読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

大学生でも作れる、おすすめの学生向けクレジットカード一覧!初心者向けの基礎知識やQ&Aも、同時にまとめてみました。

Help Japan Brighton University Fundraising

今回は大学生や専門学校生向けに、学生向けクレジットカードの知識&おすすめカードをまとめてみました。

現在、学生クレジットカードを探している…という方はもちろん、この4月から大学生になったばかりという方も是非、参考にしてみてくださいね。

クレジットカードに関する知識がまったくない!という方は、まずは下記記事から先に読んでみてください。クレジットカードの仕組みがわかるようになります。

cards.hateblo.jp

学生向けクレジットカードの基礎知識:

学生向けのクレジットカードとは?

学生向けクレジットカードとは、その名前の通り、学生のために作られているクレジットカードのこと。

一般的に高校生を除く、大学生、専門学校生、短大生、大学院生などの18歳~25歳頃の方を対象にしたクレジットカードで、学生身分の方以外は作ることができません。

学生の種類 作成可否 解説
大学生 大学名に関係なく作成可能。
専門学校生 専門学校生なら作成可能。
短大生 短大生なら作成可能。
大学院生 大学院生でも作成可能だが、カードによっては年齢制限があるため作れないことも。
高校生 × 高校生は原則、18歳でも19歳でも作れません。
高専生 4年制や5年制といった高専生の場合には、18歳以上に限りクレジットカードが作れる場合も。
中学生 × 中学生はクレジットカードを作れません。

上記表の通り、残念ながら中学生や高校生といった18歳未満の方は学生カードを原則、作成不可。同様に18歳であっても高校生では作成することが出来ない点もご注意ください(1年留年した19歳の高校生でも作成不可です)。

例外として4年制や5年制の高専生(高校専門学校生)であれば、学生向けのクレジットカードが作れる場合もあるようです。高専生の方でどうしてもカードを作りたい…という方は、各クレジットカード会社までお問い合わせください。

学生向けクレジットカードの意義:

ではなぜ、学生向けクレジットカードなんていうジャンルが存在するんでしょうか?その理由は単純で、クレジットカードというのはそもそも、収入ある方に対して提供されている支払手段のためです。

  • クレジットカードは収入のある人しか持てない支払いツール

つまり収入がまったくない大学生や専門学校生は本来、クレジットカード発行の対象になりえないんですが、大学生などの学生は特例としてクレジットカードを発行しましょう…ということなのですね。

ざっくり言うなら、収入のない学生でも作れるカード=学生向けクレジットカードと考えておくとわかりやすいかと思います。

なぜ学生にカードを発行するのか?

次になぜ、そんな収入のない大学生や専門学校生に対して、わざわざクレジットカード発行会社はカードを発行しているのでしょうか?その理由は主に2つあると思います。

1つ目は学生なら保護者から資金援助を受けているものなので、クレジットカードを発行してもその利用代金の回収はさほど難しくないという安心感ですね。

仮にカードを渡した学生が代金を踏み倒してしまったとしても、学生の場合はその保護者が代わりに返済してくれるだろうという『補償』があるので、カード会社は積極的に学生にもクレジットカードを発行*1

  • 一般的なカード発行:踏み倒されたらおしまい
  • 学生向けカード発行:親が補償してくれるケースが多い

同時に利用限度額(クレジットカードを使って買い物ができる限界の金額)を低めに設定することで、万が一の時の損失も小さくしているようです。

社会人になった後を考えての発行:

2つ目は学生が学校を卒業して、社会人になった後のことを考えて。

クレジットカードというのは一度保有するとそのカードを長く使い続ける傾向にあるので、学生のうちから自社カードのファンになって貰うことができれば、社会人になってからも使い続けてもらえる…という意図があるのです。

  • 学生時代に使っていたカード→そのまま社会人になっても使う

言うなれば『ちょっと返済してもらえないリスクはあるけど、今のうちから将来の優良顧客になるかもしれない学生を青田買いしておこう』、そんな感じですね。

私が18歳の頃に作ったクレジットカード:

