読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

paymo(ペイモ)のCMが無駄にクオリティ高くて、つい見入ってしまう私。日本交通のタクシーに乗ると、大抵、流れている企業広告です。

割り勘アプリとして今、話題になりつつあるpaymo(ペイモ)。

まぁ話題になりつつあるというよりかは、広告費をバンバン投入して「無理矢理にでも話題にしている」という感じに近いかも…ですが、そんなペイモが作った動画広告がバツグンに面白いので、今回はそれを紹介させてもらいます(下記の動画)。 

www.youtube.com

ワンカットで撮影されている?:

こちらの記事によると、このペイモの動画広告はほぼワンカットで撮影した動画とのこと。

実際に見てもらえればわかりますが、テンポよく次から次へと場面が切り替わっていくその様子を見るだけでも、なんとなく楽しい気分になるから不思議なもんです。

AnyPay社が1月にリリースした簡単に割り勘ができるアプリ「paymo」のブランドムービーが公開された。

映像は、主人公の女の子が男の子に平手打ちをしたシーンから始まる。男の子を振って街に出た女の子は、女子会、合コン、パーティと渡り歩く。そのバックに流れるのは、EMCのトラックメイカー 江本祐介によるオリジナルミュージック。Friendsボーカルのおかもとえみの歌とラップに乗って、主人公が家路に着く最後のシーンまで、ほぼワンカットで撮影されている。

そして1回目はそのまま、2回目以降は「どうやって撮影しているんだろうか?」という映像の切れ目を探す楽しさがあるのもペイモPVの良いところ。たぶん1箇所だけ切れている部分があるんですが、みなさんはわかりましたか?

更に最後のリムジンによるテーブル引きはどうやっているのか…なんて細かいところをチェックしてみるのも面白いですよ。ああなるほど…と思ってもらえると思います。

日本交通の客層には合うのか?

nihon kotsu

ちなみに私がいつもこの動画広告を見るのは、大手タクシー会社の日本交通車内。

こちらでは後部座席にiPadくらいの大きさのモニタが設置してあって、そこでこのペイモのCMが延々と流されているのですが、個人的に疑問なのはペイモがPRしたい層と、タクシーに乗るような層はマッチしているのか?という点なんですよね。

…というのも、ペイモ側が本来、アプリを広めたい層って動画広告を見るように20代の男女といったところ。反面、タクシーに普段から乗るのは30代後半以上の男性に多いので、そこら辺にミスマッチがあるような気がするのですがどうなんでしょうか?

  • ペイモがPRしたい層:20代の男女
  • タクシーに乗車する層:主に30代後半より上の男性?

ま、部外者である私がそこまで気を揉んでも仕方ないところ。きっとタクシー広告をバンバン流している背景にはなんらかの意図があるはずなので、ペイモ側の思惑を想像しながら、またこの動画を楽しみたいなと思います。

以上、 paymo(ペイモ)のCMが無駄にクオリティ高くて、つい見入ってしまう私。日本交通のタクシーに乗ると、大抵、流れている企業広告です…という話題でした。

参考リンク:

今後、iPhone版のおサイフケータイとも言えるApple Payが今よりもっと普及していけば、結果的にペイモ等の決済アプリ普及にも繋がるかもしれません。まだApple Payを使ったことがない方は是非、下記記事等を参考にして活用してみてくださいね。

cards.hateblo.jp

PAGE TOP