読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

楽天カードの入会ポイントを徹底解説!これから楽天カード申込をする方は、そのポイント獲得条件や落とし穴を理解した上で申し込もう。

f:id:cardmics:20140813162339j:plain

年会費無料で作成可能な楽天カードは今、インターネット上で人気が高いクレジットカードのひとつです。

楽天市場でお得にポイントが貯められる、顧客満足度調査で8年連続1位を獲得、ガソリン給油でもお得にポイントがたまる…などなど、保有メリットをあげればキリがない楽天カード。

しかし正直なところ、これから楽天カードを作ろうと思っている方の目的は、そんな保有した後のメリットが欲しいからではありませんよね。ズバリ入会特典である5,000円分の楽天ポイントを貰うことが目的…という方は多いと思います。

そこで今回は楽天カードの入会ポイントのみに徹底的に焦点を当てた解説記事を書いてみたいと思います。せっかく楽天カードを申し込むのであれば、確実に5,000円分の楽天ポイントを貰うようにしてくださいね。

詳しく理解しておかないと貰えない5,000円:

f:id:cardmics:20140813162205j:plain

まずはじめに、楽天カードの入会ポイントってきちんと理解した上で受け取らないと、その全てを使うことが出来ない可能性があります。

『えっ?』と思われたかもしれません。重要なことなので2度書きます。楽天カードの入会ポイントは、たとえ楽天カードを入手できたとしても利用することが出来ない可能性があります。そのため、入会ポイント目当てでこのカードを作るのであれば、きちんと入会ポイントの仕組みを理解した上で申し込みしてください。

以下、詳しく解説していきますね。

5,000円はあくまで複数キャンペーンの合計ポイント数:

まず、楽天カード入会で貰える5,000円分のポイントは、あくまで3つの特典が合計されたポイント数です。楽天カードの公式サイトより画像を引用させてもらいます。

f:id:cardmics:20140813122507g:plain

  1. 楽天カード新規入会特典…2,000ポイント
  2. キャンペーン入会特典…1,000ポイント
  3. 楽天カード利用特典…2,000ポイント

このように2,000ポイント、1,000ポイント、2,000ポイントの3つ入会特典を足して合計5,000ポイントになります。

つまり楽天カードは入会すると必ず5,000円分のポイントが貰えるカードではなく、正確には最大5,000ポイントが貰えるカードなのですね。問答無用で5,000円分のポイントが貰えるわけではない点を今一度、理解しておいてください。

ではそれぞれ、どのようにしたら貰えるポイントなのかを解説していきましょう。

1.楽天カード新規入会ポイントは全員貰える:

1つ目の新規入会特典ポイントについては、楽天カード加入者であれば100%、なんの手続きもなしに貰える2,000円分の楽天ポイントです。誰でも貰える2,000円分…と考えておいて問題ないでしょう*1

また、新規入会特典で貰える楽天ポイントは、有効期限が1年間に設定されているので、ゆっくりと何を買い物するかを見極めることが可能。更にこのポイントは楽天市場で買い物をしたり、楽天カードの支払いで楽天ポイント獲得があれば有効期限が延長されるので、実質的に有効期限がないポイントですよ。

  • 新規入会ポイントは誰でも貰える&有効期限が長い

2.キャンペーン入会ポイントはキャンペーン登録必須:

2つ目のキャンペーン入会特典1,000ポイントは、楽天カード申し込み前にキャンペーン登録をすることで貰えるポイントです。予め、楽天市場の会員登録をしておく必要性があるので、まだ楽天IDを持っていないという方は申込前のタイミングで登録しておくようにしてください。

尚、キャンペーン登録の方法は簡単そのもの。

楽天カードの申し込みページにある、下記画像のような『キャンペーンのエントリー(赤枠部分)』をクリックするだけで自動的に登録済みになります(実施されている期間限定キャンペーンごとにエントリーボタンの画像は変わる可能性があるので、探してみてください)。

f:id:cardmics:20140813153944g:plain

これで新規入会特典と合わせて3,000円分のポイント獲得です。

  • キャンペーン入会ポイントを獲得するためには、楽天カード公式サイトにてキャンペーンにエントリーすればOK

3.利用特典は文字通り、楽天カード利用が必要:

