読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

Suicaチャージでポイントが貯まる、おすすめのクレジットカードまとめ!お得にSuicaを活用するなら、クレジットカードチャージ必須です。

Harajuku Guide

今回は『もっとお得にSuicaを活用したい!』という方向けに、Suicaチャージでポイントが貯まりやすいクレジットカードを紹介してみたいと思います。

普段からSuicaを現金で入金している…という方はもちろん、ポイントとかそのあたりをまったく考えずに適当なクレジットカードでチャージしてしまっている方も是非、この機会に「どのクレジットカードがSuicaチャージに適しているのか?」を考えてみてください。

  • 現金でチャージ:ポイントが貯まらないので損!
  • 適当なクレジットカードでチャージ:ポイントが貯まらないことも!
  • Suicaチャージ向きカードでチャージ:ポイントがザクザク貯まる!

特に月間1万円以上、Suicaを利用するという方は、Suicaチャージ用にクレジットカードを作るだけでザクザクとポイント獲得が可能になりますよ。おすすめです。

Suicaチャージ用クレジットカード:

早速、Suicaチャージでポイントが貯まるクレジットカードの中から、おすすめのものを紹介させていただきます。

ビックカメラSuicaカード:

まず、Suicaチャージ用のクレジットカードとして個人的に一番おすすめしたいのが、ビックカメラSuicaカードです。

このクレジットカードは大手家電量販店のビックカメラのクレジットカードではあるんですが、実はビックカメラをまったく使う予定がないという方にもおすすめ。理由としては年会費が実質無料であるということ、そしてオートチャージ用のSuicaとしても使える点などがあげられますね。

  • 年会費:年に1度でも支払いに使えば翌年も無料
  • ポイント還元率:Suicaチャージでポイント3倍(還元率1.5%)
  • オートチャージ:カード単体&Apple Payでも利用OK

もちろんカードタイプやモバイルSuicaを問わず、このカードがあればSuicaチャージでポイントが貯まるようになるので、Suicaの利用頻度が高い方はこのクレジットカード1枚手に入れるだけで年間数千円単位の節約になることでしょう。

ビックカメラSuicaカードビックカメラSuicaカード

「ビュー・スイカ」カード:

ビューカードのプロパーカードである「ビュー・スイカ」カードも、Suicaチャージ用のクレジットカードとしておすすめの1枚です。

こちらも上手に活用すれば年会費を実質無料どころか、ポイント獲得分で無料にすることも出来るので使い方次第…といったところ。普段からSuicaチャージ頻度が多いという方はこちらを選んでもらえればと思います(下記記事も参考に)。

定期券と一緒にしたいならこのカード:

尚、「ビュー・スイカ」カードには、JR東日本の定期券をSuicaカードと一体にできる機能あり。

そのため、定期券とSuicaは一緒にしておきたい…とか、財布の中にいれるカードは少ないほうがいい…という方は、ビックカメラSuicaカードよりもこちらを選ぶのがおすすめですね。

「ビュー・スイカ」カード「ビュー・スイカ」カード

ルミネカード:

普段からLUMINE(ルミネ)でよく買い物をする方や、新宿駅南口に新しくできたNEWoMan(ニュウマン)でお得に買い物をしてみたいと思う方は、ルミネカードも選択肢に入ってきます。

こちらであればルミネ関連での買い物が普段は5%引き、特定期間は10%オフになるので馬鹿にできません。

ルミネの利用頻度で決めるべし:

但し、ルミネカードは年会費がかかるクレジットカードになってくるので、ルミネ等をまったく使う予定がないのであれば、前述のビックカメラSuicaカード等を選んだほうが無難。

逆に年間2万円以上の買い物をルミネでする予定があるなら、年会費を負担したとしてもルミネカードのほうがお得になりますよ(10%オフ期間に使うなら年1万円でもルミネカードのほうがお得)。

ルミネカードルミネカード

ビューカード以外ではダメなのか?

f:id:cardmics:20170410092526j:plain

ここまで3枚ほどSuicaチャージでポイントが貯まるクレジットカードを紹介しましたが、実はそのどれもがJR東日本系のクレジットカード会社であるビューカード発行のクレジットカードです。

ではなぜビューカード発行のクレジットカードが良いのかというとその理由は単純で、Suicaチャージでポイントを貯めようと思うのであればこれ以外の選択肢がないため。

要するにJR東日本の電子マネーであるSuicaの入金には、やはりJR東日本のクレジットカードを使うのがお得なのですね。

モバイルSuicaならあるいは…だけれども:

まぁモバイルSuica(Android携帯等で使える携帯版のSuica)やApple Pay上で使うSuicaであれば別の選択肢もないことにはないのですが、それでもビューカードのほうがポイント還元率も良く、更にはオートチャージにも対応しているので文句のつけようがありません。

  • ビューカードのポイント:Suicaチャージで3倍(還元率1.5%)
  • Apple Payでオートチャージ:今回紹介した3枚なら可能

唯一あるデメリットである年会費が有料という点も、ビックカメラSuicaカードや「ビュー・スイカ」カードであれば実質負担0円にすることが可能。

そのため、普段からSuicaを利用している方であれば下記のようにもう作らないほうが損なクレジットカードであると言えるので、この機会に作成を検討してもらえればな…と思います(下記は年間獲得ポイント数ですが、3年、5年で考えるともっとです)。

月間チャージ額獲得ポイント数
3,000円 年間540円
5,000円 年間900円 
10,000円 年間1,800円 
20,000円 年間3,600円 

以上、Suicaチャージでポイントが貯まる、おすすめのクレジットカードまとめ!お得にSuicaを活用するなら、クレジットカードチャージ必須です…という話題でした。

Suicaの参考リンク:

Suicaチャージ可能なクレジットカードにはイオンカードSuicaもありますが、実はこちらはまったくSuicaチャージには向かないクレジットカード…。ポイント還元率が圧倒的に悪いので、イオンカードを使ってSuicaチャージしている方はご注意ください。

  • ビューカードでチャージ:ポイント還元率1.5%
  • イオンSuicaカードでチャージ:ポイント還元率0.25%

cards.hateblo.jp

PAGE TOP