確かに私も18歳の頃に作ったクレジットカードはなぜか、大したお得でもないクレジットカードだったんですが28歳くらいになるまで手放せませんでした。

理由としてははじめてのクレジットカードという思い入れがあったこと、そしてお金に困っていた時に助けてくれたカードということもあったので、心のなかのどこかできっと恩義を感じていたのでしょう。

まぁしっかりと多額のリボ払い金利手数料を取られたクレジットカードだったので、そんな「恩義」を感じる必要性も無かったんですけれどね(苦笑)*2。不思議なものです。

学生クレジットカードの入会審査ガイド:

dragon n ducky

『学生クレジットカードを作りたいけれども、入会審査に通るか不安…』 という方のために、学生カードの審査基準についての情報も書いておきます。

結論から先にいってしまうと、大学生や専門学校生のクレジットカード作成はかなり簡単です。特に1枚もまだクレジットカードを作ったことがないという学生の場合には、まず審査で落とされるなんてことはほとんどありえないのではないでしょうか?そのくらいの難易度だと思って間違いありません。

申込枚数 難易度 解説
1枚目 超簡単 申込に不備がなければ審査落ちはまずない。
2枚目 超簡単 2枚目くらいまでならよほどのことがない限り簡単。
3枚目 簡単 審査落ちする可能性が出てくる。
4枚目 五分五分 キャッシング利用歴などがあると審査落ちする可能性も高い。 
5枚目以上 厳しい 審査に通るのは難しくなってくる枚数。カード整理を検討しよう。

カード会社は1枚でも多く発行したい:

なぜ審査が楽なのかというとそれは前述の通り、クレジットカード会社としてはとにかく学生に自社のクレジットカードを持ってもらいたいため。将来的に優良顧客になってくれるかもしれない学生は多ければ多いほど自社利益に繋がるので、1枚でも多くのクレジットカードを発行したい…というのが彼らの本音だと言えます。

そのため、社会人になってからクレジットカードを申し込むよりも、学生のうちにクレジットカードを申し込んでおいたほうが入会審査は楽ちん。卒業間近だという方は「学生の特権」を上手に使い、在学中にクレジットカードを作成して貰えればなと思います。

  • 学生のうちにカード申込:学生向けの審査基準が適用される
  • 社会人になってから申込:一般のカード審査基準が適用される

限度額はなかなか増えない:

反面、学生向けのクレジットカードの場合には、利用限度額が5万円という低額に設定されることもあるため、お金に困って学生クレジットカードを作成しまくってもあまり状況は変わらない可能性が高いです。

また、学生ローンなどでどっぷりお金を借りてしまっている方だと、いくら審査が甘い部類の学生カードでも審査落ちすることもありえますよ(学生のうちからお金は計画的に使いましょう)。

学生向けクレジットカードには独自特典も:

クレジットカード発行会社としては、大学生や専門学校生にどうにかして自社カードを保有してもらいたい…という願望があるため、学生向けのクレジットカードには一般カードにはない様々な保有メリットが設けられていることが多くなっています。

例えばポイントが2倍貯まる、海外利用でキャッシュバック、学生は年会費無料…といったように、学生のうちにカードを作っておくと普通は受けられない特典まで得られるのでかなりお得。

後述する学生専用ライフカードのように、社会人になってから『あの時作っていれば…』と思うような特典もあるので、是非、学生の身分だからこそ受けられるメリットを、享受してみてくださいね。

おすすめの学生クレジットカードまとめ:

ここで当サイト『クレジットカードの読みもの』がおすすめする、学生向けのクレジットカードをいくつか紹介させていただきます。どれも魅力的な特徴のある、学生でも作れるカードばかりですよ。

学生専用ライフカード:

個人的に一番おすすめしたい学生向けクレジットカードが「学生専用ライフカード」。このクレジットカードには学生時代の節約において最大限の効果を発揮する2つのメリットがあるので、これを見逃さない手はありません。

メリットその1:誕生月はポイント5倍

学生専用ライフカードのメリットその1は、自分の誕生日がある月に利用するとポイント5倍になる特典があるということです。

電気代の支払い、携帯電話代の支払い、スーパーマーケットでの買い物などなど、どこでどんな買い物に利用してもポイント5倍(ポイント還元率はこちらを参考)。とにかく節約をしたいという学生の方には、このカードを誕生日がある月に利用するだけでも大きな保有メリットがあると思います。

