読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

ソフトバンクやNTTドコモで携帯電話を分割購入すると、こんなクレジット情報が個人信用情報機関に記録される!携帯代はしっかり払おう。

iphones

現在、ソフトバンクにしろNTTドコモにしろ、携帯電話を分割払いで購入した場合にはクレジット情報(個人信用情報)が出来上がると言われています。

しかし、多くの方にとって「個人信用情報機関に契約内容が登録される」と言われてもよくわからないもの。そこで今回は私が過去に契約をした、ソフトバンクとの割賦契約(分割払い契約のこと)がどういう風に個人信用情報機関に記録されているのか…ということを紹介させていただこうと思います。

まぁ見ても面白いものではありませんが、前述のようにソフトバンクにしろauにしろNTTドコモにしろ、そういった電話会社から携帯電話を購入して毎月料金を払っている…という方は、こういうデータが個人信用情報機関という場所に記録されているんだということがわかってもらえるだけでOKですよ。

ソフトバンクとの割賦契約データ:

早速、私が2014年にソフトバンクと契約した情報を公開します(モザイクがかかっている部分は私個人の氏名や生年月日、電話番号等なので非公開にさせてもらいました)。

f:id:cardmics:20161214134341g:plain

ただこれを公開しただけでは「?」だと思うので、ここからは登録されている情報についてわかりやすく解説をさせていただきます。

ちょっと難しい話になりますが、例を多めに入れて解説していくのでしっかりと付いてきてくださいね。

個品割賦とは?

まず13番目の「契約内容」というところに書かれている、個品割賦(こひんかっぷ)について。

本来、みなさんがスマホを購入する場合にはソフトバンク等の携帯電話会社に一括でその料金を払う必要性があります。

例えば10万円のiPhoneを購入するなら、本来、その場で10万円を払ってiPhoneを購入する必要性がある…といった感じ。これをせずに毎月、分割払いでiPhone本体の料金を支払えるのは、みなさんの代わりに誰かが一括で10万円を一旦払ってくれているからです(これが立て替え払い=個品割賦)。

  • 一括払い:10万円を払ってiPhone入手
  • 分割払い:誰かが代わりに10万円払ってくれるため、分割で返済すればOK

そう、その「誰か」がソフトバンク株式会社ということ。ソフトバンクはみなさんに10万円を貸してiPhoneを買わせ、その代金を24回に分けて払わせている…と考えるとわかりやすいと思います。

お金を借りている状態に:

この際、ソフトバンクから10万円を借りているみなさんは、冒頭で出てきた個人信用情報機関(こじんしんようじょうほうきかん)に『この人は10万円のお金を借りている人』という記録が登録されるようになります。

これが先程の画像…というわけ。

実際、ご覧いただければわかるように、誰が誰からお金を借りているのか、そしてどんな契約なのか、建て替えしてもらっている商品は何なのか、返済はいつまでなのか…といった情報が、クレジット情報を見れば一目瞭然なのですね。

  • お金を貸している人:ソフトバンク株式会社
  • お金を借りている人:(モザイク部分)私
  • 借りているお金:70千円(7万円)
  • 分割払い回数:24回
  • 請求額:2,000円(実際には2,500円程度)
  • 購入商品:携帯電話

大事な大事な入金状況:

ここまでクレジット情報にはどのようなものが記録されているのか…ということがお分かりいただけたものと思いますが、このクレジット情報の中で一番大切な項目が一番下にある「入金状況」というものになります。

ではなぜ入金状況がそんな重要なのか…というと、ここに毎月、ドルマーク($)が記録されているかどうかで『この契約者は信用に値する人物なのかどうか』ということがわかるため。

例えばドルマークが毎月記録されておらず、返済遅れや一部入金を表すAマークやPマークが並んでいるような場合には、お金を借りても約束通りに返さない人ということになります(記載マークについてはこちらを参照)。

  • $(ドルマーク):請求どおり(もしくは請求額以上)の入金があった
  • P:請求額の一部が入金された
  • A: 利用者側の都合で、約束の日に入金がなかった(未入金)

ちなみに私のクレジット情報はご覧の通り、すべてドルマークのみ。このようなドルマークのみの信用情報=返済を約束通りにしてくれる信用できる人物…ということになるので、次回の立て替え払いにもソフトバンク側が応じてくれやすくなります。

各社に情報共有される個人信用情報:

『いやいや、別にソフトバンクやNTTドコモから信用されなくても大丈夫だし。クレジット情報が悪くなっちゃったらその後は一括払いで購入するよ』という方もいるかもしれませんが、ここが個人信用情報機関の怖いところ。

実は個人信用情報機関(CIC)に登録されているあなたのクレジット情報は、ほぼほぼすべてのクレジットカード会社や消費者金融、銀行にも情報共有されてしまうため、ソフトバンクやauなどの携帯電話会社の範疇では収まらない可能性が高いのです。

要するに『こいつは借りたお金を返さないヤツだ!』という履歴を個人信用情報機関に記録されてしまったら、その後はどのクレジットカードを申し込んでも消費者金融からお金を借りようとしても断られてしまうということ。

これが俗にいう「ブラックリストに登録される」という事態にあたるものなので、くれぐれも携帯電話料金の支払い遅延にはご注意ください。

  • 携帯料金の支払いが遅れがち:信用情報が傷つき、カードが作れなくなる場合も
  • 携帯料金の支払いに遅れない:信用力があがり、カード等が作りやすくなる

『俺、もしかしてヤバイかも?』と思った方は、下記記事もあわせてご覧いただければと思います。

cards.hateblo.jp

携帯料金はしっかり払おう:

iPhone

ここまで個人信用情報機関(CIC)にソフトバンク等の購入履歴がどのように掲載されるのか…ということについて書かせて頂きましたが、いかがでしたでしょうか?

このように所詮は携帯料金…と思っていると、いつの間にか自分自身の信用力を大きく傷つけていることもあり得るので、電気代やガス料金の支払いは遅れても、携帯代だけは絶対に遅れないようにしてもらえればと思います*1

  • 携帯代の支払い遅延:個人信用情報を傷つける可能性アリ
  • 電気代やガス代の支払い遅延:支払いが遅れても個人信用情報は傷つかない

以上、ソフトバンクやNTTドコモで携帯電話を分割購入すると、こんなクレジット情報が個人信用情報機関に記録される!携帯代はしっかり払おう…という話題でした。

参考リンク:

ちょっと前に書いた記事ではありますが、携帯料金の支払い遅れでブラックリスト登録されるケースについては下記記事も参考に。ここ4~5年で登録されるようになったものなので、まだまだ知らない方が多い印象ですね。

cards.hateblo.jp

*1:もちろんだからといって電気代やガス代は遅れて支払っても良いというわけではありません。

PAGE TOP