3つ目の利用特典は文字通り、楽天カードを利用することが獲得条件。指定期間内に楽天カードをとにかく1度、利用しさえすれば、2,000円分の楽天スーパーポイントが貰えるようになっています*2

例:8月13日現在で実施されている特典3のクリア条件

楽天カード利用特典として2014年8月11日(月)から2014年9月30日(火)までの間に楽天カードをご利用いただくことでもれなく2,000ポイントプレゼント。

実際に申込後、手元に楽天カードが届くまでには1週間程度の期間が必要なので、実質的には40日間程度でカード決済を1度、行う必要性がありそうです*3。それほど対象期間が短いわけではありませんが、使い忘れてしまわないように手元にカードが届いたら、すぐに買い物などで楽天カードを使うようにしてみてください(セブンイレブンローソンなどの大手コンビニでも楽天カードは支払いに利用できます)。

  • 利用特典を貰うためには、楽天カード到着後40日程度の間に1度、利用しておく必要性がある。

注意:期間限定ポイントとして付与される

ここまで3つの入会ポイントを紹介させていただきましたが、注意したい点が1つ。それは2つ目のキャンペーン入会ポイントと3つ目の利用特典ポイントについては、期間限定ポイントとして付与されるという点です。

期間限定ポイントは通常の楽天ポイントとは異なり、利用できる期間が決められているポイント。そのため、その期間内にポイントを利用しないと自動的にポイント失効になります(利用不可になるということ)。

例:8月13日現在、特典2と特典3が使える時期

キャンペーン入会特典1,000ポイント・[特典3]楽天カード利用特典2,000ポイントについて。2014年11月20日(木)頃までに2014年11月30日(日)まで使える期間限定ポイントとして進呈します。

8月13日現在、実施されている楽天カード入会キャンペーンで得られる特典2と特典3のポイント分は、2014年11月20日頃までに付与され、その後、11月30日まで利用できることになります。

まぁ、こう言ってしまってはアレですが、かなり期間が短いですよね(10日~2週間弱しか利用できない)。うっかりと期間限定ポイントが利用できる期間を忘れてしまうと、『せっかく獲得した3,000円分の入会ポイントがっ!』という泣くに泣けない状態に…。

そうならぬよう、楽天カード申込時には期間限定ポイントがいつ付与されるのかを確認し、忘れぬようカレンダー等やスケジュール帳に記入しておくなどの対策をしておいてください。それだけでウッカリ忘れ&ポイント失効は充分、防げると思いますよ*4

入会ポイントを更に効率よく得るために:

Gift

ここまで5,000円分の入会ポイントを獲得する方法&無駄なく使う方法を紹介させていただきましたが、ここからは楽天カードの入会ポイントを更に効率よく得るための方法を紹介させてもらおうと思います。

8,000円分の楽天ポイントが貰えるチャンスも:

楽天カードの入会キャンペーンで貰える入会ポイントは5,000円分が基本ですが、実は数ヶ月に一度、8,000円分の楽天ポイントが貰えるキャンペーンが実施される傾向にあります。

そのため、もし今すぐ楽天カードを必要としていないのであれば、8,000円分のポイントが貰えるキャンペーンをじっくり待つ…というのも一つの手。5,000円と8,000円じゃ、3,000円分も差がありますからね。出来る限り8,000円分の楽天ポイントが貰えるチャンスを逃さずに申込したいところです。

キャンペーンはいつ終わるかわからない:

但し、楽天カードの入会キャンペーン自体はいつまで継続されるのか…については楽天カード株式会社の人間以外わかりません。

今のところ継続的に続いているキャンペーンですが、いつ終わってしまうかは誰にもわからないので、8,000円分のポイントを狙っていたら5,000円分も貰えなくなってしまった…なんてことにはならないようにしてください(2013年頃まで楽天カードの入会ポイント付与数は2,000ポイントだったので、その頃に戻ってしまう可能性も充分に考えられます)。

家族カード発行で1,000ポイントは無視!:

次に楽天カードの入会キャンペーンにおいて、お薦めされるのが『家族カードの発行』。これをすると入会ポイントに加えて1,000円分の楽天ポイントが上乗せされるため、ついつい家族カードも作るか~と申込したくなってしまう方も多いかもしれませんが、実はこれはおすすめしません。

理由は単純、楽天カードは専業主婦や年金受給者であっても作れるクレジットカードなので、家族カードを家族に対して発行してあげるよりも、それぞれが個別に楽天カードを申し込んだほうがお得になるためです(審査基準についてはこちらの記事を参照)。

  • 楽天カード申込&家族カード発行:合計6,000ポイント
  • 楽天カードを個別に2枚申込:合計1万ポイント

まぁ家族カード発行のほうが利用明細書をまとめられるなどのメリットがあるケースもありますが、それよりもせっかく貰えるなら入会ポイントを人数分もらったほうがお得ですよね(申込には人数分の楽天会員登録が必要)。家族カードを持つくらいなら是非、楽天カードの個別発行を検討してみてください。夫婦2人なら1万円ポイント、両親を含めた家族4人でなら2万円分のポイントですよ。

申込は代行せず、カード申込名義本人に行ってもらうようにしてください。いくらポイントが欲しいといっても、代行申込は厳禁です!

楽天カードの入会ポイントQ&A:

question mark

楽天カードの入会ポイント獲得についての疑問を解決できるQ&Aを、いくつかまとめておきます。更に詳しく知りたい方は是非、読んでみてください。

Q.楽天カードって本当に無料で作れるの?

お得に楽天ポイントが貰えることはわかったけれども、楽天カードって本当に無料で作れるの?と心配な方のために、必要経費に関する情報をまとめておきます。

下記表を見てもらえればわかる通り、発行&入会&会費はすべて0円なので、全く費用がかからないクレジットカードになりますよ(クレジットカード関連の費用がわからない方は下記記事も参考に)。

比較項目費用解説
発行費用 無料 楽天カードを発行するために必要なお金は0円です。
入会金 無料 入会金ももちろん0円です。楽天会員登録費も0円です。
年会費 無料 楽天カードは何年保有しても会費0円です。持っているだけでは費用は発生しません。
更新費 無料 有効期限到達時にも費用は発生しません。0円です。
一括払い 無料 一般的なクレジットカード同様、一括払いやボーナス一括払いには金利手数料は発生しません。
リボ払い 有料 一般的なクレジットカード同様、分割払いやリボ払いをする場合には金利手数料が発生します。手数料を払いたくないなら使わないことです。
ETCカード 有料 ETCカードは楽天会員ランクに応じて年会費が発生します。ETCカードを発行しなければ費用が発生することはありません。
明細郵送代 有料 利用明細書を自宅に郵送してもらうためには別途費用がかかります。インターネット上で閲覧するだけのネット明細を使う場合には無料です。
費用が発生するケースを覚えておこう:

このように楽天カード利用における費用が発生する箇所をしっかり理解しておけば、完全無料で楽天カードを保有&買い物で使うことが出来ます。ETCカードは作成しなければOKですし、リボ払いや分割払いはそもそも使わなければOK。明細書もネット上で閲覧すれば費用が発生することはありません。

  • 気にせずOK:年会費や発行費
  • 注意したい点:ETCカードの年会費やリボ払い手数料

くどいようですが完全に0円で入会ポイントをまるまると貰うことは可能なので、楽天カードの仕組みをしっかり理解した上で、ポイント獲得を目指してみてくださいね(リボ払いって何?という方は、下記記事がおすすめです。クレジットカードの仕組みがわかります)。

cards.hateblo.jp

Q.なぜこんなにも入会ポイントをくれるの?