メリットその2:海外利用でキャッシュバック

学生専用ライフカードのメリット2つ目は、海外での利用がとにかくお得だという点。なんと海外利用で学生専用ライフカードを利用するだけで買物金額の5%分がキャッシュバックされるという特典があるのです。

そのため、卒業旅行で海外にいく予定があるという方は、海外滞在時のホテル代や飲食代、そしておみやげなどの代金もすべて学生専用ライフカードで支払うようにしてください。それだけでかなりのキャッシュバックを受けらるはずですよ。

学生専用ライフカード|クレジットカードはライフカード学生専用ライフカード 

三井住友VISAデビュープラスカード:

三井住友VISAカードが発行している、18歳~25歳向けのクレジットカードが三井住友VISAデビュープラスカード。厳密には学生向けの専用クレジットカードではないんですが、学生世代を狙ったカードなのは間違いありません。

特徴はやはりポイント獲得が2倍になるという点。通常の三井住友VISAカードを作るよりもポイントが倍速で貯まるようになるため、お金に困ることの多い学生には嬉しいメリットですよね。

また、年会費も年に1度でも利用すれば無料のまま25歳まで使い続けられるという点も魅力です。年会費負担は学生には馬鹿にならないので、こちらも助かりますね。

三井住友VISAデビュープラスカード(学生)|クレジットカードの三井住友VISAカード三井住友VISAデビュープラスカード(学生) 

楽天カード:

楽天カードも学生専用のクレジットカードではありませんが、大学生や短大生でも作ることが出来るカードです。このカードは顧客満足度調査1位の常連カードなので、とにかく初めてカードを作る方にも、魅力的なカードが欲しい方にもおすすめ出来る1枚だと言えます。

メリットはもう山ほどありますが、強いて言えばどこで利用しても楽天ポイントがたまるということと、入会ポイントがたっぷり貰える点ですかね(入会ポイントの魅力についてはこちら)。この2点だけで大きな節約になるはずなので、是非、有効活用してみてください。

 【楽天市場】クレジットカードは年会費無料の楽天カード クレジットカードは年会費無料の楽天カード

学生クレジットカードのQ&A:

question mark

ここでは大学生や短大生がクレジットカードを作る上で疑問に思いがちな点を、Q&A形式で説明していきたいと思います。クレジットカードの知識をより深めたいという方は是非、お読みください。

Q.大学生でも2枚、3枚のカードを作れるの?

大学生であっても2枚、3枚といったクレジットカードを保有することは出来るのか?といえばこれは問題なく可能です。そのため、学生専用ライフカードのようなクレジットカードを旅行用のサブカードとして活用する…なんてことも出来ますよ。

但し、もともと学生の信用力というのは相対的に低いため、2枚、3枚程度であれば問題ありませんが、それ以上ともなると審査落ちしてしまう可能性がグンと高まります。学生はお金に困りやすい環境にもあるので、いくら学生を囲い込みたいカード会社であっても、発行に及び腰になってしまうこともあると覚えておきましょう。

Q.学生向けカードはなぜ、利用限度額が低いの?

学生クレジットカードの利用限度額は、ほぼほぼ5~20万円程度で設定されていることが多くなっています。この理由は単純で、安定収入のない学生にそれ以上のお金を使わせたら返済してもらえない危険性が高いため。

そのため1枚目の学生向けクレジットカードよりも、2枚目、3枚目の学生カードを作った場合のほうが利用限度額は少ない可能性が高いです。限度額5万円のカードが届いたとしても、決してガッカリしないようにしてくださいね。

尚、『10万円のパソコンを買うためにもっと高めの限度額が欲しい!』というような場合には、所有している学生カードを発行している会社に相談をすることで限度額を一時的に増枠してもらうことも可能ですよ(カード裏面にある電話番号に連絡をして相談を)。

Q.未成年の場合には保護者の同意が必要なの?

