読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

Yahooで募金した人の85%が、Tポイントによる寄付だったことが判明!Yahooがネット募金における寄付総額や件数などの内訳を発表。

Tポイント マネー

Yen

熊本地震やイタリア地震などの被害者にインターネット経由で寄付ができるYahooネット募金が、2016年に寄付された総額&件数といったデータを公表しました。

Yahoo側によるとどうやら、東日本大震災が発生した2011年を除いて過去最高の寄付金が集まったようです。

ヤフー株式会社は本日、クレジットカードやTポイントを使ってインターネット上で迅速かつ手軽に寄付ができるサービス「Yahoo!ネット募金」の2016年の「寄付総額」と「寄付件数」を発表しました。

「寄付総額」は前年比約4.8倍の約9億8千万円となり、東日本大震災が発生した2011年を除くと過去最高額となります。「寄付件数」は2004年のサービス開始以来最多の約160万件で、前年比約4.5倍となりました。

寄付件数のうち85%がTポイント:

この公表データのうち、個人的に興味深いな…と思ったのが、Tポイントによる寄付件数が全体の85%にものぼったという点です。

全寄付件数の85%が、1ポイントから手軽にできるTポイントによる寄付で、たまったポイントを寄付する文化が浸透した結果となりました。

Yahoo側のいう「たまったポイントを寄付する文化が浸透」したのかどうかはやや疑問ですが、みなさん、余ったポイントは寄付してもいい…という気持ちがあるのは間違い無さそうな感じですよね、これ。

やはりお金で寄付すると「フトコロが痛む」感じがありますが、買い物等で貯めたポイントを寄付する場合には元手ゼロという感じがあるので、心理的に寄付しやすい…というのもあるのでしょう。

  • 現金で寄付:支出に繋がるイメージ
  • カードで寄付:支出に繋がるイメージ
  • ポイントで寄付:元手ゼロなので寄付しやすい

実際、私もよくTポイントを使った寄付をするので、その気持ちはよくわかります。

ポイント寄付の総額は少ない:

ではTポイントを利用した寄付は、寄付総額に対しても大きな比率になっているのでしょうか?これは残念ながら下記図のように、それほど大きな比率にはなっていないのが現状のようです*1

  • 寄付件数に対するTポイント寄付の割合:85%
  • 寄付総額に対するTポイント寄付の割合:35%くらい?

f:id:cardmics:20170204142944j:plain

そう考えるとたぶんですが、みなさん1ポイントや10ポイント単位の寄付が多いんでしょうね。

反面、Yahooネット募金ではクレジットカード払いによる寄付を100円からしか受け付けてくれていないので、結果的に件数的には少なくても、クレジットカード募金のほうが額として大きくなるのは必然だと言えますよ(クレジットカードで寄付するならポイントが貯まりやすいカードで)。

以上、Yahooで募金した人の85%が、Tポイントによる寄付だったことが判明!Yahooがネット募金における寄付総額や件数などの内訳を発表…という話題でした。

参考リンク:

そんな寄付に使えるなら私もTポイントを貯めようかな…と思った方は、クレジット機能なしのTポイントカードを入手できる方法をまとめた下記記事も参考に。Tポイントカードは持ち歩けば街中の様々な場所でポイント獲得ができるのでおすすめです。

cards.hateblo.jp

*1:Yahoo側が大きな画像を用意してくれていないので見難くてすいません。