読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

楽天ポイントが貯まるお店が一気に増えるかも?2016年秋よりJCBと楽天が提携し、楽天ポイントカード加盟店を開拓していくようです。

交通銀行ATM

楽天ポイントを貯めているという方にとって、朗報が入ってきました。

楽天とJCBがこの秋を目処に提携をし、共同で楽天ポイントカード加盟店を開拓していく方針のようです。日経新聞が報じました。

楽天は共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」でジェーシービー(JCB)と提携する。今秋からJCBのクレジットカードの加盟店舗でポイントをためたり使用したりできるようにする。(中略)

楽天がクレジットカード会社と共通ポイントで提携するのは初めて。JCBの約960万件の契約先に対応端末の採用を働きかける。

JCBが楽天に代わって加盟店を探す形:

前述の日経新聞記事を読むと、まるでJCBカードが使えるお店(加盟店)すべてで楽天ポイントが貯まるようになる…と思われてしまうかもしれませんが、実際にはそうではなく、楽天ポイントを付与することに同意したお店のみ、楽天ポイントカード加盟店になるというだけだと思われます。

  • 間違い:JCB加盟店すべてで楽天ポイントが貯まる
  • 正解:JCB加盟店のうち、楽天ポイント付与に同意したお店でのみ楽天ポイントが貯まる

要するにJCBが楽天ポイントカードの営業代理店になった…ということ。今後は楽天そのものが楽天ポイントカード加盟店を開拓するのに加え、JCBも自社の加盟店網を活用して楽天ポイントカード加盟店を探していくことになります。

チェーン店以外でも楽天ポイントが貯まる:

ではこの提携によってどのような変化が生まれるのでしょうか?

これについてはあくまで私の予測に過ぎませんが、今まで楽天が開拓することができていなかった、中小居酒屋や小売店などでも楽天ポイントが貯まるようになる可能性が高そうな感じ。

なにせ日経新聞の記事によると、JCBには960万もの契約先(加盟店)が存在するとのことなので、『近所の定食屋で食事をすると楽天ポイントが貯まるらしいぞ』とか、『うちが良く買ってる豆腐屋さん、いつの間にか楽天ポイントが貯まるようになったみたい』みたいな展開になる可能性は十分にありそうです。

  • 従来:楽天による営業だけでは、大手のチェーン店にしか営業できなかった
  • 今後:JCBと契約している小規模な店舗にも導入を促すことが可能

追記:JCBの決済端末が楽天ポイント対応に:

追記です。ペイメントナビによるとJCBが楽天ポイントカードの営業代理店になるだけでなく、JCBのクレジットカード決済端末で楽天スーパーポイント付与が可能になるというメリットもあるようですね。

加盟店は、JCBに「楽天ポイントカード」を導入するための申し込みを行い、JCBが指定するクレジットカード決済端末で「楽天スーパーポイント」の利用が可能になる。

加盟店はポイントカード機能を実装させるシステムの導入が不要なため、低コストで「楽天ポイントカード」の取り扱いが可能となり、さらに「楽天ポイントカード」の導入スケジュールを大幅に短縮することができるという。

なるほど、これなら確かに楽天ポイントカード導入がスムーズに進むので、JCBと楽天が提携するメリットは大きいのでしょう(仕組みについて詳しくはこのあたりにて)。

以上、楽天ポイントが貯まるお店が一気に増えるかも?2016年秋よりJCBと楽天が提携し、楽天ポイントカード加盟店を開拓していくようです…という国内ニュースでした。

参考リンク:

楽天ポイントのことをもっと詳しく知りたい…という方は、下記記事も参考にどうぞ。楽天市場等での効率良の良い、ポイント獲得方法を紹介していますよ。

cards.hateblo.jp

PAGE TOP