカードなら三菱UFJニコスMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード 

ダイナースクラブカード:

ゴールドカードやプラチナカードといった分類が存在しないダイナースクラブカードも、一般的にはプラチナカード級のクレジットカードであると言われています。特筆すべき特徴としてはダイナースクラブ独自のトラベルサービスが豊富なこと、レストラン割引やスポーツクラブ優待があることなどが挙げられるでしょう。

加えてダイナースクラブカードを持てば、ダイナースクラブのブラックカード入手が狙える点も魅力。いつかはプラチナカードではなくブラックカードを持ちたいという方は、まずはダイナースクラブカードからはじめてもらえればと思います*3

ダイナースクラブカード|日本で最初のクレジットカードダイナースクラブカード|日本で最初のクレジットカード

[参考]アメリカン・エキスプレス・プラチナカード:

プラチナカードの最高峰とも言われるアメックスのプラチナカードは、残念ながらインビテーションがないと作ることが出来ないクレジットカードですが、最近ではアメックスゴールドの利用歴を1~2年磨くだけで、比較的簡単に入手できると言われています。

  • 過去:招待状を貰うのは難しかった
  • 現在:アメックスゴールドをメインカードとして利用すれば、比較的簡単にアメックスプラチナの招待状を入手できる

そのため、直接申し込めるプラチナカードではなく、ステータスが一番高いプラチナカードがほしいと思う方は、まずは我慢してアメックスゴールドから作ってみてください。年会費として10万円以上払えるくらいにお金に余裕がある方であれば、クレジットカード利用歴も自ずと良いものになるはずなので、アメックスプラチナ入手はさほど難しくないと思います。

そしてその先には世界最高峰のブラックカードである、アメックスのセンチュリオンカード保有も見えてくるはずですよ。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの主な特長 - クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス) アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの主な特長

プラチナカードのQ&A:

question mark

プラチナカードに関するよくある質問とその答えを集めてみました。プラチナカードの見地をより深めたい…という方は、是非、じっくりと読んでみてくださいね。

Q.プラチナカードを作るのって難しいの?

プラチナカードの審査基準は正直なところピンキリ。難しいプラチナカードもあれば、年収300~400万円といったごくごく一般的な社会人でも作れてしまうプラチナカードも存在します。

そのため、とりあえずプラチナカードを入手したい…というだけの方は、セゾンのプラチナカードなど、比較的作りやすいと言われているプラチナカードを狙ってみるのが無難かもしれません。逆に三井住友VISAプラチナカードなどの格式の高いプラチナカードは入手が難しいので、自分の属性に自信が付くまでは我慢することも大事かもしれませんね。 

Q.プラチナカードは何歳から作れるの?

プラチナカードは何歳から作成可能なのか?という点についても同様です。

こちらもピンキリなので、なんとも言えませんが、20代だからプラチナカードが作れない…なんてことは全くありません。最高級のプラチナカードと言われる、アメックスのプラチナカードも20代から作れます。

そのため、自分の属性に自信がある方であれば、20代でも問題なく申込をしてOKです。審査落ちしても問題ないわけですから、どんどんチャレンジしましょう。

年齢制限がある場合には従うしかない:

尚、中には30代以上ではないと申込資格のないプラチナカードもあります。

そういったカードを作成したいのであれば、残念ながら30代になるまでグッと我慢するしかありませんよ(入会条件に30才以上と書かれてはいるものの、20代でも作れるカードもあります)。

Q.年収がどのくらいあれば作れるの?

年収がどのくらいあれば作成可能か?明確な審査基準はプラチナカードを発行している会社ごとに異なりますが、少なくとも300~400万円以上ないと、門前払いされてしまうと思います。

しかし、では1,000万円、1,500万円といった年収が必要なのかといえばそんなこともありません。プラチナカードの中には年収300万円でも作成できるものもあるので、年収が少ないからとプラチナカードを諦める必要性はないのですね。

また、個人事業主などで年商は多いけれども黒字が少ない場合などには、年収が100万円くらいしかなくても作成できるケースもあると思いますよ。

Q.プラチナカードの保有率はどのくらい?

プラチナカードを持っている人の比率は、クレジットカード保有者に対してどのくらいなのか?というと、これはだいたい1%前後であると言われています。

ゴールドカードはもはや、誰でも持てるクレジットカードになりつつありますが、プラチナカードともなると保有率がグンと下がるので、持ってるだけで目立てるかもしれませんね。プラチナカードにステータス性を求めるという方は、是非、この機会にプラチナカード作成を考えてみてくださいね。

Q.デザインがカッコ良いプラチナカードを教えて:

個人的に一番デザインがカッコ良いなーと思うのは、三井住友VISAプラチナカードです。まるでブラックカードのような仕上がりのある重厚なデザインとなっているので、持っているだけで周りからの見る目が変わることでしょう(下記画像)。

f:id:cardmics:20150121134351j:plain

ちょっと前までは少しダサい、プラチナカードだったんですけどね(苦笑)。券面デザインが数年前に変更されてからはダントツで格好いいプラチナカードになりました。

Q.海外でも使えるプラチナカードはある?

海外でも使えるプラチナカードはどれか?というと、これは当然、どのプラチナカードでも問題なく利用できます。アメリカでもカナダでもアルゼンチンでも、インドネシアでもシンガポールでも、フランスやイタリアであっても快適に使えるのでご安心ください(VISAやMasterCard提携なら当たり前ですね)。

特にVISA提携のプラチナカードを保有すれば、もう使う場所で困ることなんてほぼ、ないでしょう。全世界にあるクレジットカードが使えるお店のほとんどで利用可能なので、安心して海外旅行を楽しんでもらえればと思います。

Q.コンシェルジュサービスって便利なの?

