読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

なぜ消費者金融は嫌われ、憎まれるのか?いざという時、保証人なしの無担保でお金を貸してくれることを、もっと評価されて良いと思う。

消費者金融

http://www.flickr.com/photos/35237093637@N01/2418695

photo by emdot

率直、消費者金融って嫌われてますよね。

昨日も『『お金の取り立て』は誰の元にやってくるのかを考えれば、消費者金融なんて怖くない』という記事を書いたら、消費者金融が死ぬほど嫌いな人たちにいろいろと書かれました。

まぁその気持ち、わからないでもないんですけど、なぜに消費者金融ってそんなに嫌われているんでしょうか?ちょうど良い機会なので、ちょっと考えてみました。

  1. 金利が法外に高いと思われている。
  2. 取り立てがエグいと思われている。
  3. 自己破産の元凶だと思われている。
  4. なんか社会的に許せない。

こんな感じでしょうか?(他にもあれば是非、教えてください)

個人的に言わせてもらえば良心的なんですよ:

まず前提として、あくまでテレビCMで聞いたことがあるような、大手消費者金融の話をさせてもらいます。小規模な街金やヤミ金の話ではありません(消費者金融とヤミ金の違いはこちら)。

金利手数料ってそんなに高いですか?

まず1番目の金利手数料ですが、これって高いですか?

10万円以上借りた場合にはわずか18%(最大値)。仮に10万円を1年借りっぱなしにしたとしてもかかる手数料はわずか1万8,000円だけで、下記のように毎月、1万円ずつでも返済していれば金利はもっと少なくて済みます。

  • 10万円を1年、借りっぱなしにした場合:11万8,000円
  • 10万円を1万円+金利ずつ10回で返済:10万8,430円

もちろんお金を借りっぱなしにするというのは消費者金融からお金を借りる以上は無理なので、実際にはこのように18%よりもかなり少ない金利のみが発生。1ヶ月でまるまる10万円を返済してしまう場合には、かかる金利はわずか1.5%分の1,500円だけです。

これが10万円を貸してもらえるお礼とするなら、個人的には格安だなと感じますね。友人から10万円を借りたら、こんな程度のお礼じゃ済みません(飲み代1回3,000円は払わないと)。

取り立てには規制がたくさん:

次に2番目の取り立てについては昨日の記事の通りです。また、取り立てについては金融庁の厳しい目があるので、1日の電話回数だって上限3回と決められているほど。夜8時以降は電話だろうが取り立てをすることすら出来ません。

この辺の規制については、今度、記事にまとめてみますね。びっくりするほど厳しい規制があるため、逆に『取り立てをする側も大変なんだなぁ~』と思われることと思います*1

消費者金融は自己破産されたら困る:

次は3番目について。消費者金融は自己破産されたら困るわけです。

借りる側にとってみれば自己破産って権利みたいなもののように思われていますが、お金を貸している側からしたら自己破産はとんでもない制度なんですよ。貸したお金が瞬間的、強制的に0円にされてしまう。

例えば『Aさんに300万円貸していたら、自己破産されて0円にされてしまった』なんてことになれば、貸した側はなんとも言えない理不尽さを感じるはず…。お金を貸しても最大18%しか手数料をもらえないのに、自己破産で貸したお金がまるごと0円になってしまえば、ビジネスとしてはかなり厳しいと思います。

  • お金を借りた側:自己破産したのは消費者金融のせいだ!
  • お金を貸した側:貸したお金が1円も戻ってこない理不尽。

社会的に消費者金融が許せない:

http://www.flickr.com/photos/7947218@N07/4936452797

photo by Kaptain Karrot

最後はそんな内容うんぬんじゃなくて、社会的に消費者金融が許せないという話。これはまぁ、消費者金融にお世話になることがない裕福な層の方が多く持つ、感情ですよね。

消費者金融は無担保無保証:

しかし考えてみてもらえればわかりますが、消費者金融って保証人なし&無担保でお金を貸してくれるんですよ。普通は担保となる不動産やモノがあってはじめてお金を借りられたり、保証人がいるからマンションやアパートを借りることが出来ます。

  • 保証人なし:お金が返せなくても誰かに責任がいかない
  • 無担保:借りたお金が返せなくても取られるものがない

反面、消費者金融はその人の信用力だけでお金を貸してくれる。不動産を持っていなくても、保証人になってくれるような人が周りにいなくてもお金を貸してくれるって、こんなサービスが他ありますか?しかも場合によっては100万円以上借りることだって出来るのです。

そのため、仮に世の中から消費者金融が消滅してしまえば困る方が続出するはず。お金がないときに病気になってしまった、このままだと家を追い出されてしまう…などなど、消費者金融はそういった時の救世主なんです。ほんと無いと困ります。

必要ないなら消費者金融は使うべきではない:

http://www.flickr.com/photos/76657755@N04/6881485010

photo by Tax Credits

…と、ここまで消費者金融をフォローしてきましたが、使う必要性がないのに使うべきと言っているわけではありません。当たり前ですが必要がないのであれば使う必要性は全くないため、困った時の最後の頼み…くらいに考えて貰えればと思います。

それよりも個人的に一番、悲惨だな…と思うのは、消費者金融=怖いというイメージがあまりにも強すぎて、消費者金融よりもクレジットカード現金化や紹介屋を利用してしまう方が後を絶たない点。そういった極めて非効率で違法に近いサービスを利用するくらいなら、大手消費者金融を最初に検討してほしいのです。

繰り返します。雑誌の裏や新聞広告にある怪しい業者ではなく、テレビCMを流している消費者金融を使ってください。これを伝えたくて、昨日の記事もこの記事も書いています。

  • クレジットカード現金化:利用規約違反です。違法業者も多数!
  • 紹介屋:ただの斡旋業なのに法外な手数料を要求してきます。個人情報を取得されたら付きまとわられる可能性も。
  • 大手消費者金融:金融庁監督の元、法律に則ってお金を貸してくれます。万が一、違法な取り立てをされたら金融庁に文句を言いましょう。

以上、なぜ消費者金融は嫌われるのか?いざという時、保証人なしの無担保でお金を貸してくれることを、もっと評価されて良いと思う…でした。この記事によってみなさんの中の消費者金融のイメージが、少しでも良くなりますように。

参考リンク:

プロミスやアコム、アイフルといった大手消費者金融を利用している人は日本国内にどのくらいいるのか?このあたりの数字に興味がある方は、下記記事もあわせてご覧ください。 驚くほどたくさんの方が消費者金融業者からお金を借りていることがわかります。

cards.hateblo.jp

*1:ヤミ金や一部の街金などは、違法な取り立てをすることがあるのでこの限りではありません。前述のようにあくまでアコムやプロミスといった、大手消費者金融の話です。