読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

Amazonプライムに対抗してはじまった、楽天市場の「楽天プレミアム」を徹底解説!通常会員よりもポイントが貯まりやすいメリット有りです。

RakutenExpo 2015

楽天市場を普段から利用している私でも「一体いつからこんなサービスが始まったんだ?」というくらい、今のところまったく存在感のない楽天の有料会員サービス『楽天プレミアム』。

まぁ予測するにAmazonのプライム会員に対抗した有料会員サービスなんでしょうけれども、正直、私自身もその利用メリットがわからなかったので、今回は楽天プレミアムサービスについての詳細を調べてみました。楽天市場を好んで利用している…という方は是非、参考にしてみてくださいね。

楽天プレミアムとは?

まず、楽天プレミアムとはどういうサービスなのか?公式サイトより引用するとこんな感じです。

楽天プレミアムとは

楽天グループのお得な特別会員プログラムです。年会費3,900円(税込)で特別にご用意した3つのお得なサービス・特典をお楽しみいただけます。お申し込み後すぐ特典を利用開始いただけます。

うーん、なんともAmazonプライムを意識した料金体系ですよね、これ(苦笑)。

  • Amazonプライム:年額3,900円(税込)
  • 楽天プレミアム:年額3,900円(税込)

しかし残念ながら楽天市場にはAmazonのような物流倉庫の用意がないため、Amazonプライムのように「有料会員になったら当日配送が可能」とかそういうサービスはありません。楽天側ではそれ以外のサービス&優待でどうにかこうにか、楽天プレミアム会員になるメリットを作ろうとしているようです。

楽天プレミアム会員メリット:

では楽天プレミアムの主なメリットにはどのようなものがあるのか?これは下記3つがそれにあたります。

  1. 送料をポイント還元(送料無料の場合はポイント倍率アップ)
  2. 楽天グループご優待
  3. 限定クーポン

これまたなんとも楽天市場らしい有料会員メリット…ですよね。

従来の楽天カード会員向けのSPU(スーパーポイントアッププログラム)やポンカンキャンペーンに加え、更に上乗せのポイントを用意することで「有料会員になるともっとポイントが貯まるよ」…と、会員になるメリットをアピールしている模様。

この辺のポイントアップや限定クーポンに興味があるなら加入メリットあり、いやいやポイントがこれ以上、複雑になるのは勘弁だよ…という場合には加入メリットなし…といったところでしょうか。

送料をポイント還元の仕組み:

念のため、送料をポイント還元してくれる一例を紹介させていただきます(楽天プレミアム公式サイトより転載)。

f:id:cardmics:20161217124032g:plain

こう見ると「おお、結構お得かも」と思えるから不思議。

上記のように送料がかかる商品であれば上限500ポイントの付与、送料無料ならポイント倍率が1%あがる…という仕組みなので、楽天市場でバンバン買い物をする方ならカンタンに有料会員費の元が取れてしまうことでしょう。

  • 送料が有料の場合:上限500ポイント分まで送料分を還元
  • 送料が無料の場合:ポイント倍率が1%アップ(上限500ポイント)

但し、ポイント付与ルールを確認してみると、楽天プレミアム会員になった場合でも月間10回までしかポイントアップにならないようです。つまり2,000円~3,000円の商品を頻繁に購入する方にとっては、恩恵は乏しいということですね。

ポイントバック特典は下記のいずれかになります。1と2の合計回数10回が毎月のポイントバック特典の上限数となります。

  1. 楽天市場の対象店舗での送料別のお買い物に対し、送料分相当額を楽天スーパーポイント(期間限定ポイント)にて還元
  2. 楽天市場の対象店舗での送料込のお買い物に対し、通常付与される1%分の楽天スーパーポイントに加え、更に+1%の楽天スーパーポイント(期間限定ポイント)を付与

※いずれも1注文あたり500ポイントを上限とします。

加えて楽天プレミアムでポイントアップの対象となるお店はすべてではない…というのもデメリット。

楽天ふるさと納税とかも対象だと個人的には嬉しかったんですが、こういった通販ショップでは送料ポイント還元もポイント割増もなしのでご注意ください。

その他のメリットは?