コンシェルジュサービス(執事サービス)は便利なのかといえば、個人的にはYESです。いつも大変お世話になっているので、もはや手放せない存在です。

しかし人によってはコンシェルジュサービスを一切利用しないとか、使ってみたもののあまりメリットを感じなかった…という方もいらっしゃるので、このあたりは人それぞれでしょうね。仕事が忙しい方、旅行に出かけることが多い方などにはメリットがあるサービスだと思いますよ(下記記事は、私がコンシェルジュを活用した事例)。

会社によっては魅力がない場合も:

ちなみに、ひとことにプラチナカードのコンシェルジュデスクといっても、三井住友VISAプラチナカードのコンシェルジュデスクとアメックスプラチナのコンシェルジュデスクは別ものです。

  • アメックスプラチナ:アメックス自前のコンシェルジュ
  • 三井住友VISAプラチナ:VPCC(VISAプラチナコンシェルジュ)
  • JCB THE CLASS*4:JCB自前のコンシェルジュデスク

それぞれ運営している会社によってコンシェルジュデスクにも色があるので、全てのコンシェルジュが使いやすいかといえばそんなことはありませんし、人によって合う、合わないもあるだろうと思います。

そのため、自分ぴったりのコンシェルジュデスクを見つけたいのであれば、理想は2~3種類のプラチナカードやブラックカードを保有して試してみるのがベスト。少なくとも最初の1社を利用しただけで『コンシェルジュサービスは使えない…』なんて思わないようにしてくださいね。

Q.ポイント獲得で年会費の元は取れるのか?

プラチナカードで獲得できるポイントで、年会費の元を取ることは出来るのか?といえば、これはほぼほぼ無理だと思います。なにせ仮にポイント還元率1%のプラチナカードで、年会費5万円分の元を取ろうとすると500万円の利用が必要になるわけですからね。常人には無理な話です。

そのため、プラチナカードを利用したいのであれば、ポイント獲得以外の部分にどのくらいの価値を感じるかで作成するかどうかを悩むべき。もし付帯サービスを一切つかう予定がないのであれば、プラチナカードを作成するだけ勿体無いので、下位のゴールドカードや年会費無料クレジットカードを作るようにしてください。

cards.hateblo.jp

Q.プラチナカードのデメリットは?

個人的にプラチナカードを利用してみた感想として一番大きいのは、『プラチナカードがどうみてもシルバーカードにしか見えない』という点です。

特にアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードはひどいですね。輝きが不十分なせいか、年会費無料のクレジットカードとの混同がされてしまいそうなカードになっています。同様にセゾンのアメックスプラチナもダメかもしれません*5

MUFGカードのプラチナや三井住友VISAプラチナには重厚感がある:

その点、同じアメリカン・エキスプレス提携のプラチナカードでも、MUFGカードのプラチナカードについてはデザインが良いですね。黒を貴重としたデザインになっているので、重厚感のあって素晴らしいと思います。

また、前述の三井住友VISAプラチナカードも同じ理由で格好いいです。プラチナカードに見た目を求めるのであれば、最初からシルバー系のカードに見えてしまうデザインを排除して考えるのも、大事なのかもしれませんね(サービス重視の方や、見た目はどうでもよいと思っている方であれば問題ないデメリットです)。

その他のデメリットは特に感じない:

見た目以外のデメリットについては正直、あまり感じたことはありません。年会費が高いというのがデメリットいえばデメリットですが、これについては覚悟の上で入手しているので特に不満に思ったことはありませんね。

それに1年つかってみて不要に感じる箇所があるのであれば、プラチナカードであっても解約してしまえばOKですよ。これで翌年から年会費の負担はありません。

プラチナカードを作ろう:

Platinum Point

以上、プラチナカードが驚くほどよくわかる解説まとめ!おすすめのプラチナカードから、その審査基準までを徹底解説します…という話題でした。

プラチナカードはもはや、超お金持ちのためのクレジットカードではありません。最高峰のプラチナカードと呼ばれているアメックスのプラチナカードが、いつの間にか誰でも作りやすいプラチナカードになってしまったように、時代の流れとともにその審査基準も変化しつつあります*6

是非、みなさんも『どうせ審査が難しいから自分には作れそうもない』と思わずに、この機会にプラチナカード入手に挑戦してみてくださいね。きっと驚くほど簡単に、プラチナカード入手が出来ると思いますよ。

参考リンク:

プラチナカードよりも更に上の、ブラックカードを入手したい…という方は、下記記事も参考に。日本国内で入手可能なブラックカードを紹介していますよ。

cards.hateblo.jp

*1:商品相場では稀に金の価値のほうが白金よりも上回ることがありますが、通常であれば白金のほうが価値が高いと言われています

*2:残念ながらすべてのプラチナカードに付いているわけではありません。セゾンカードのプラチナアメックスや、SBIプラチナカードなどには付いていませんね。

*3:最近ではダイナースクラブのブラックカード入手難易度がやや下がってきている感があるので、ごくごく普通の社会人の方でも狙える可能性は十分にあります。私も個人事業主ですが、ダイナースクラブで利用履歴を積み、現在では晴れてダイナースクラブプレミアムカード保有者ですよ。

*4:私はいつもプラチナカードではなく、ブラックカードとして紹介しているカードです。

*5:実物を見たことがないので、このあたりはなんとも言えません。しかし、シルバー系デザインのプラチナカードはたぶん、年会費無料カードや一般カードとの混同がされやすいはずです。

*6:背景にはセンチュリオンカードと呼ばれるブラックカードが出来た…ということも大きいと思います。センチュリオンカードの審査を厳しくした結果、プラチナカードの審査が引き下げられてしまったのですね。

PAGE TOP