読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカードが悪用されたら、誰がその損害を負担するのかを徹底解説!カードは不正利用が怖い…という方は盗難保険を知ろう。

基礎知識 セキュリティ

Payment Processing

『自分名義のクレジットカードが悪用されたら、誰がその損害を負担するのか?』

これ、クレジットカードをまだ持ったことがないという方だけでなく、すでにカードを保有して毎日のように買い物で使っているという方においても、よく理解されていない内容なんですよね。たとえばあなたのクレジットカードが誰かに100万円不正利用されてしまったら、それを負担するのは誰なのか…みなさんは明確にわかりますか?

そこで今回はカード初心者の方を対象に、不正利用の損害は誰が負担するのかについて徹底解説してみたいと思います。特に『カードは不正利用が怖いから持ちたくない…』と思っている方は、この記事を読んでみてくださいね。

クレジットカード紛失で人生は終わるのか?:

まずはちょっとした雑談から。

私はいつも10枚程度のクレジットカードを財布の中にいれて持ち歩いているんですが、それらのカードで買い物可能な金額の上限(利用限度額)はというとだいたい3,000万円くらいはあります*1

これは言い換えると、私の財布が盗まれた場合には最大3,000万円ほど悪用されてしまう可能性があるということ。仮にこの損失すべてが「私の自己責任」とされてしまうようならどうでしょうか?怖くて財布の中にクレジットカードを入れて持ち歩くなんて、誰も出来なくなってしまいますよね。

加えていうなら、クレジットカードを自宅に置いておくことだって怖く感じてしまいます(泥棒に入られたら最大3,000万円が盗まれてしまうようなもの)。

財布を失くすのは日常茶飯事:

このように財布をなくしたり、スリに盗まれてしまう可能性というのは決して低くはありません。それにも関わらず、クレジットカードが盗まれた時の損害が保有者にあるのでは、誰も恐ろしくてカードなんて持ち歩けなくなってしまいます(最近じゃ年会費無料クレジットカードでも限度額が100万円くらいある)。

では誰がその損害を負担してくれるのか?ここからが本題です。

クレジットカードには盗難保険が付いている:

少し回り道をしましたが、クレジットカードを紛失した時の損害は誰が負担するのか?その答えは、実は保険会社です。

というのも、日本で発行されているクレジットカード*2にはほぼ100%、盗難保険という名前の保険が付いているため。

そう、この盗難保険があるおかげで、仮にみなさんがクレジットカードを紛失してしまったとしても、その損失をみなさんが負担することはないのですね。参考までに年会費無料で作れる楽天カードの盗難保険に関する解説を引用させていただきます。

カードには盗難保険が付帯されています。万一、カードが不正使用された場合は、紛失・盗難をお届けいただいた60日前にさかのぼり、それ以降の損害額を弊社が定めた規定にそって負担いたします。

わかりやすく表にまとめてみましたので、どんな時に盗難保険が適用されるのかを確認してみてください。基本的にはほぼほぼ全てのケースで、盗難保険があなたを損失から守ってくれるはずです(所定の保険申請手続きをした場合)。

トラブル例盗難保険が適用されるかどうか
財布を落としたら、カードを悪用されてしまった。 盗難保険の適用アリ。
財布をスリに盗まれてしまった。 盗難保険の適用アリ。 
自宅に泥棒が入り、カードが盗まれた。 盗難保険の適用アリ。
貴重品ボックスから財布が盗まれた。 盗難保険の適用アリ。 
同僚や友人にカードを盗まれて悪用された。 盗難保険の適用アリ。
スキミング詐欺に合った。 盗難保険の適用アリ。 
フィッシング詐欺に合った。 盗難保険の適用アリ。
利用していた通販サイトが情報漏洩した。 盗難保険の適用アリ。 
海外で勝手に使われていた。 盗難保険の適用アリ。
お店の人が二重に決済していた。 盗難保険の適用アリ。 

現金を持ち歩くよりも安全:

どうでしょうか?自分の責任でカードを紛失してしまった場合でも、利用したお店の責任でカード番号が漏洩してしまった場合でも、盗難保険があるおかげであなたに請求が来ないようになっています。

反面、財布を落とした時に入っていた現金などは基本、戻ってきません。そういった意味ではクレジットカードを持ち歩いたほうが、盗難保険がある分だけ安心なのですね。

  • 現金:盗まれたり、落とした場合は戻ってきにくい
  • カード:盗まれたり、落とした場合でも損失が出にくい

どういう場合に盗難保険が適用されないのか?