その他、楽天プレミアム利用者向けの限定クーポンを見てみましたが、正直、かなり乏しい感じ。しかもこれらの限定クーポンは非常に限定された特定店舗でしか使えないものなので、よほど買いたいものとショップ側のクーポンが合致しない限りには使えない可能性大です。

また、楽天グループご優待としてあげられているサービスには楽天ブックスや楽天トラベル、楽天Kobo(電子書籍)などがあるんですが、こちらもポイントが1%分、割増しになるだけなので、よほど旅行好きな方でもない限りは楽天プレミアムの年額を回収することは難しいでしょう。

楽天トラベル

  • 全サービス予約・利用でポイント2倍(通常のポイント1%+特典ポイント1%)を付与します。

楽天Kobo

  • 楽天Kobo電子書籍で毎月最大1,000円までポイント2倍(通常のポイント1%+特典ポイント1%)を付与
  • 楽天Kobo初月限定500円割引クーポンを1枚付与

楽天ブックス

  • 楽天ブックスで毎月最大購入4万円までの商品購入でポイント2倍(通常ポイント1%+特典ポイント1%)を付与 ※楽天ブックスで1回のご注文で合計金額税込4,000円以上ご購入(ご注文完了)された方に限ります。

楽天SHOWTIME

  • 楽天SHOWTIMEでの有料動画購入もしくはレンタルで、ポイント2倍(通常ポイント1%+特典ポイント1%)を付与 ※楽天SHOWTIMEで獲得出来る特典ポイントは、お1人様あたりの毎月1,000ポイントまでとなります。

www.cardmics.com

楽天プレミアムは2015年7月に開始されていた?

楽天プレミアムの開始時期を調べてみたのですが、どうやら2015年7月に始まったサービスみたいですね。

つまりサービス開始から1年半近く、楽天プレミアム会員のサービスに気づかなかったということ。個人的に仕事柄、ほぼほぼ毎日、楽天市場は覗いているつもりなんですが、それでも気づかないってよっぽどです(苦笑)。

ちなみにサービス内容については開始当初からほぼ変更がない模様。以前から送料分のポイント還元をメインにアピールしているようです。

楽天プレミアムに加入すべき人は?

RakutenExpo 2015

ここまで楽天プレミアムのサービス内容を紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

正直、楽天市場で月5回以上、買い物をするような方でもない限りは、加入メリットが乏しいかなという印象ですね。もう少しサービス内容が強化されないと、Amazonプライムのような会員の半数が加入するような有料サービスにすることは不可能なような気がします(年単位での加入しか出来ないのも楽天プレミアムのデメリット)*1

反面、楽天でバンバン日用品を購入しているよ…という方なら、加入メリットも十分に有り。使い方次第では年間1万ポイント以上の獲得に繋げることもできると思うので、楽天プレミアムへの登録を検討してもらえればなと思います。

楽天プレミアムカード保有者なら1年無料:

ちなみに現在、楽天プレミアムカード(クレジットカード)や楽天ブラックカード保有者は、楽天プレミアムサービスを1年間無料で受けられるキャンペーンが実施されているので、とりあえず加入してみるのも手。

無料ならポイントアップがある分だけメリットがあると言えるので、加入あるべし…ですよ。

楽天プレミアムカード・楽天ブラックカードをお持ちの方は、楽天プレミアム会員の年会費3,900円(税込)が1年間無料になります。

以上、Amazonプライムに対抗してはじまった、楽天市場の「楽天プレミアム」を徹底解説!通常会員よりもポイントが貯まりやすいメリット有りです…という話題でした。

参考リンク:

有料会員サービス「楽天プレミアム」うんぬんよりも、楽天カードを作ったほうが楽天市場ではお得。SPU(スーパーポイントアッププログラム)とポンカンキャンペーンだけでポイント倍率を10%以上にすることも夢ではないので、楽天市場で買い物をする方ならもはや必携ですよ。詳しくは下記記事にて。

cards.hateblo.jp

*1:このあたりは楽天のちょっと良くないところですよね。とりあえずサービスをスタートさせてから後付でサービスを強化していく予定なのだとは思いますが、それにしても現状の利用メリットが乏しすぎる感じです。これじゃ話題にもなりません(実際、ネット上で楽天プレミアムの情報を調べてみましたが、いつから開始されたのかもわからなければ、解説しているサイトも見つけられませんでした)。

PAGE TOP