読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

トリバゴ(Trivago)でホテル検索をしても最安値にならないことがある!テレビCMで話題のトリバゴを使う上での注意点を解説。

トラベル 節約 ネット

trivago Logo neu

テレビCMで話題のホテル料金比較サイト『トリバゴ(trivago)』。

トリバゴでは250ものホテル予約サイトをまとめて検索することができるため、簡単に最安値の宿泊料金を探すことが可能…という触れ込みですが、このサイトを使えばほんとうに最安値のホテル料金を見つけることができるのでしょうか?

宿泊施設をお探しの方へ

初めてのご利用ですか?トリバゴは、オンライン旅行市場の情報を公平で中立的な立場で提供し、ユーザーのご希望に合った宿泊施設を見つけ出すお手伝いを致します。

またトリバゴには、100項目以上の条件絞込み機能、100万軒の宿泊施設、250社以上の予約サイト、と沢山の選択肢があります。アカウント登録すると、お気に入りの宿を保存・シェアすることも可能です。

そこで今回は、そんなトリバゴを使う上での注意点について記事を書いてみたいと思います。ここで検索すれば一番安く泊まれる料金がわかる…と思っている方は、是非、じっくりと読んでみてくださいね。

トリバゴを使う上での注意点:

トリバゴを使う上での最大の問題点、それはトリバゴの検索結果に表示されるホテル予約サイトが、外国系のホテル予約サイトに若干の偏りがあることです。

これ、実際にトリバゴを使ってみるとわかるのですが、日本国内のホテルを検索した場合でもその結果のほとんどが海外の予約サイトの料金が多め。

例えば大阪のあべのハルカス上層階にあるホテル「大阪マリオット都ホテル」に5月17日~18日に宿泊しようとした時の金額は下記の通りで、ずらりとExpediaやHOTELQUICKLY、Booking.comなどの海外発の予約サイトが並んでいるのがおわかりいただけると思います。

f:id:cardmics:20170316215552g:plain

海外のホテル予約サイトのほうが安いだけ?

『いやいや、海外のホテル予約サイトのほうが安いだけじゃないの?』と思われるかもしれませんが、試しに一番下まで開いてみても同じ状況でした。

日本のホテル予約サイトであるじゃらんや楽天トラベル、るるぶやJTBはどこにも出てきません(下記の画像参照)。

f:id:cardmics:20170316215718g:plain

試しに楽天トラベルやじゃらんで検索してみた:

では、ほんとうに楽天トラベルやじゃらんには京王プラザホテルの取り扱いがないのか?同様に調査してみました。まずは楽天トラベルで同様の条件である「5月17日~18日、大人2名1室」での宿泊については下記の通りです。

f:id:cardmics:20170316215858g:plain

う~ん、楽天トラベルでも予約はしっかりと出来ますね。この価格は税抜きの価格なので、結果的にトリバゴ経由で予約した金額とほとんど違いはありませんが、なぜ楽天トラベルが表示されなかったのかその理由はわかりません。

じゃらんでも調査:

同条件でじゃらんでも検索してみた結果がこちら。

f:id:cardmics:20170316220104g:plain

こちらも税抜き価格なのでトリバゴ最安値より若干高いですが、じゃらんのプランだと「アッパーフロアデラックス」に泊まれるので、そちらのほうが好みだという方もいることでしょう。

トリバゴに取り扱いがないだけ?

ここで『もしかするとトリバゴでは楽天トラベルやじゃらんの取り扱いがないのでは?』と思われるかもしれませんが、ちゃんと掲載があるホテルにはあります。

下記は軽井沢プリンスウエストというホテルのホテル料金を検索した結果ですが、公式サイトの下に楽天トラベルの表示を確認可能。

f:id:cardmics:20160524174046g:plain

つまりシステム的な問題かどうかはわかりませんが、なんらかの理由でトリバゴでは楽天トラベル等の日本のホテル予約サイトが表示されない状況があるようなんです(特に楽天トラベルが表示されにくい?)。

過去よりも公平になりつつある:

ちなみにこの日本のホテル予約サイトが出にくい状況は、2016年頃と比べるとだいぶ改善されています。

トリバゴ側が意図的にそれを行っているのか、それともシステム上、価格更新のタイミングで表示されにくい仕様なのかはわかりませんが、常に最安でホテル予約をしたいならトリバゴだけの検索では不十分と言えそうです。

トリバゴで最安値を検索するための対策は?

ここまででトリバゴではホテル検索の結果に最安値が表示されない可能性がある…ということがおわかりいただけたかと思いますが、ではどうすればトリバゴを上手に活用することが出来るのでしょうか?

対策としては主に2つあると思うので、それぞれまとめてみます。

日本のホテル予約サイトが表示されない場合:

まず、トリバゴの検索結果に日本のホテル予約サイトが表示されなかった場合。

この場合は面倒かもしれませんが楽天トラベルやるるぶ、じゃらんといった日本のホテル予約サイトにて、宿泊料金のチェックをしてみてください(比較するだけなら楽天トラベルのみでOK)。

その料金がトリバゴ表示のものよりも安かったら、個別のホテル予約サイト経由で予約してしまって大丈夫。逆にトリバゴのほうが安かったら、トリバゴ経由で申込をすれば何の問題もありません。

日本のホテル予約サイトが表示された場合:

反面、最初からトリバゴにて日本のホテル予約サイトの料金が表示された…という場合には、トリバゴ経由で申込をして問題なし。間違いなくその最安値=ネット上の最安値である可能性が高いためです。

もちろんじゃらんにしろJTBにしろ、探せばもっと安いプランを見つけられる可能性もゼロではありませんが、調べる労力を考えればそのままトリバゴを利用してしまって大丈夫だと思います。とりあえずそれが最安値だと信じましょう。

まとめるとこんな感じ。

  • 検索結果に日本のホテル予約サイトが表示:そのまま予約OK
  • 検索結果に日本のホテル予約サイトなし:個別に検索すべし

このように使い分けをすれば、トリバゴを賢く活用できるはずです。

個人的にはトリップアドバイザー派:

尚、個人的にはトリバゴよりも、トリップアドバイザーというホテル料金の比較サイトを利用しています。

こちらでは国内のホテル予約サイトが表示されやすい&日本旅行や赤い風船といった旅行代理店の最安値も表示されるので、トリバゴよりも安く宿泊先を探すことが出来るように感じています(下記はトリバゴと同じ条件で大阪マリオット都ホテルを検索)。

f:id:cardmics:20170316223654g:plain

こう見るとトリバゴでは表示のなかったJTBやdトラベル、そしてトリップアドバイザー経由での予約が最安値であることがわかります。こんな感じでホテル予約サイト&旅行代理店をまるごと比較したいなら、トリップアドバイザーがおすすめですよ。

以上、トリバゴ(Trivago)でホテル検索をしても最安値にならないことがある!テレビCMで話題のトリバゴを使う上での注意点を解説…という話題でした。トリバゴは使い方次第では十分に面白いサービスになるはずなので、家計の出費を削減したい方は上手に活用してもらえればなと思います。

参考リンク:

ホテル代だけではなく飛行機代など旅費全般を削減したい…という方は、下記記事もあわせてご覧ください。最近では航空チケットの最安値検索も簡単になりましたよ。

cards.hateblo.jp