読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

高島屋デパートでPontaポイントが貯まるように!今後はコンビニ同様、大手百貨店でもポイントが貯まる時代になりそうです。

ポイントカード 国内ニュース

Takashimaya Times Square

百貨店大手の高島屋でPontaポイントが貯まるようになる…そんなニュースが入ってきました。日経新聞の報道です。

高島屋は三菱商事系のロイヤリティマーケティング(東京・渋谷)と提携し、共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を導入する。高島屋の一部の店舗を除き、19日から買い物でポイントをためたり、支払いに使ったりできるようになる。(中略)

ポンタが利用できるのは日本橋店(東京・中央)や新宿店(東京・渋谷)や大阪店(大阪市)、京都店(京都市)など17店。ジェイアール名古屋高島屋(名古屋市)や、いよてつ高島屋(松山市)などの店舗のほか、海外の店舗やインターネット通販は対象外となる。

その後、Pontaを運営しているロイヤリティマーケティングも公式リリースで高島屋との提携を発表。今後はリリースにもあるように、高島屋デパートでPontaポイントの獲得&利用が可能になるようです。

株式会社髙島屋(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:木本 茂、以下「髙島屋」)と共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を提供する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)はポイントサービスに関して提携しました。全国の髙島屋で「Ponta」サービスを導入し、2016年10月19日(水)より、「Ponta」がたまる・つかえるサービスを開始します。

dポイント導入の成功を受けての導入:

日経新聞の記事によると、高島屋では2016年4月より導入したdポイントによって新規顧客獲得が出来た…という成功事例から、今回、Ponta導入にも踏み切ったとのこと。

4月に先行導入したdポイントに関しては、ポイントを付与するようになったことで新たな顧客が来店するなどの導入効果が出ているとみられる。ポンタでも同様の効果が期待できるほか、来店が見込めるポンタ会員に限定してイベントなどの案内を送付できるメリットがある。

Pontaポイントは現在、Tポイントに次ぐ業界2位の共通ポイントカードなので、高島屋は更に多くの新規顧客獲得をもくろんでいるんでしょうね。さてさて、デパートの客層とポイントカード利用者の客層がどこまでかぶるのか、そのあたりの動向は個人的にも楽しみでなりません。

伊勢丹や大丸でもすでに導入済み:

ちなみに『デパートがポイントカードを導入するなんて意外!』と思われた方もいるかもしれませんが、実はすでに伊勢丹や大丸デパートでもポイントカードは導入済み。

  • 三越・伊勢丹:Tポイントと提携中
  • 大丸:楽天ポイントと提携中

また、阪神百貨店や阪急百貨店ではSポイントという独自ポイントを作ったり、JR東日本も自社のアトレやルミネ等で溜めることが出来たポイントをJREポイントという名称に統合することを決定しています。

こんな風に今後はセブンイレブンやローソンなどのコンビニのように、デパートでの買い物でも当然のようにポイントが貯まる時代になるのかもしれませんね。まだポイント制度を導入していない他のデパートはどうしていくのか、そのあたりの動きにも注目していきましょう!

以上、高島屋デパートでPontaポイントが貯まるように!今後はコンビニ同様、大手百貨店でもポイントが貯まる時代になりそうです…という話題でした。

参考リンク:

日本国内で流通している、代表的なポイントカードの特徴をまとめた記事は下記をどうぞ。今後、ますますTポイントやPonta、楽天ポイントの勢いは増していくと思われるので、まだ持っていない方はこの機会に作ってみてくださいね。

cards.hateblo.jp