読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

渋谷のスクランブル交差点にいると、もはや楽天カードマンのCMしか聞こえてこない!?楽天カードの宣伝攻勢について語ってみる。

f:id:cardmics:20161119145102j:plain

現在、楽天カードでは3ヶ月ぶりに入会+利用で8,000円分のポイントが貰えるキャンペーンを実施中。

このキャンペーンには楽天カード株式会社としても大層、力を入れているようで、テレビをつければ楽天カードマンやお買い物パンダが楽天ポイントや楽天カードを宣伝しまくっている状況があるように思います。

ほんと、私同様に『テレビCMが楽天ばっかりだな…』と感じた方も多いのではないでしょうか?

渋谷のスクランブル交差点でも:

これは何もテレビCMに限った話ではありません。

例えば渋谷のスクランブル交差点に行くと、近くにある大型ヴィジョンから楽天カードマンの声しか聞こえない状況…。

下記のようにハチ公口付近から上空を見上げれば、楽天カードマンが『今なら8,000ポイントだよ、お得だよ、申し込まないと損だよ』と連呼しています(苦笑)*1

f:id:cardmics:20161119144234j:plain

試しに30本分、どのCMがこのヴィジョンで流されるのかを数えてみたら、なななんとっ、30本中14本が楽天カードの宣伝

そりゃスクランブル交差点付近にいると楽天カードマンの声しか聞こえてこないわけです*2

業界全体が盛り上がれば良いのだけれども:

まぁ数多くあるクレジットカード会社の中で、今や、これだけ多額の宣伝広告費を使えるのはもはや楽天カードくらい。

そのため、個人的にも楽天カードには宣伝を頑張って欲しいなという気持ちは強いのですが、11月21日10時までの期間限定とはいえ、ここまでやってしまうと楽天カードに対してアレルギー反応を示す方も出てきそうなのがデメリットかもしれませんね。

実際、当サイトでも下記のような記事を書いたことがあるくらい、世の中一般に楽天カード嫌いな方というのは少なくないので、あまりやり過ぎない程度に、楽天カードを広く普及させていってもらえると嬉しいかなとも思いました。

特にポイントが貰えるよ、お得だよ…と集める方法は、ほんとうの意味でもクレジットカード普及には繋がらないので、もうちょっと楽天カードそのものの魅力も宣伝してほしいところです。

cards.hateblo.jp

楽天カードにはまだ伸びしろがある:

最後に。

もう長いこと、『楽天カード、おすすめだよ』なんてやってる立場からものを言わせてもらうと、「もはや、楽天市場を使っているほとんどの方に楽天カードって普及しているんじゃないか?」なんて思うところなんですが、そう思いはじめてから3年くらいたった今でも、未だに楽天カードへの需要は落ちません。

実際、発行枚数は右肩あがりに伸び続け、推定1,400万枚くらいが発行済。ただ三井住友VISAカードやイオンカード等と比べるとまだまだ発行枚数は少ない状況があるので、やりようによっては楽天カードの発行枚数はもっともっと伸びるのかもしれません。

さてさて、どうなることやらですが、楽天カードを申し込むなら今回のような8,000円相当のポイントが貰えるキャンペーン経由のほうがお得なのは間違いないので、まだ楽天カードを持っていないという方は、是非、この機会に申込をしてみてくださいね。

広告うんぬんとかそういうのを抜きにして、個人的に一番おすすめできる年会費無料クレジットカードですよ(詳細は下記公式サイトにて)。

以上、渋谷のスクランブル交差点にいると、もはや楽天カードマンのCMしか聞こえてこない!?楽天カードの宣伝攻勢について語ってみる…という話題でした。

参考リンク:

楽天カードの入会ポイントをしっかりと満額貰いたい…なら、下記記事も参考に。楽天カードの入会ポイントには少しクセがあるので、仕組みをしっかり理解しておかないと取りこぼしたり、失効させてしまうこともあるのでご注意ください。

cards.hateblo.jp

*1:ちなみにiPhoneのカメラを使ってこの写真を撮影していたら、田舎から上京してきた人間に見えたらしく、複数のテレビ局から「今、渋谷でなにをしているのか?」と声をかけられました。月曜から夜ふかしとかZIPとか、出演する気もないので丁重にお断りしましたが、この辺でインタビューを取りやすい人間かどうかを判断してるんですね。なるほどです。

*2:今回の8,000円ポイントキャンペーンに合わせ、スクランブル交差点の大型オーロラヴィジョンで宣伝が流れるようになりました。他のCMがマイルドな感じのCMばかりというのもありますが、楽天カードマンの声はよく響きますね。

PAGE TOP