読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

スルッとKANSAIが磁気カードの発行終了へ!今後はIC乗車券であるPiTaPa(ピタパ)普及に切り替えられていくようです。

プリペイドカード 国内ニュース

バスまつり マフラータオル

関西地方のバスや私鉄で主に使われていた磁気カード「スルッとKANSAI」の対応カードが、2018年1月31日をもって使用停止となるようです。スルッとKANSAIが公式プレスリリースにて発表しました(こちらより引用)。

スルッとKANSAI対応カードは、1996年の導入以来、順次対応エリアを拡大し、1枚で関西一円の鉄道、バスに乗車いただける便利なカードとして皆さまに利用いただいておりました。

しかし、2004年にPiTaPaサービスを開始して以降、より便利なICカードの利用が増える一方で、スルッとKANSAI対応カードは利用が減少していることから、2017年3月31日(金)をもって発売を終了するとともに、2018年1月31日(水)をもって、駅の自動改札機・バスでの共通利用を終了させていただきますので、下記のとおりお知らせいたします。

PiTaPa(ピタパ)が主流に:

今回、スルッとKANSAI対応のカードが終了になってしまう背景には、IC乗車券でもあるPiTaPa(ピタパ)の普及があるとのこと。

ご存知のようにPiTaPaには日本全国で幅広く使えることや、後払いでまとめて払えるメリットなどがあるために、もはや磁気カードを使ってバスや電車の乗り降りをするのは時代遅れになりつつあったのかもしれませんね。

また、スルッとKANSAIと同様の仕組みを採用していた関東のパスネットやイオカード、オレンジカードといったものも廃止されてきているため、関西のスルッとKANSAIについてもその流れを受けたと考えるのが妥当そうです。

販売は2017年3月まで:

尚、スルッとKANSAI対応カードの販売は2017年3月31日まで。

ただ在庫が切れ次第、販売終了となってしまうようなので、記念に1枚購入しておこうかなと思う方は在庫切れ前までに買っておくようにしてもらえればと思います。

発売箇所においてスルッとKANSAI対応カードの在庫がなくなった場合は、その段階で当該発売箇所での発売を終了いたします。

以上、スルッとKANSAIが磁気カードの発行終了へ!今後はIC乗車券であるPiTaPa(ピタパ)利用に切り替えられていくようです…という国内ニュースです。

参考リンク:

大阪や奈良、京都のバスや私鉄利用にも、PiTaPaではなくSuicaを使う…というのは一つの手。オートチャージ機能は使えませんが、地方出張が多い方ならそちらのほうがなにかと便利ですよ。

cards.hateblo.jp