なぜこんなにも楽天ポイントを入会するだけで貰えるのか?というと、それは単純に楽天カード株式会社側が入会者をかき集めたいため。

他のクレジットカード会社と異なり、楽天カードはインターネット上でのみクレジットカード会員を募集しているので、募集コストを低く抑えることができているという点も大きいのでしょうね。結果、入会ポイントを他社よりも多めに設定することができているのだと思います。

自社グループのポイントというのも大きい:

他にも自社グループである楽天市場内で使える楽天ポイント…という点も大きい模様。

なぜなら楽天カードの入会キャンペーンを通せば、楽天市場を使ったことがない新規客を取り込める可能性があるだけでなく、自社サービスを利用してもらうことができるわけですから総合的に見ればそれほど大きな出費にはなりません。

  • 商品券が特典:その後は自社サービスを使ってもらえないかも
  • 自社ポイントが特典:自社サービスを必ず1度は使ってもらえる

また、通信販売に慣れてもらうことが出来れば、その後も楽天市場を使ってもらえる可能性が高くなるので、楽天側としてみれば大量の楽天ポイントをばらまいた以上の効果が期待できるのかもしれませんね(使ったことがない通販サイトは購入しにくい心理が働くため)。

Q.入会ポイント目当てで申し込みOK?

楽天カードを入会ポイント目当てで申し込むことは、何の問題もありません。楽天カード株式会社側がそういったキャンペーンを行っている以上、例えポイント目当てであったとしても問題はないのです。

同様にカード入手後に買い物等で使う予定がない…という方も問題ありません。ただ前述のように楽天カードの入会キャンペーンでは『楽天カードを利用すること』がキャンペーンクリアの前提となっているので、強制的に1度は使うことになります(この1度でクレジットカード決済の魅力を味わってもらおうとしていると思われる)。

Q.入会ポイントが何度も欲しいので、即解約して申込OK?

入会ポイントが欲しいから、所有している楽天カードを解約して再度、申し込みするのってOKかどうか…これはもちろんダメです。

入会ポイントプレゼントはあくまで1人1回までなので、繰り返してもらえないようになっています。これを許してしまったら、楽天カード側がポイント付与だけで破綻してしまいますからね(クレジットカードを1枚発行するための費用だって馬鹿になりません)。さすがにどうやっても複数回、入会ポイントを貰うことは出来ないことでしょう。

Q.楽天カードって誰が申し込めるの?審査基準は?

楽天カードってどんな人であれば申込出来るのか?については、楽天カードの審査基準に関する別の記事を用意しているので、そちらをご覧いただければと思います。

基本的には高校生を除く18歳以上の方で、且つ安定的ななんらかの収入がある方であれば申込できるカードになっています(学生や専業主婦は収入がなくてもOK)。大学生、専門学校生、パート主婦、年金生活者、フリーター、正社員、公務員、経営者、自営業などなど、万人が申し込めるクレジットカードなのでご安心ください。

ブラック属性だけど申し込める?

ちなみに楽天カードは無審査で入手できるとか、職業スナイパーでも入手できるクレジットカードだ…なんて都市伝説がありますが、これはまったくの間違いです。

実際には安定収入や資産がまったくない無職には作れないクレジットカードなので、カード申込時に適当な職業を書かないようにしてくださいね(下記記事参照)。

cards.hateblo.jp

Q.家族で揃って申し込んでもOK?

楽天カードを家族揃って申し込んでも大丈夫か?といえば、もちろん問題はないと思います。しかし、同じ日に家族4人が同時に楽天カードを申し込んだ…なんてことになれば、楽天カード株式会社側からすると違和感たっぷりなので、入会審査に通るものも通らない可能性があるかもしれません。

家族で楽天カードを持つ場合にも、少し日時をズラして申し込むなどが必要かもしれませんね(楽天カードを家族それぞれ個別に発行する場合には、楽天IDが家族分だけ必要になります)。

  • 家族そろって楽天カードを申し込む場合には、一気に申し込まないように。
申込は代行しないように:

尚、楽天カード申込は作成希望者本人よる必要性があるので、たとえ家族分であっても代行入力などは禁止です。必ず本人の意思で楽天カードを申し込んでもらうようにしてください。

Q.楽天プレミアムカードのほうがもっとポイントをくれるんだけど?

