読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

すき家が全店でクレジットカード払い導入!日本の支払い文化が変わるかもしれない、大手飲食店へのカード決済導入になりそうです。

決済 国内ニュース

IN すき家

大手牛丼チェーンの「すき家」が、全店でクレジットカード決済を導入する方向性のようです。日経新聞が報じました。

ゼンショーホールディングスは牛丼店「すき家」全店にクレジットカード決済を導入する。レジの更新に合わせ、2018年3月末までに順次導入する。 

利用者が増えれば採算が取れる:

現状、マクドナルドや吉野家といった他のファーストフードチェーンが、クレジットカード決済導入に消極的なのは「クレジットカードの決済手数料が高い」から(詳しくは下記記事にて)。

それでも今回、すき家を運営するゼンショーが全店舗にクレジットカード決済導入を決めた背景には、カード決済導入による客数アップがあれば採算があう…という目論見があったようですね。なるほどといった感じです。

日本のファストフードチェーンではカード会社に支払う手数料などの問題で広がっていない。日本マクドナルドや吉野家もクレジットカード決済は導入していない。ゼンショーはクレジット導入で客数が増えれば採算に合うと判断した。

すき家に続く飲食店が出て来るかも?:

ちなみに個人的な意見を言わせてもらうと、全国的な飲食店であるすき家がクレジットカード決済を導入してくれたことの効果はかなり大きいなと。

やはり『すき家さんが導入するならうちも導入したい』と思う飲食店が出てくるのは間違いありませんし、吉野家や松屋といったライバルの牛丼チェーンも『このままではすき家にお客さんを取られてしまう』といった危機感を感じることに繋がるため、日本の支払い文化に大きな影響を与える可能性は大きそうな感じ。

  • 他の飲食店:すき家が導入するならうちも
  • ライバルの牛丼チェーン:すき家にお客さんを取られてしまう

加えてすき家が生半可な加盟店料率でクレジットカード決済を導入するとは考えられないので、今回のカード決済導入が飲食店全体のクレジットカード加盟店手数料を引き下げる役割もありそうな気がします。こういった面でもほんと、すき家が全店導入を決めてくれたことに感謝感謝ですね。

さてさて、今後、日本の支払いはどう変化していくのでしょうか?東京オリンピック開催前までにどう変わるのか、引き続き当サイト「クレジットカードの読みもの」では情報を追いかけていきたいなと思います。

以上、すき家が全店でクレジットカード払い導入!日本の支払い文化が変わるかもしれない、大手飲食店へのカード決済導入になりそうです…という話題でした。

参考リンク:

すき家ではすでにSuicaやiD、楽天Edyが利用可能。これにクレジットカード決済導入を加えると、もはや支払いで困ることがないファーストフードチェーンになりそうですね。

cards.hateblo.jp