Mobile Phone with Money in Kenya

ここまでクレジットカードは盗難保険という保険で守られている…という解説をさせていただきましたが、それでもすべてのケースで100%、盗難保険がみなさんを損害から守ってくれるわけではありません。

ではどういった場合だと盗難保険が適用されないのか?主に3つのケースが存在するので、クレジットカードを持っているという方はこれらの落とし穴にハマらないように気をつけて貰えればなと思います。

1.暗証番号も漏洩していた場合:

まず、クレジットカードに個別に設定されている、4桁の暗証番号まで漏洩していた場合には、クレジットカードの盗難保険適用の対象にならないケースがあります(暗証番号が漏洩していても、盗難保険が適用されることもある)。

  • サインを真似されて不正利用された:盗難保険適用
  • 暗証番号を入力されて不正利用された:盗難保険が適用されない場合も

なぜならこの4桁の番号はカード保有者のみしか知り得ない情報なので、これが漏れてカードが不正利用されてしまった時には、さすがに盗難保険も適用できませんよ…ということ。

防衛策としては誕生日4桁を暗証番号にするなど、悪意のある方が類推しやすい番号に設定しないようにしておけば、それだけで問題ないと思います(カード裏面にメモっておくなども言語道断)。

とにかく不正被害発覚時に盗難保険に守ってもらいたいならば、暗証番号は誰にも教えない。これに尽きます。

2.盗難保険の申請が遅かった場合:

2つ目はクレジットカードを不正利用をされてしまった後、盗難保険の申請が遅れた場合には適用されない事例もあります。

だいたい不正利用が発生してから2ヶ月以内に申込をしないと、保険申請自体ができない可能性がある点は注意してください(盗難保険の申請方法はカード会社に電話をして相談を)。

半年経過後でも申請できる場合も:

ちなみにカード会社によっては、不正利用から半年や1年といった期間が経過した後でも適用してくれる場合もあるので、『もうこの不正利用は申請できないだろうな…』と自己判断で諦めないように。

カード会社としても「被害額をカード保有者に自己負担させる」というのは最終手段なので、余程のことがないかぎりは相談には応じて貰えるはずですよ。

3.家族による不正利用:

3つ目はあなたの両親や兄弟が、あなたのクレジットカードを不正利用していた…という場合には、盗難保険の適用が難しいケースも多いようです。

これはその不正利用が、本当に不正だったのか?ということがわかりにくいため。あなたと結託して不正利用させたのではないかという可能性がある以上、保険会社としても出し渋るみたいです。

防止策としてはたとえ家族であったとしてもクレジットカードを使わせないこと。そもそもクレジットカードは本人のみしか利用できない決済手段なので、暗証番号管理を含めてしっかりと自分自身で管理するようにしてくださいね(詳しくは下記記事を参照)。

cards.hateblo.jp

クレジットカードは安心な支払手段:

Philippine credit or debit card payment and money

ここまでクレジットカードの盗難保険について詳しく解説させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

このように盗難保険があるおかげでクレジットカードは紛失や盗難のリスクを恐れずにどんどん支払いに使うことが可能。店頭での支払いから楽天市場やAmazonでの支払いまで、クレジットカード払いはとにかく便利な支払い方法なので、是非まだ使っていないという方はこの機会にカード作成を検討してもらえればなと思います(はじめての方向けカードは下記記事にて)。

以上、クレジットカードが悪用されたら、誰がその損害を負担するのかを徹底解説!カードは不正利用が怖い…という方は盗難保険を知ろう…という話題でした。

参考リンク:

クレジットカードをまだ作ったことがない…という方は、下記記事もあわせてどうぞ。カード初心者の方がクレジットカードについて勘違いしていがちなことを、わかりやすくまとめていますよ。

cards.hateblo.jp

*1:普段から財布の中にゴールドカードを3枚、プラチナカードを1枚、ブラックカード2枚をいれて持ち歩いています(苦笑)

*2:キャッシュカードやデビットカード、プリペイドカードは除きます。