楽天カードよりも楽天プレミアムカードというゴールドカードを申し込んだほうが、より多くのポイントが貰えるみたいなんだけど?と思う方もいるかもしれませんが、こちらはあまりおすすめしません。

上記公式サイトを詳しくご覧いただければわかりますが、楽天プレミアムカードは1年目からしっかりと年会費がかかるクレジットカード。そのため、いくら大量に楽天ポイントが貰えるといってもそれ同等に年会費負担がかかってしまいます(差し引きすると楽天カードを作ったほうがお得になる)。

もちろんゴールドカードを使う予定があるという方であれば楽天プレミアムカードを最初から申し込んでOKですが、単純に楽天ポイント狙いで楽天カードを作ろうと思っている方は申し込まないようにしてくださいね。

Q.入会特典を貰ったけど、楽天カードを解約してOK?

入会特典を貰ったら、楽天カードを解約することが出来なくなるんじゃないの?と心配されている方もいるかもしれません。しかしこれについては全く問題ありません。

楽天カードが不要だな、もう使わない…という場合には、例え入会特典をがっぽり貰っていたとしても解約してしまってOK。『5,000円分のポイントを貰ったけど、1回分しか使っていない』なんて場合でも大丈夫ですよ *5

もちろん入会ポイントとしてあげた分を返却しろ!なんて楽天カード株式会社から請求されることもありません。しかも楽天の場合には、楽天カードを解約しても楽天会員資格は喪失しないので、そのままポイントを使い続けることが出来ます。併せて安心してください。

但し、即解約はやめよう:

但し、楽天カード入会→特典ポイント獲得→即解約…の流れだけは出来る限り避けるようにしてください。いくら年会費無料&作成費用無料のクレジットカードといえども、カード会社はあなたのカードを渡すために制作費用や郵送代を負担しているためです。

仮に半年未満で解約をしてしまった場合には、もう二度と楽天カードが作れないくらいの気持ちでいてください(再発行できる可能性は望み薄)。そのくらいカード会社からすれば心象の悪いお客さんになります。

楽天カードを今すぐ申し込もう:

http://www.flickr.com/photos/71401718@N00/5582186621

photo by Wonderlane

以上、楽天カードの入会ポイントを徹底解説!これから楽天カード申込をする方は、そのポイント獲得条件や落とし穴を理解した上で申し込もう…という話題でした。いやはや、久しぶりに長い文章を書きましたよ。

これから楽天カードを作ろうとしている方に参考にしてもらえれば幸いです。特に期間限定ポイントについてはせっかく獲得しても失効させてしまう人が多いので、注意してみてくださいね。

楽天カードに関するその他の記事:

その他、楽天カードに関する記事を紹介しておきます。入会審査難易度から楽天ETCカードに関する話題まで、楽天カードの隅から隅までを徹底的に説明していますよ。

*1:但し、楽天カードの入会審査で落ちてしまった方は貰うことが出来ません。つまり申込しただけで貰える特典ではなく、楽天カード入手者であれば必ず貰えるポイントということですね。

*2:楽天カードの入会キャンペーン内容は常に少しずつ変更になっています。あくまでこの記事を書いたタイミングでは、1度の利用で2,000円分の楽天スーパーポイントが貰える…という獲得条件になっていますが、開催キャンペーン内容によっては1万円以上の利用だったり、3回以上の利用に変更になるなど、微妙に条件が異なる場合があるので注意ください(必ずキャンペーン詳細を読んだ上で申込を!)。

*3:細かいことを言うと、詳細ルールには『楽天カードのご利用は2014年8月11日(月)から2014年9月30日(火)までの間にご利用いただいたもので、2014年10月31日(金)までにご利用加盟店から楽天カード(株)へ到着した売上情報のご利用代金の合計が対象となります。』と記載されているため、2014年9月30日ギリギリに利用すると、場合によっては2,000円分のポイント獲得対象外になる可能性があります(ギリギリだと利用されたお店から楽天カード側に請求があがらない可能性があるため)。

*4:楽天カード株式会社側も、敢えてこういった短い使用期限を設けているように思いますね。だからこそ、5,000円分ものポイントを大盤振る舞いできると言えそうです(期間限定の入会ポイントを使わない人たちが多いので、実際には5,000円分も付与していない計算になる)。

*5:それよりもまったく使わない楽天カードをそのまま会員に持ち続けられるほうが、楽天カード株式会社側からしたら経費がかかってしまう分だけ損失になります。

PAGE TOP