18歳や19歳といった学生がクレジットカードを作る場合には、必ず、保護者の同意を得なくてはいけないのか?といえば、これはその通りです。

  • 18歳、19歳:保護者の同意が必要
  • 20歳以上の学生:保護者の同意は不要

法律でそのように定められているので、どの会社が発行している学生カードを選んでも同意が必須になる点はご理解ください。親に内緒でクレジットカードを作りたい気持ちはわかりますが、こればかりはどうしようもないのですね(秘密でカードを作りたいなら、20歳になるのを待つしかありません)。

Q.社会人になったら学生カードはどうなるの?

学生のうちに持てるクレジットカード=学生カード…ということはわかったのだけれども、それじゃ社会人になったらそれらのカードはどうなるのか?

これは自動的に切り替えが行われて、社会人でも保有可能なクレジットカードに変更になります。たとえば三井住友VISAデビュープラスカード保有者が26歳以降の更新日を迎えると、三井住友VISAプライムゴールドカードに切り替えられる…といった感じですね。

どのカードに切り替えが行われるのかは、当然、学生カードによって異なるので、申込前にしっかり確認しておくことが重要ですよ。

Q.アルバイトと学生、どちらの身分で申込すべき?

アルバイトをしている学生の場合には、学生としての身分のままクレジットカードを申し込んだほうが良いのか、それともアルバイト収入のあるフリーターという形で申し込んだほうが良いのか迷いますよね。

これについてはやはり、学生という身分を有効活用したほうがGood。フリーターという身分はクレジットカード審査において一番低い部類に入る属性なので、あまりそちらを表に出してクレジットカードを申し込むことはしないほうが無難でしょう。

そのため、結論としては、

  • 学生では作れないカード:アルバイトの身分でカード申請をする
  • 学生でも作れるカード:学生としてカード申請をする

といった感じになりますね。大学生や専門学校生では作ることが出来ないクレジットカードのみ、アルバイトの身分としてカード申込をしてみてください(大学生でもフリーター名義でカード申し込みをすれば、学生では作ることが出来ないカードを入手できます)。

Q.社会人入学や放送大学などは学生の身分になる?

30歳を過ぎて時間が出来たので大学に社会人入学をした…とか、放送大学に入学してテレビを使って勉強している…とか、そういう学生は学生でも、ちょっと異色な学生でも学生向けクレジットカードは作成できるのでしょうか?

これは残念ながらまず無理。稀に学生の身分であれば何歳でも作れる学生向けカードもありますが、大抵は30歳以上の方は対象外…といったような入会基準に年齢制限を設けていることのほうが多いので、基本的には諦めるしかないことでしょう。

ちなみに私も実は学生専用ライフカードを作りたくて、放送大学などの学生証を使って作れないかどうかを調べたことがあったんですが、年齢制限などがあったために作成は無理でした(苦笑)。

そのくらい、10~20代の学生というのは世の中的に優遇されている存在なのですね。

今すぐ学生クレジットカードを作ろう:

IMG_7960

ここまで大学生や専門学校生といった学生におすすめの、学生クレジットカードを紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

記事中でも解説した通り、在学中はクレジットカードを作りやすいボーナスタイム。まだ1枚もカードを持っていないという方は、社会人になる準備をするためにも是非、この機会にクレジットカードデビューを果たしてみてくださいね(下記の学生専用ライフカードは特におすすめ)。

以上、大学生でも作れる、おすすめの学生向けクレジットカード一覧!初心者向けの基礎知識やQ&Aも、同時にまとめてみた…という記事でした。

おすすめ関連リンク:

学生の方に読んでもらい、クレジットカードの基礎知識等のリンクです。クレジットカードを安全に使うためのも是非、読んでみてください。

cards.hateblo.jp

cards.hateblo.jp

*1:本来、保護者であっても学生本人が使ったクレジットカード利用代金の返済義務はないのですが、多くの父親、母親などは子供のため、代わりに払ってあげるようです。クレジットカード会社としてはここまで見越して、収入のない学生にもクレジットカードを発行しているのかもしれません。

*2:たぶん過払い金返還請求すれば余裕で勝てるくらいの金利手数料を取られています(笑)。それでも請求しないのも「恩義」なのかもですね。

PAGE TOP