読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカードを持たずにカード払いが使える「楽天ペイ」は、もしかすると日本の決済市場におけるスタンダードになるのかもしれない。

決済 支払い

f:id:cardmics:20161029123509j:plain

楽天株式会社が2016年10月27日付で、新しくはじめたスマホ決済サービス「楽天Pay(らくてんぺい)」。

「楽天ペイ」アプリは、楽天会員IDでログインすることで、簡単に実店舗でのスマホ決済が可能になります。決済方法は店舗のスマホ・タブレット端末からQRコードを読み取る「QRペイ」とユーザー自身がスマホに金額を入力して決済する「セルフペイ」から選択可能です。

この楽天ペイってもしかするともしかすると、日本の決済市場におけるスタンダードになっていくんじゃないかな?と思ったので、今回はそのあたりの理由について記事にしていってみたいと思います。

これを読んでいたただければきっと、楽天ペイがいかに魅力的な支払い方法なのか…ということがお分かりいただけるはずですよ(楽天ペイを実際に店頭で使ってみた記事は下記参照)。

cards.hateblo.jp

カードの受け渡し不要な楽天ペイ:

まず、楽天ペイのなにが凄いかというと、クレジットカードを持たなくてもクレジットカード払いできるという点

通常、店頭でクレジットカード払いをするためには店員にクレジットカードを渡して処理してもらい、その後、暗証番号を入力したり、レシートにサインをしたりすることで支払いを完了させるのですが、楽天ペイでは手元にあるスマホ操作だけで支払いを済ませてしまうことが出来るメリットがあります。

  • 店頭で現金払い:貨幣のやり取りが必要
  • 店頭でカード払い:店員にカードを渡して処理してもらう(サインや暗証番号入力が必要)
  • 店頭で楽天ペイ払い:手元にあるスマホ操作のみで支払い完了

Apple Payでも同じじゃないか?

こう書くと「それってApple Payでも同じじゃないか?」と思われるかもしれませんが、Apple Payの弱点はiPhoneでしか使えないサービスであるという点。

その点、楽天ペイはAndroid携帯でもiPhoneでも利用することが出来るので、いわばすべてのスマホで使える支払い手段…ということが出来ます。

  • Apple Pay:Appleの決済サービスなのでiPhoneでしか使えない
  • 楽天ペイ:iPhoneはもちろん、Android携帯でも使える

加えてVISAやMasterCardであればどれでも利用可能…というのも大きなメリット。Apple Payは登録可能なクレジットカードが制限されてしまっていますが、楽天ペイなら自分の好きなカードを登録して使えるのも魅力ですね。

はまPayと一緒じゃないか?

それじゃ横浜銀行がはじめる予定の「はまPay」と一緒なんじゃない?ということも出来ますが、横浜銀行の決済サービスは地域限定&銀行口座引き落とししか出来ないという点に制限あり(詳細はこちら)。

反面、楽天Payの場合には銀行引き落としではなく、楽天Pay上に登録しているクレジットカードで支払いをすることが出来るため、残高等を気にせず支払いに使えるメリットがあります(当然、支払額に応じてポイントも貯まります)。

  • はまPay:地域限定&銀行引き落としのアプリ決済サービス
  • 楽天Pay:全国的&カード払いが出来るアプリ決済サービス
セルフペイが使えるのも魅力:

また、はまPayにはないもう一つの魅力が「セルフペイ」が使える点です。

こちらを利用すればお店側が表示してくるQRコードを読み取る必要性すらないので、自分のスマホを操作するだけで支払いを完結させてしまうことも可能。特にレストランや居酒屋等で「席でのお支払をお願いします」と言われた場合に使うと効果的な気がしますね(セルフペイは下記のような流れ)。

f:id:cardmics:20161029120026j:plain

決済端末代が0円という魅力も:

もうひとつ楽天ペイの魅力としては、クレジットカード決済端末や電子マネー決済端末のような高い決済機をお店に設置する必要性がない…という点も見逃せません。

店舗側ではインターネットに接続可能なスマホやタブレットがあれば初期費用0円で導入可能なので、手元資金に乏しい中小の小売店でも気軽に導入ができるのは有り難いはずですね。

ではなぜ楽天ペイは初期費用0円で導入することが出来るのかというと、これは店舗経営者なり取締役なりが保有しているスマホやタブレット端末を利用してお客さんからお金を貰うことができるため。

店舗側としてやらなくちゃいけないのは楽天ペイとの加盟店契約+アプリのダウンロードだけなので、まさに初期コスト0円で「決済機」が導入できるのですね。 

スキミングの心配がない楽天ペイ:

楽天ペイの隠れた魅力としては、クレジットカードそのものを店員に渡す必要性がないので、カード番号をメモされたり、スキミングされるなどの被害がゼロになるという点。

まぁ楽天側からカード情報が漏洩してしまう可能性はゼロではありませんが、店舗側から漏洩する可能性よりは圧倒的に低いことでしょう。最近はやりのPOS端末経由でカード番号が漏洩する事件にも楽天ペイなら対処できそうです。

楽天ペイのデメリット:

では、楽天ペイのデメリットにはどのようなものがあるか…というと、それは楽天ペイが使えるお店がどこまで広まっていくか、この点に尽きます。

実際、楽天ペイは10月27日に開始されましたが、今のところ日本全国で楽天ペイ払いが使えるのはごくごくわずか。たぶん200~300店舗くらいでしか使えない状況なので、正直、これではいくら魅力的な決済サービスであったとしても広まりません。

そうではなく、大手チェーン等を巻き込んで利用可能なお店が10万店以上になっていけば…楽天ペイは中国でいうところのWeChatペイのような存在になっていくのかも。将来的にはレストランや居酒屋などの飲食店、洋服店や家具店などの小売店はもちろん、出店や屋台、立ち食いそば屋でも気軽に使える決済手段になっていってほしいものですね。

楽天の営業力に期待しましょう!*1

楽天ペイとApple Payを比較:

最後にわかりやすく、楽天ペイとApple Payを比較した表を作ってみました。

初期導入コスト0円というメリットをいかして加盟店網が広まっていけば、冒頭に書いた通り、日本の決済市場におけるスタンダードになるかもしれませんよ。間違いなく日本のビジネスが変わります。

比較項目 楽天ペイApple Pay
使えるスマホ Android携帯+iPhone 主に最新iPhoneのみ
導入コスト 無料(0円) 1台あたり5~20万円程度
使えるお店 現状はかなり少ない すでに30万店舗以上
使えるカード VISA、MasterCard、楽天カード(楽天カードであればJCBでも可能) Apple Payの対応カード(詳細はこちら
その他メリット 中国のWeChatペイと提携予定 指紋認証のみで使える

以上、クレジットカードを持たずにカード払いが使える「楽天ペイ」は、もしかすると日本の決済市場におけるスタンダードになっていくのかもしれない…という話題でした。『是非、うちのお店でも楽天ペイを取り扱えるようにしたい!』という方は、下記公式サイトをどうぞ。

参考リンク:

店舗経営者の方は下記記事も参考に。クレジットカードの決済手数料を下げる方法や、クレジットカードを仕事に役立てる方法などをまとめています。

cards.hateblo.jp 

*1:Origamiペイだって同じだろ…とクレジットカード業界に詳しい方は言いそうですが、現状のOrigamiペイの加盟店網を見ると、すぐに楽天ペイに取って代わられるかな…という気がします。楽天はその強い営業力があるからこそここまで成長できた企業なので、Origamiペイよりも楽天ペイのほうが普及していく可能性が高いですね。